オートマット (美術)

オートマット』(Automat)は、アメリカ合衆国画家エドワード・ホッパー1927年の作品である。ちなみにオートマットとは自動販売機による軽食の販売摂食施設のことである。

『オートマット』
作者エドワード・ホッパー
製作年1927
種類キャンバス・油彩
寸法71.4 cm × 91.4 cm (28.1 in × 36.0 in)
所蔵デモイン・アート・センター、デモイン

概要編集

71.4センチメートル×91.4センチメートル。キャンバスに油彩。絵は、最初、1927年のバレンタインデーニューヨークのレーン・ギャラリーズ(Rehn Galleries)で、ホッパーの2回目の個展の開幕とともに展示され、4月までに1,200ドルで売られた[1]アイオワ州デ・モイン・アート・センター(Des Moines Art Center)所有。

作品の構成編集

夜のオートマットでコーヒーカップのなかをじっと見つめる独りの女が描かれている。画面の殆どを占めるほどの大きな窓が背景にあり、夜のせいで黒くなり店内の天井から下がる、2列の照明器具の反射像が奥へと伸びている。この女のモデルはホッパーの妻ジョー(Jo)であるが[2]、ホッパーは女をより若くするために(1927年にジョーは44歳であった)顔も体つきも変えていて(ジョーは、曲線の美しい、豊満な体つきであった)、ある批評家は絵の女を「『少年らしい』(すなわち、胸が平ら)」("'boyish' (that is, flat-chested)")と記述している[3]


作品の批評ほか編集

ある批評家は次のように述べている、すなわち、ホッパーの憂鬱な題材に典型的なポーズでは、「女の眼は下に向けられ、思いは内面に向かう。」[4]。別の批評家は、「コーヒー・カップを、それが彼女がたよりにし得る、世界で最後の物であるかのように見つめている」と記述している[5]1995年タイム (雑誌)』は、20世紀のストレスと鬱病に関する記事のための表紙のイメージに本作を用いた[6]

美術批評家イーヴォ・クランツフェルダー(Ivo Kranzfelder)はこの絵の題材(レストランでひとりで飲み物をちびりちびり飲んでいる若い女性)をエドゥアール・マネの『The Plum』およびエドガー・ドガの『L'Absinthe』と比較する[7]--ただし、ドガの絵における題材とはちがって、女は放蕩にふけるというよりもむしろ内省的である。

革新的な手で、ホッパーは女の両脚を絵のなかで最も明るいところにしたし、それによって「彼女を欲望の対象にし」、「見る者を窃視者にした」[8]。こんにちの基準では、この記述は誇張に思われるが、しかし1927年には女の脚を公然と見せることはいまだ、比較的、新奇な現象であった。


批評家キャロル・トローヤン(Carol Troyen)が注目するように、「絵のなかのどの細部よりもむしろ題名が、このレストランをオートマットと確認させる」。 しかしながら、トローヤンは続けて、レストランを、1920年代のニューヨーカーにとって確認可能にしたであろう多くの特徴に注目する: 「それらは清潔で、能率的で、十分に照明され、そして--典型的には円いカラーラ大理石のテーブルとオーク無垢材の椅子が備え付けられて--上品ぶっていた。ホッパーが絵を描くときまでに、オートマットは、働く女性がひとりで食事を取るのに安全かつ適当な場として利用が促進され始めていた。」[3]。1920年代のニューヨーカーにとっては、あの内部はただちに、オートマット(Automat)であると見分けがついたであろう。タイムズスクエアのオートマットの1912年の写真は、ホッパーが描いた椅子と大理石の天板のテーブルが一致する、[9]。しかしながら、これはタイムズ・スクエアのオートマットではない。その場所の天井の照明は重大なことに、絵のそれよりもより装飾的であった。

参照編集

  1. ^ Carol Troyen, Hopper in Gloucester, in Carol Troyen, Judith Barter, Janet Comey, Elliot Bostwick Davis and Ellen Roberts (eds.), Edward Hopper. Boston: MFA Publications (Museum of Fine Arts), 2007, p. 72.
  2. ^ Gail Levin, Edward Hopper: An Intimate Biography. New York: Rizzoli, (1995) 2007, p. 201.
  3. ^ a b Carol Troyen, 'The Sacredness of Everyday Fact': Hopper’s Pictures of the City. In Carol Troyen, Judith Barter, Janet Comey, Elliot Bostwick Davis and Ellen Roberts (eds.), Edward Hopper. Boston: MFA Publications (Museum of Fine Arts), 2007, p. 118.
  4. ^ Iversen, Margaret, Edward Hopper. Tate Publishing, 2004, p. 57.
  5. ^ Schmied, Wieland, Edward Hopper: Portraits of America. Translated by John William Gabriel. Munich: Prestel, 1999, p. 76.
  6. ^ Time magazine, August 28, 1995.
  7. ^ Ivo Kranzfelder, Hopper. Cologne, Germany: Benedikt Taschen, 2010, p. 146.
  8. ^ Robert Hobbs, Edward Hopper. New York: Harry N. Abrams, 1987, p. 72.
  9. ^ See photograph in Lorraine B. Diehl and Marianne Hardart, The Automat: The History, Recipes, and Allure of Horn and Hardart's Masterpiece. New York: Clarkson Potter, 2002, p. 26.