メインメニューを開く

チロリアン航空(Tyrolean Airways)は、かつて存在したオーストリアの航空会社。オーストリア航空グループ。インスブルックに本拠地を置いており、ウィーン国際空港をハブとしていた。オーストリア航空グループ及びスターアライアンスのメンバー。

チロリアン航空
IATA
VO
ICAO
TYR
コールサイン
AUSTRIAN
設立 1978年
運航停止 2015年
ハブ空港 ウィーン国際空港
焦点空港 インスブルック空港/ザルツブルク空港/グラーツ空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Senator Lounge
航空連合 スターアライアンス(アフィリエイト)
保有機材数 58機
就航地 74都市
親会社 Austrian Airlines Group
本拠地 オーストリア共和国インスブルック
代表者 Manfred Helldoppler
外部リンク http://www.tyrolean.at/[リンク切れ]
テンプレートを表示

歴史編集

オーストリアン・アローズは1978年にGernot Langes-SwarovskiとChristian Schwemberger-Swarovskiによって「エアクラフト・インスブルック」として設立され、1980年に定期便の運航を開始するとチロリアン航空の名前を採用している。1998年にオーストリア航空の傘下に加わり、2003年にオーストリア航空によるブランド力強化の一環として、オーストリア航空の機体と同ブランドのオーストリアン・アローズ(英語でオーストリアの矢)という商標・塗装を使用することとなり、運航に関してはチロリアン航空が継続して行っている。 オーストリア航空の経営立て直しの一環として、同社便運航の全面的な移管を受けた時期があったが[1]2015年4月1日にオーストリア航空へ統合された[2]

就航都市編集

事故編集

インスブルックからイギリスのリーズにむかうFokker 100型機のエンジンの出力が低下したため緊急着陸したことがあったが、無事に着陸に成功しけが人も出すことはなかった[要出典]

保有機材編集

 
ボンバルディア CRJ-200(オーストリアン・アローズ塗装)

Bombardier CRJ 200LR(短距離) 13機

Bombardier Dash 8 Q300(短中距離) 12機

Bombardier Dash 8 Q400(短中距離) 10機

Fokker 100(短中距離) 14機

Fokker 70(短距離) 9機

出典編集

  1. ^ オーストリア航空、チロリアンへ運航移管は違法 継続して争う姿勢”. フライチーム (2013年9月15日). 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ オーストリア航空、新ブランド発表 「myAustrian」に塗装を変更”. フライチーム (2015年4月2日). 2019年7月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集