メインメニューを開く
TailoringFirstFitFront02.jpg
TailoringFirstFitBack.jpg

オーダーメイド (order-made、和製英語order made、英語:Bespoke tailoringtailor-made) は、製品全般に対する受注生産や注文によって生産する商品、または生産工程を指す[1]

洋服編集

服飾業界では既製服であるレディ・メイドに対する用語としてテイラー(テーラーとも、仕立て屋の英訳)によって採寸・型取り・縫製された注文服を指す言葉として用いられる。

オーダーの種類(主としてスーツを念頭に)編集

オーダーには大きく分けて、パターンオーダーイージーオーダーフルオーダーがある。

パターンオーダーは、基本的なデザインが既にあり、サイズを注文者に合わせて製作するものである。方法として、採寸はするが、メーカーにより誤差があるので、実際サイズ別見本スーツを試着してもらい、ボタンの種類、本切迫の数やステッチの色も指定出来る。 フルオーダーとは、専用の型紙を起こして製作する。 フルオーダーでは布帛を立体で身体にフィットさせる為、一般に途中で仮縫いが入る。 姿勢が反身気味の方は、タスキジワとツキジワが出るので、肩線で前身頃を長く、後身頃を短くする。 猫背屈身気味の方は、えり抜けと脇下前下りジワが出るので、肩線から前身頃を短く、後身頃を長くする。 肩線がなで肩の方は、えり抜けになるので、後ろ襟下を上に幅出しする。 怒り肩の方は、ツキジワが出るので後ろ襟下をカットする。 (えり抜けとは、後ろ襟下が下がり、シャツが少し見える事。ツキジワとは、背中に横ジワが出る事。タスキジワとは前身頃アームホールラインにシワがでる事。) イージーオーダーはフルオーダーの簡易版であり、既存の型紙をベースにしつつ注文者の猫背、鳩胸などの体型に合わせた補正を加えて製作する。また、ス・ミズーラと呼ばれるものがある。これは以上の3者と異なり、テーラーではなく特定のブランドに依頼するもので、そのブランドが考えるクラシカルなスタイルを基本としつつ、ディティールを注文者の自由とし、注文者の体型に合わせて製作するものである。

既製服との比較編集

洋服の既製服には服の大小やサイズを示すために号数表示がある。号数の多くは身長に応じた体格から平均的に算出した寸法で生産されている。そのため背丈に対して腕の長さを表す袖丈(そでたけ)や男性では首回(くびまわり)や胸囲、女性ではバスト、ウエストや股下の寸法比率などが決まっており、統計的に需要の多い体格に合わせた生産が行われている。号数はJISサイズに準拠した規格寸法ではあるが、製造メーカーにより若干の差異やばらつきがある。

既製品が合わないイレギュラーな体格である場合には、適時オーダーメイドで対応する。体の各部の採寸をし、なるべく平均的な身体に近付けるよう型紙の修正や補正を行い、布の裁断、縫製を行う。

注文服の場合は併せて、生地の選定、背広など上着なら襟の形状、袖口のデザイン、ボタンの数、ポケットのデザイン・数・位置、パンツ(ズボン、スラックス)ではタックの数、裾幅や形状、ポケット数や位置などを個々に選定する。ワイシャツなどは襟、袖の形状が数多く多様化した組み合わせが可能であり、体格に合わせた洋服を作ることができる。

HSBC銀行の社長を歴任したErwan Rambourg氏は、自著「The Bling Dynasty: Why the Reign of Chinese Luxury Shoppers Has Only Just Begun (Wiley Finance)」の中でビスポーク(オーダーメード)の商品こそが、世界に2つとない名実共に最高峰のブランド品であるとしている。

基本サイズ表編集

男性の上着では体格のシルエットを文字で表現し、一般的なものではA体・B体・Y体のように呼ぶ。A体は箱形のシルエット、B体はAよりウエストの太いシルエット、Y体は逆三角形の痩せたシルエットをそれぞれ示す。

関連項目編集

物品編集

物品におけるオーダーメイドは受注生産と注文生産に分類され、一般的には両者を混同して用いており、両者の明確な区分はない。
1つは生産体制が整っているが需要と供給のバランスが悪く、在庫や輸送などの観点から受注してから製造を始めて発送する物品、または在庫を少量抱えておき注文を受けてから発送するもの。他方は規格外の製品を新たに設計し、大量生産を前提としない一品生産を行い製造・発送するもの。

脚注編集

  1. ^ 英語圏の英語では「tailor madeテイラー・メイド」、「custom madeカスタム・メイド」、「bespokeビスポーク」と呼ばれることもある。

関連項目編集