オーバー・フェンス

オーバー・フェンス』は、佐藤泰志小説『黄金の服』に収められている短編作品、およびその映画化作品[1]

文學界1985年5月号に初掲載。1981年発表の『撃つ夏』、1983年発表の『黄金の服』を合わせて1冊の短篇集『黄金の服』として1991年に書籍化されている。

目次

あらすじ編集

大工を目指していた健一は育児になやむ妻を実家に預け離婚届を提出したのを機に故郷函館に戻る。職業安定所からの紹介により職業訓練校に通うことになり、訓練校の同級生の代島の紹介で花屋の娘に生まれた22歳の女さとしと出会い、距離を縮めて行くが頻繁に訪ねて来る妹と義弟にさとしのことをどう説明すべきか悩み、別れた妻と子どものことも忘れきれないでいる。健一はそんな悩みの日々などと平行し訓練校の科目対抗ソフトボール大会で4番打者になることを希望したが3番打者を任される。試合では、健一が外野のフェンスの先に見た、自分自身の越えなければならないものの象徴「幻のフェンス」に向かい、力を込めてバットを振り抜くのであった。

書籍情報編集

映画編集

同名タイトルの映画が、2015年クランクイン。2016年9月17日公開[2]。同様に映画化された佐藤の作品『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章と位置付けられている[1]

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集