オービタル・サイエンシズ

オービタル・サイエンシズ英語: Orbital Sciences Corporation、通称OSC、またはOrbital)は、かつて存在したアメリカ合衆国企業である。人工衛星の製造・打ち上げを行っており、また打ち上げシステムグループはミサイル防衛とも関わっていた。かつてはORBIMAGE(現GeoEye)とGPSレシーバーのMagellan lineも有していたが、タレスに売却している。バージニア州のダレスに本社を持った。

オービタル・サイエンシズ
Orbital Sciences Corporation
種類 Public company
市場情報
略称 OSC
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州 ダレス
設立 1982年
業種 輸送用機器
事業内容 ロケット打上
商業軌道輸送サービス
ミサイル防衛
代表者 David W. Thompson 会長CEO
J.R. Thompson 副会長 兼 社長COO
Garrett E. Pierce 副会長 兼 CFO
従業員数 3,450人(2014年8月1日時点)[1]
外部リンク www.orbital.com
特記事項:合併により2015年オービタルATKに移行
テンプレートを表示

2014年4月29日に、ATK社の航空宇宙・防衛部門と対等合併することで合意し、オービタルATK社 (Orbital ATK Inc.) を新社名にすることになった[2]。この合併は、2015年2月10日に実施された[3]。その合併会社も2018年に、ノースロップ・グラマンに買収され、その子会社のノースロップ・グラマン・イノベーション・システムズとなった。

主な工場編集

主要製品編集

ISSへの補給編集

商業軌道輸送サービス (COTS) の商業補給サービス (CRS) として、19億ドルで8回の打ち上げを実施することをNASAと契約[4]

NASAの有人宇宙船の開発編集

衛星打ち上げロケット編集

実験機編集

ミサイル防衛と標的ミサイル編集

静止軌道衛星編集

STAR-1, STAR-2, STAR-3衛星バスを開発し、商業通信衛星等に利用。

低軌道衛星編集

 
ペガサスにより打ち上げられたGALEX衛星

惑星探査機編集

射場編集

オービタル・サイエンシズは世界各地の多数の射場を使用していた。

参考文献編集

  1. ^ About Orbital”. Orbital Sciences Corporation (2014年8月1日). 2014年10月29日閲覧。
  2. ^ “Orbital and ATK’s Aerospace and Defense Groups to Combine in $5 Billion Merger-of-Equals to Create “Orbital ATK”, a New Global Aerospace and Defense Systems Company”. Orbital Sciences Corporation. (2014年4月29日). http://www.orbital.com/NewsInfo/release.asp?prid=1898 2014年5月1日閲覧。 
  3. ^ “Orbital Stockholders Approve Merger with ATK's Aerospace and Defense Groups”. Orbital Sciences Corporation. (2015年1月27日). http://www.orbital.com/NewsInfo/release.asp?prid=1929 2015年2月1日閲覧。 
  4. ^ NASA、SpaceX社とオービタル社と契約”. sorae.jp (2008年12月25日). 2009年8月30日閲覧。

外部リンク編集