メインメニューを開く

歴史編集

オータンは歴史有る都市で、紀元前1世紀ごろにローマ帝国の初代皇帝、アウグストゥスの勅許によって建設された。当時の名称はアウグストドゥヌム(Augustodunum, アウグストゥスの砦、の意)であり、現在の市名はこれが転訛したものである。

ナポレオン・ボナパルトと兄ジョゼフはこの地のリセの出身である(そのリセは現存する)。1788年-1790年にかけては、シャルル・モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールがこの都市の司教であった。

2002年の2月にはユルスリーヌ国際文化センターが開設されている。

観光編集

  • ローマ帝国時代の遺跡が存在する。
  • サン・ラザール大聖堂 (ロマネスク彫刻の傑作を有することで世界的に知られる)
  • ロラン美術館

姉妹都市編集


 
オータンのパノラマ

外部リンク編集