オープン・ソース・インテリジェンス

公開情報を駆使した諜報

オープン・ソース・インテリジェンス: open-source intelligence)とは、合法的に入手できる資料」を「調べて突き合わせる」手法であり、1980年代から諜報諜報活動で用いられるようになってきた[1]。他の HUMINTヒューミント)や SIGINTシギント)と呼ばれる手法が主として「秘密の情報を違法行為を厭わずに得る」ことを旨とするのに対し、公開されている情報を情報源とすることが特徴である[2]OSINT(オシント)と略す。

概要編集

オシントは「合法的に入手できる資料」を「調べて突き合わせる」手法である。情報源政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディアによる報道インターネット新聞書籍電話帳科学誌その他を含む。具体的には、対象国の方針を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断片、人事異動発令、発表報道などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は、駐在国大使館で行なわれることが多い[3]ラジオ放送の受信など、自国領内を拠点とするような活動もある。

日本での事例編集

イギリスでの事例編集

脚注編集

  1. ^ OSINT(オープンソース・インテリジェンス)とは? その活用法を解説 - CANON ESET SPECIAL SITE サイバーセキュリティ情報局
  2. ^ 奥田 2011, 第5章1節, 『合法的な手段で情報を入手する場合を「オシント(オープンソース・インテリジェンス)」という。』
  3. ^ 奥田 2011, 第5章1節, 『オシントは、報道や学術出版などの公開情報を分析するもので、通常、大使館や領事館が担当している。』

参考文献編集

  • 奥田, 泰広『国家戦略とインテリジェンス: いま日本がイギリスから学ぶべきこと』PHP研究所、2011年。ISBN 978-4-569-79689-5
  • 福好昌治著「日本人が主力のOSINT部隊がキャンプ座間にあった! 米太平洋陸軍:知られざる「情報部隊」の全貌」(『ワールド・インテリジェンス』5、2007年)

関連項目編集

外部リンク編集