オーティス・スパン

アメリカ合衆国のブルース・ピアニスト&シンガー

オーティス・スパン英語: Otis Spann1924年もしくは1930年3月21日1970年4月24日米国ミシシッピ州) はアメリカのブルース・ミュージシャンであり、戦後のシカゴ・ブルースの主要ピアニストであるとされている[2][3]。マディー・ウォータズのバンドに参加していたことで有名である[3][4]。1980年にブルースの殿堂入りしている[2]

Otis Spann
原語名 Otis Spann
生誕 1924年もしくは1930年3月21日
米国ミシシッピ州ベルゾーナ英語版もしくはジャクソン
死没 1970年4月24日(40歳 – 46歳没)
米国イリノイ州シカゴ
ジャンル シカゴ・ブルース[1]
職業 ミュージシャン、シンガー、ピアニスト
担当楽器 ヴォーカルピアノ
活動期間 1944年1970年
レーベル

デッカ, チェス, ストーリヴェル英語版, テスタメント英語版, ブルーウェイ英語版、[[ヴァンガード・レコード

|ヴァンガード]], CBS/ブルー・ホライズン英語版
共同作業者 マディー・ウォーターズサニー・ボーイ・ウィリアムソンIIハウリン・ウルフチャック・ベリー

来歴編集

幼少時編集

スパンの初期の来歴については、資料によって異なった記載がなされている[2]。彼は1930年にミシシッピ州ジャクソンで生まれたという資料もあるが[4][5] 、研究者のボブ・イーグルとエリック・ルブランは、国勢調査の記録やその他の公式情報に基づいて、1924年にミシシッピ州ベルゾーナ英語版で生まれたと結論付けている[6]

いくつかの情報源によると、スパンの父親はフライデー・フォード(英語: Friday Fordと呼ばれるピアニストであった。彼の母親であるジョセフィン・アービー(英語: Josephine Erbyメンフィス・ミニー英語版ベッシー・スミスと共に活動したギタリストであり、彼の継父であるフランク・ヒューストン・スパン(英語: Frank Houston Spannは説教者でありミュージシャンであった。 5人の子供のうちの1人であるスパンは7歳のときに、父や祖父、リトル・ブラザー・モンゴメリー英語版からの指導を受けてピアノを弾き始めた [7]

ミュージシャンとしての活躍編集

14歳までに、彼はジャクソン地域のバンドで演奏していた。彼は1946年にシカゴに移り、ビッグ・メイシオ・メリーウェザー英語版指導を受けた。スパンはソロ活動として、ギタリストのモリス・ペホエ(英語: Morris Pejoeと共演し、ティック・トック・ラウンジ(英語: Tic Toc Loungeで定期的に演奏した[8]。 スパンはその独特のピアノ・スタイルで知られるようになった。彼は1952年後半にマディ・ウォーターズのピアノ奏者としてメリウェザーに代わり、1953年9月24日にバンドとの最初のレコーディング・セッションに参加した[9]。彼はバンドへの在籍中、 ボ・ディドリーハウリン・ウルフなどの他のミュージシャンと共にソロ・アーティストおよびセッション・プレーヤーとしてレコーディングを続けた。彼は1968年までマディ・ウォーターズのもとに滞在した [10]

チェス・レコードにおいてスパンが録音した作品には、B.B.キングジョディ・ウィリアムズ英語版ギタリストとして参加している1954年のシングル「イット・マスト・ハヴ・ビーン・ア・デヴィル(英語: It Must Have Been the Devil) / ファイブ・スポット(英語: Five Spot」が含まれてる。また、「ユー・キャント・キャッチ・ミー」のスタジオ版を含むチャック・ベリーの初期のレコードのいくつかに録音も残している。 1956年には、ビッグ・ウォルター・ホートン英語版ロバート・ロックウッド・ジュニアと共に2つの未発表のトラックを録音 [11]。1960年8月23日にニューヨークで、ギタリストのロバート・ロックウッド・ジュニアとボーカリストのセントルイス・ジミー英語版とともに録音したセッションは、同年のアルバム『オーティス・スパン・イズ・ザ・ブルース英語版』および死後の『ウォーキング・ザ・ブルース英語版として発売されたストーリーヴィル・レコード英語版においては、1963年のコペンハーゲンのセッションが録音された。彼は1964年にマディ・ウォーターズとエリック・クラプトンと共にデッカ[12]ジェイムズ・コットンと共にプレスティッジでレコーディングをおこなっている。

1966年にABCブルースウェイより発表されたアルバム『The Blues Is Where It's At においては、 ジョージ・ハーモニカ・スミス、マディ・ウォーターズ、 サミー・ローホーン英語版から曲の提供を受けている。また1967年の『ザ・ボトム・オブ・ザ・ブルース英語版では、ルシール・スパン英語版をフィーチャーしている[13]。1960年代後半にはその他、バディ・ガイビッグ・ママ・ソーントンピーター・グリーンフリートウッド・マックのアルバムに参加している。1967年に著名なブルース・ギタリストサン・ルイス英語版がプロデュースしたライブおよびスタジオでの演奏を収めた『Someday...』は2012年にシルク・シティ・レコーズ(英語: Silk City Recordsから発売されている。

映像としては、ニューポート・ジャズ・フェスティバル(1960年)、アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル英語版(1963年)、ブルース・マスターズ(英語: the Blues Masters、1966年)コペンハーゲン・ジャズ・フェスティバル英語版(1968年)での演奏がDVDとして発売されている。

死没編集

スパンは1970年シカゴにおいて肝臓癌で亡くなった。彼はイリノイ州アルシップ英語版バー・オーク墓地英語版に埋葬された。彼の墓は、キラー・ブルース・ヘッドストーン・プロジェクト(英語: Killer Blues Headstone Projectの代表スティーブ・ソルター(英語: Steve Salterが《ブルース・レビュー(英語: Blues Review》誌に、「このピアノの偉人は、墓標のない墓に眠っています。この悲惨な状況をなんとかしましょう」との手紙を書くまで、ほぼ30年間墓標をもたなかった。その後世界中のブルース愛好家が、墓石を購入するために寄付を送り、1999年6月6日、墓標はプライベート・セレモニーで除幕された。墓石には「オーティスは私たちが今まで聞いた中で最も深いブルースを演奏しました。彼は私たちの心の中で永遠に演奏します」と刻まれている。

遺産編集

1972年、アナーバー・ブルース・アンド・ジャズ・フェスティバル英語版の会場は「オーティス・スパン・メモリアル・フィールド(英語: Otis Spann Memorial Field」と名付けられた。 [14]ヴィレッジ・ヴォイス》の評論家ロバート・クリストガウは、同年スパンを「最も偉大な現代のブルース・ピアニスト」と呼び[15]、1981年には『Christgau's Record Guide: Rock Albums of the Seventies』に掲載された、1950年代と1960年代の音楽の「ベーシック・レコード・ライブラリ」にスパンのコンピレーション・アルバム『ウォーキング・ザ・ブルース』(1972年、バーナビー英語版を選出した。 [16]

1980年には、ブルースの殿堂に選出されている[2]

2012年11月13日には、スパンはいとこでピアニストのリトル・ジョニー・ジョーンズ英語版と共に、ミシシッピ州ジャクソンのサウス・ローチ・ストリート(英語: South Roach Street547番地にミシシッピ・ブルース・トレイル英語版の記念碑として掲げられた。 [17]

ディスコグラフィー編集

リーダー/共同リーダーとして編集

他のアーティストの作品への参加編集

チャック・ベリー
フリートウッド・マック
バディ・ガイ
ジョン・リー・フッカー
ハウリン・ウルフ
ロニー・ジョンスン英語版
  • See Rider (ストーリヴェル、1964年)
フロイド・ジョーンズ英語版エディー・テイラー英語版
  • Masters of Modern Blues Volume 3(テスタメント、1967年)
マディ・ウォーターズ
ジョニー・シャインズ英語版
  • ラスト・ナイツ・ドリーム英語: Last Night's Dream(ブルーホライゾン、1969年)
スーパー・スーパー・ブルース・バンド(ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズ、ボ・ディドリー
ジュニア・ウェルズ
  • サウスサイド・ブルース・ジャム(英語: Southside Blues Jamデルマーク、1970年)
サニーボーイ・ウィリアムソンII

参考文献編集

  1. ^ Du Noyer, Paul (2003). The Illustrated Encyclopedia of Music. Fulham, London: Flame Tree Publishing. p. 181. ISBN 1-904041-96-5 
  2. ^ a b c d Otis Spann”. The Mississippi Blues Trail. the Mississippi Blues Commission. 2020年12月9日閲覧。
  3. ^ a b Dahl, Bill. “Otis Spann: Biography”. AllMusic.com. 2014年5月29日閲覧。
  4. ^ a b Spann, Otis”. Encyclopedia.com. 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ Dicaire, David (1999). Blues Singers: Biographies of 50 Legendary Artists of the Early 20th Century. McFarland. p. 119.
  6. ^ Eagle, Bob; LeBlanc, Eric S. (2013). Blues: A Regional Experience. Santa Barbara, California: Praeger. pp. 195. ISBN 978-0313344237 
  7. ^ Harris, S. (1981). Blues Who's Who. New York: Da Capo Press. pp. 477–479. ISBN 978-0306801556.
  8. ^ Doc Rock. “The 1970s”. The Dead Rock Stars Club. 2015年10月6日閲覧。
  9. ^ Otis Spann”. LivinBlues (1953年9月24日). 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月29日閲覧。
  10. ^ Russell, Tony (1997). The Blues: From Robert Johnson to Robert Cray. Dubai: Carlton Books. p. 168. ISBN 1-85868-255-X 
  11. ^ Leadbitter, M.; Fancourt, L.; Pelletier, P. (1994). Blues Records 1943–1970, vol. 2. London: Record Information Services.
  12. ^ Roberty, Marc (1993). Eric Clapton: The Complete Recording Sessions 1963–1995. New York: St. Martin’s Press. p. 16.
  13. ^ Doc Rock. “New Entries”. Thedeadrockstarsclub.com. 2014年5月29日閲覧。
  14. ^ Otis Spann Memorial Field – Ann Arbor”. LocalWiki.org (2011年2月18日). 2015年10月6日閲覧。
  15. ^ Christgau, Robert (1972年12月17日). “Gift Albums”. The Village Voice. https://www.robertchristgau.com/xg/news/nd721217.php 2018年3月6日閲覧。 
  16. ^ Christgau, Robert (1981). “Consumer Guide '70s: S”. Christgau's Record Guide: Rock Albums of the Seventies. Ticknor & Fields. ISBN 089919026X. https://www.robertchristgau.com/get_chap.php?k=S&bk=70 2020年12月9日閲覧。 
  17. ^ Otis Spann”. Msbluestrail.org. 2019年6月26日閲覧。
  18. ^ Beebe, Todd (2016年3月4日). “Classic Album: Howlin’ Wolf – Rockin’ Chair”. Blues and Music News. Buddy Guy's Legends. 2020年12月9日閲覧。
  19. ^ Ovadia, Steven (2019年4月1日). “Revisiting Muddy Waters’ ‘Folk Singer’ (1964) | Retrospective Tribute”. Albumism. 2020年12月9日閲覧。
  20. ^ uDiscover Team (2020年5月10日). “Sonny Boy Williamson II - Blues Harmonica”. uDiscover Music. 2020年12月9日閲覧。

外部リンク編集