メインメニューを開く

オーラルセックス

性器を口唇で愛撫する行為
フェラチオ
クンニリングス

オーラルセックス英語:oral sex) (別名:口内性交)とは、を駆使して行う性行為全般のこと。これは、男性器を口腔などで愛撫するフェラチオ女性器を口唇などで愛撫するクンニリングス、また同時に相互の性器を口で愛撫しあうシックスナインなどの種類に分かれる。 シックスナインの体位では、男性は視覚的官能的な興奮を得るが、女性は体が密着して興奮し感じすぎてしまい、フェラチオが疎かになったりと、苦手な女性もみうけられる。

概要編集

厳格な法律が多いことで有名なシンガポールでは、前戯の延長線上以外の目的でオーラルセックスをすることが2006年まで法律で禁止されていた。

場面編集

オーラルセックスは、性行為前戯としての役割が強く、ベッドなど性交が行われる場所でその延長線上的に行われることが多い。

吉行淳之介の小説『夕暮まで』(1978年)では、オーラルセックスは許すが、性交は許さないという処女の女性が主人公である。

性病、口腔癌、舌癌、喉頭癌の危険性について編集

オーラルセックスでも相手の体液に直接接触するので、性感染症に感染する危険性がある。

フェラチオをする者がを磨いた後や歯周病などにより出血している場合、キスなどと同様に相手の男性をヘルペスウイルスなどに感染させる、もしくは自分が感染させられる可能性がある。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、血液や男性の精液に多く含まれる。このため、もし男性がHIVに感染していて、相手の口の中や目の周囲に射精した場合、相手をHIVに感染させてしまうという通常の性行為同様の危険性がある。

性病の予防にはコンドームの使用が望ましい。

2006年に、米マルム大学の学部の研究は、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染している人に対して無防備なオーラルセックスを行うことが口腔癌の危険性を増す可能性が高いことを明らかしている。調査では、がん患者におけるヒトパピローマウイルスに感染した者の率は36%で、健康な人々における感染者率1%と比較して明らかに高い確率でHPVを持っていることされている[1]

直接的に性器・性器周辺を愛撫する行為編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集