オーデン大門ビル

日本の三重県津市にある建築物

オーデン大門ビル(オーデンだいもんビル)は、三重県津市大門254にある建築物。旧称は四日市銀行津支店登録有形文化財大門商店街にある。古典的で重厚な昭和初期の銀行建築であり、古代ギリシア建築を模した4本のイオニア式オーダー(円柱)が特徴である[2]

オーデン大門ビル
Orden Daimon Building 2020-11 ac (3).jpg
情報
旧名称 四日市銀行津支店
住友生命津支部
旧用途 銀行
管理運営 株式会社オーデン[1]
構造形式 鉄筋コンクリート造[1]
建築面積 238 m² [1]
階数 2階建[1]
竣工 1928年
所在地 三重県津市大門254
座標 北緯34度43分7.8秒 東経136度30分44.1秒 / 北緯34.718833度 東経136.512250度 / 34.718833; 136.512250 (オーデン大門ビル)座標: 北緯34度43分7.8秒 東経136度30分44.1秒 / 北緯34.718833度 東経136.512250度 / 34.718833; 136.512250 (オーデン大門ビル)
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 2018年5月10日
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1928年(昭和3年)頃 - 四日市銀行(現在の三十三銀行)津支店として建設。1930年から1935年まで営業[3]
  • 1941年(昭和16年) - 四日市銀行は建物を売却。1958年まで住友生命津支部などに使用される。
  • 1945年(昭和20年) - 太平洋戦争末期の津空襲を乗り越える[3]
  • 戦後は酒類販売店、画廊、毛糸販売店などとなった[3]
  • 2013年(平成25年)10月19日 - 建物内に大門いこにこ広場(子育て支援センター)がオープン[4]
  • 2018年(平成30年)5月10日 - 登録有形文化財に登録される[1]

建築編集

 
大門商店街とオーデン大門ビル

2018年(平成30年)に全蓋式アーケードが撤去された大門商店街(大門通り)に東面している。鉄筋コンクリート造2階建であり、屋上に塔屋と煙突が付いている[1]。正面には古代ギリシア建築を模したイオニア式オーダー(円柱)が4本並んでおり、中央玄関の上部にはペディメントが据えられている[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g オーデン大門ビル(旧四日市銀行津支店) 文化遺産オンライン
  2. ^ オーデン大門ビル(旧四日市銀行津支店)”. 三重県教育委員会. 2021年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c 国文化審答申 オーデン大門ビルと旧料理旅館九重、有形文化財登録へ 三重”. 毎日新聞社 (2018年3月10日). 2021年2月2日閲覧。
  4. ^ 市長活動日記(平成25年10月) 津市

外部リンク編集