オームデン

ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州エスリンゲン郡の町村
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Ohmden COA.svg Locator map ES in Germany.svg
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: シュトゥットガルト行政管区
郡: エスリンゲン郡
市町村連合体: ヴァイルハイム・アン・デア・テック行政共同体
緯度経度: 北緯48度38分44秒 東経09度31分35秒 / 北緯48.64556度 東経9.52639度 / 48.64556; 9.52639座標: 北緯48度38分44秒 東経09度31分35秒 / 北緯48.64556度 東経9.52639度 / 48.64556; 9.52639
標高: 海抜 363 m
面積: 5.55 km2
人口:

1,734人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 312 人/km2
郵便番号: 73275
市外局番: 07023
ナンバープレート: ES, NT
自治体コード:

08 1 16 053

行政庁舎の住所: Hauptstraße 18
73275 Ohmden
ウェブサイト: www.ohmden.de
首長: バルバラ・ボルン (Barbara Born)
郡内の位置
Ohmden in ES.svg
地図

オームデンドイツ語: Ohmden)は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト行政管区エスリンゲン郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。この町はシュヴェービシェ・アルプの麓に位置する。この町はシュトゥットガルト地方ドイツ語版英語版(1992年まではミッテレラー・ネッカー地方)およびシュトゥットガルト大都市圏ドイツ語版英語版に属す。オームデンはヴァイルハイム・アン・デア・テック行政共同体に属している。

地理編集

位置編集

オームデンの町域は、西北西のネッカー川上流と北のフィルス川よりもむしろ南東のアルプトラウフ近くに位置している。名前の由来となった集落は、主にトリンクバッハ川右岸に位置している。この川は隣のキルヒハイムでリンダハ川に注いでいる。この町はニュルティンゲンから東に直線距離で 5-6 km、郡庁所在地のエスリンゲン・アム・ネッカーからは南東に約 19 km 離れている。

隣接する市町村編集

この町は、北はシュリーアーバッハドイツ語版英語版北東はハッテンホーフェンドイツ語版英語版、東はツェル・ウンター・アイヒェルベルクドイツ語版英語版(以上3町村はいずれもゲッピンゲン郡ドイツ語版英語版)、南はホルツマーデン、西はキルヒハイム・ウンター・テック(ともにエスリンゲン郡)と境を接している。

自治体の構成編集

自治体オームデンには、オームデン地区とリンデンホーフ、タルホーフが属している[2][3]

土地利用編集

2020年現在のこの町の用途別土地面積および占有率は以下の通りである[4]

用途 面積 (ha) 占有率 (%)
住宅用地 31 5.6
商工業用地 3 0.5
レジャー用地 17 3.1
交通用地 24 4.3
農業用地 306 55.2
森林 155 27.9
水域 2 0.3
その他 17 3.1
合計 555 100.0

歴史編集

中世編集

町域内の列状墓地は、オームデンにメロヴィング朝時代から集落があったことを意味している。地名のオームデンは、古高ドイツ語âmat に由来する。これは二番刈りの干し草を意味する Öhmd のことである。この語から歴史の中で様々なバリエーションが生まれた。たとえば、AmindonAmedenAymdenOmbden である。オームデンは、シュヴァルツヴァルトの聖ペーター修道院ドイツ語版英語版羊皮紙の巻物に1125年に初めて Amindon im Rotulus San Petrinus として記録されている。これは財産管理目録で、ツェーリンゲン公コンラートドイツ語版英語版がこの村を修道院に寄贈する旨が書かれている。最終的にこの村はアーデルベルク修道院の所有となった。遅くとも1381年にはヴュルテンベルク伯がオームデン全域の高権を所有していた。ヴュルテンベルクは、中世後期から近世の初めに宗教上および世俗の領主権を徐々に放棄し、キルヒハイム・ウンター・テックのアムトに村を委任していった。

 
アンドレアス・キーザーによって描かれた1683年頃のオームデン

近世以後編集

1525年のこの集落は41軒で構成されていた。当時起こった農民戦争がオームデンの数人の住民に対しても蜂起を促した。イェルク・ハネという人物とその妻アナ・フレンツィンが服従を拒否し、とりなしの末に2人の子供達とともに忠誠を誓い、それでも領邦外に追放されたという話が伝わっている[5]。徴税簿によれば、1730年頃のオームデンには倉庫付きの家屋が48軒、倉庫のない家屋が15軒あったが、その多くは粗末なものであったり老朽化したりしていた。

19世紀初めのヴュルテンベルク王国建国の際もオームデンの帰属はオーバーアムト・キルヒハイムのままであった。ナチ時代のヴュルテンベルクの郡再編によりオームデンは1938年にニュルティンゲン郡に編入された。1945年から1952年までは、1945年にアメリカ管理地区ドイツ語版に設けられたヴュルテンベルク=バーデン州ドイツ語版英語版に属した。1952年に新たに成立したバーデン=ヴュルテンベルク州に組み込まれた。1973年の郡再編以後オームデンはエスリンゲン郡の一部となっている。

住民編集

宗教編集

宗教改革以後、オームデンでは福音主義が主流である。現在でも住民の多数は福音主義を信仰している。福音主義教会組織は福音主義ヴュルテンベルク州教会のキルヒハイム・ウンター・テック教会管区に属している。2002年以後カトリックの聖マルクス教会センターが設けられ、定期的にカトリックの宗教行事が行われている。聖マルクス教会組織はキルヒハイム・ウンター・テックの聖ウルリヒ教会の下部組織にあたる。

人口推移編集

19世紀以前の数値は徴税簿に基づき推定される概数である。

1525 1617 1634 1655 1725 1803 1834 1861 1900 1939 1946 1961 1970 1980 1995 2000 2005 2010 2015 2020
人口(人) 185 304 200 102 300 508 621 655 649 611 865 1,026 1,249 1,611 1,733 1,704 1,714 1,722 1,719 1,734

行政編集

議会編集

オームデンの町議会は10議席からなる[6]。町議会はこれらの選出された議員と議長を務める町長で構成される。町長は町議会において投票権を有している。

首長編集

  • 1952年 - 1986年 ヴァルター・クレーナー(無所属)[7]
  • 1987年 - 2010年 マンフレート・メルクレ(無所属)[8]
  • 2010年 - 2018年 マルティン・フンク (SPD)

2017年12月にフンクはアルトバッハの新市長に選出された[9]

  • 2018年 - バルバラ・ボルン(無所属)

ボルンは第1回投票で 79.2 % の支持票を獲得して町長に選出された[10]

紋章編集

オームデンの紋章は、黄色地で、黒い蹄鉄の下に、6つの突起がある黒い星が描かれている。その由来については、よく判っていない。蹄鉄はおそらく、馬の生産が多かったことを意味している。この解釈は、ネルトリンゲンの戦い後の1634年に125頭の馬がこの村から徴発されたことからも裏付けられる。これは村の規模に対して莫大な数である。星は、ヴュルテンベルクに多くある蹄鉄をシンボルとして紋章に用いている他の町村と区別するために描かれているだけで、歴史的な意味がないことは確かである。

1765年の印章は、街の頭文字である「O」の上に鹿の角が描かれたものであったが、1800年の印章には蹄鉄が描かれている(ただし、星はない)。現在の紋章は1973年12月11日に内務省の認可を得た[3]

姉妹自治体編集

経済と社会資本編集

教育編集

オームデンには幼稚園1園[12]と基礎課程学校1校がある[13]。基礎課程学校には、「緑の教室」として利用される建設車両、広い休憩所、運動場、おもちゃが格納されたガレージ、サッカーゴール、砂場、多くの樹木がある[14]。年長の生徒は、上級の学校で学ぶために近隣市町村に通う。

文化と見所編集

建築編集

特別な見る価値があるのが、1681/83年に建設された福音主義教区教会の聖コスマスおよびダミアン教会である。この教会にはトーマス・シックによる4枚の祭壇画があり、聖コスマスと聖ダミアンドイツ語版英語版の2人の聖人の生涯からそのシーンが描かれている。これらは1500年に製作された。この祭壇画は先代の教会のために描かれたものである。

化石採掘場編集

採掘場のポジドニエンシーファーから発見された化石は、ハウフ古代博物館に展示されている。

関連図書編集

  • Rudolf Moser, ed (1842). “Gemeinde Ohmden”. Beschreibung des Oberamts Kirchheim. Die Württembergischen Oberamtsbeschreibungen 1824–1886. Band 16. Stuttgart / Tübingen: Cotta’sche Verlagsbuchhandlung. pp. 234–237 
  • Hans Schwenkel (1953). Heimatbuch des Kreises Nürtingen. Band 2. Würzburg. pp. 992–1005 
  • Landesarchiv Baden-Württemberg i. V., Landkreis Esslingen, ed (2009). Der Landkreis Esslingen, Band 2. Ostfildern: Jan Thorbecke Verlag. p. 325. ISBN 978-3-7995-0842-1 
  • Walter Kröner (1997). Ohmdener Schicksale – 1920 bis 1950. Ohmden 

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Statistisches Landesamt Baden-Württemberg – Bevölkerung nach Nationalität und Geschlecht am 31. Dezember 2020 (CSV-Data)
  2. ^ Das Land Baden-Württemberg. Amtliche Beschreibung nach Kreisen und Gemeinden. Band III: Regierungsbezirk Stuttgart, Regionalverband Mittlerer Neckar. Stuttgart: Kohlhammer. (1978). pp. 252–253. ISBN 978-3-17-004758-7 
  3. ^ a b Ohmden - leo-bw”. 2022年7月17日閲覧。
  4. ^ Fläche seit 1996 nach tatsächlicher Nutzung”. Baden-Württemberg Statistisches Landesamt. 2022年7月16日閲覧。
  5. ^ Findbuch A 44 - A 44 U 2256”. Landesarchiv Baden-Württemberg, Hauptstaatsarchiv Stuttgart. 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ Gemeinderat”. Gemeinde Ohmden. 2022年7月17日閲覧。
  7. ^ “Humor war sein Markenzeichen”. Der Teckbote. (2017年1月27日). https://www.teckbote.de/nachrichten/lokalnachrichten-weilheim-und-umgebung_artikel,-humor-war-sein-markenzeichen-_arid,102847.html 2022年7月17日閲覧。 
  8. ^ “Ohmdens Ex-Bürgermeister verstorben”. Der Teckbote. (2012年12月6日). https://www.teckbote.de/datenschutz_artikel,-ohmdens-ex-buergermeister-verstorben-_arid,76139.html 2022年7月17日閲覧。 
  9. ^ “Bürgermeisterwahl in Altbach / Martin Funk zieht ins Rathaus”. Stuttgarter Nachrichten. (2017年12月3日). https://www.stuttgarter-nachrichten.de/inhalt.buergermeisterwahl-in-altbach-martin-funk-zieht-ins-rathaus.105269b6-1177-496c-a362-7cd27f7f3bac.html 2022年7月17日閲覧。 
  10. ^ “Bürgermeister-Wahl Ohmden / Barbara Born übernimmt”. Stuttgarter Zeitung. (2018年3月4日). https://www.stuttgarter-zeitung.de/inhalt.buergermeisterwahl-ohmden-barbara-born-uebernimmt.07402fc4-c288-4caa-90c6-f44548aa2086.html 2022年7月17日閲覧。 
  11. ^ Partnergemeinde Modane”. Gemeinde Ohmden. 2022年7月17日閲覧。
  12. ^ Kindergarten”. Gemeinde Ohmden. 2022年7月17日閲覧。
  13. ^ Schulen”. Gemeinde Ohmden. 2022年7月17日閲覧。
  14. ^ Grundschule Ohmden”. 2022年7月17日閲覧。

外部リンク編集