オーランド・ブリッジマン (初代ブラッドフォード伯爵)

初代ブラッドフォード伯爵オーランド・ブリッジマン英語: Orlando Bridgeman, 1st Earl of Bradford1762年3月19日1825年9月7日)は、イギリスの貴族、政治家。1784年から1800年まで庶民院議員を務めた[1]

生涯編集

初代ブラッドフォード男爵ヘンリー・ブリッジマンと妻エリザベス(Elizabeth、旧姓シンプソン(Simpson)、1735年11月14日 – 1806年3月6日、ジョン・シンプソンの娘[2])の三男(長男ヘンリー・シンプソンは1782年に没、次男オーランドは夭折)として、1762年3月19日に生まれた[3]。1770年から1771年までハーロー校で教育を受けた後[1]ニューコムズ・スクール英語版に進学、1782年12月15日にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学した[4]

1784年イギリス総選挙ウィガン選挙区英語版から出馬した[5]。ブリッジマン家はウィガン選挙区で勢力を有しており、有力者の第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクの支持も受けたブリッジマンは無投票で当選した[1][5]。その後もブリッジマン家とポートランド公爵の選挙協力が続き、ブリッジマンは1790年1796年の総選挙で再選した[6]

議会で演説した記録はなかったが、採決ではポートランド公爵派に属し、はじめ野党側だったが、1792年にフランス革命戦争が勃発すると与党に転じた[1][7]。1793年、オックスフォード大学よりD.C.L.英語版の学位を授与された[4]

1791年にロイヤル・ランカシャー民兵隊英語版に入隊して大尉になり[1]、1794年9月22日に少佐に昇進した[8]。1799年にシュロップシャー民兵隊副隊長(軍階は中佐)に任命され、1804年に隊長に昇進した[1]。1800年から1804年まではスタッフォードシャー・ヨーマンリー英語版連隊にも大尉として籍を置いた[1]

1800年6月5日に父が死去すると、ブラッドフォード男爵位を継承した[2]。直後にウィガン選挙区で行われた補欠選挙では娘婿にあたるジョージ・ウィリアム・ガニング英語版が無投票で当選したが、地元の名士ジョン・ヴォース(John Vause、1800年にウィガン市長を務めた)やウィリアム・クレイトン(William Clayton、1801年と1803年にウィガン市長を務めた)が多数の自由市民(freemen)を選出してブリッジマン家の影響力を薄めた結果、ガニングは1802年イギリス総選挙で当選できなかった[6][9]。ガニングなどブリッジマン家の支持者は1807年にブリッジマン家の影響力拡大を目指したが、失敗に終わり[6]1820年イギリス総選挙で長男ジョージ・オーガスタスを立候補させるも落選に終わった[10]

1802年に第7代マウントラス伯爵チャールズ・ヘンリー・クートが死去すると、その遺産のうちイングランドにおける領地を継承した[7]

1815年11月30日、シュロップシャーにおけるブラッドフォード伯爵ニューポート子爵に叙された[2][11]

1825年9月7日にスタッフォードシャーウェストン英語版で死去、息子ジョージ・オーガスタス・フレデリック・ヘンリーが爵位を継承した[2]

家族編集

1788年5月29日、ルーシー・エリザベス・ビング(Lucy Elizabeth Byng、1766年10月17日 – 1844年9月20日、第4代トリントン子爵ジョージ・ビングの娘)と結婚[2]、4男1女をもうけた[7]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Drummond, Mary M. (1964). "BRIDGEMAN, Orlando (1762-1825), of Weston Park, Staffs.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月16日閲覧
  2. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 275–276.
  3. ^ a b Debrett's Peerage of the United Kingdom of Great Britain and Ireland (英語). I (17th ed.). London: G. Woodfall. 1828. p. 240.
  4. ^ a b "Bridgeman, Orlando. (BRGN782O)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  5. ^ a b Brooke, John (1964). "Wigan". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月16日閲覧
  6. ^ a b c Port, M. H.; Fisher, David R. (1986). "Wigan". In Thorne, R. G. (ed.). The House of Commons 1790-1820 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月16日閲覧
  7. ^ a b c Port, M. H. (1986). "BRIDGEMAN, Orlando (1762-1825), of Stoke Hall, Derbys.". In Thorne, R. G. (ed.). The House of Commons 1790-1820 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月16日閲覧
  8. ^ "No. 13709". The London Gazette (英語). 27 September 1794. p. 987.
  9. ^ Port, M. H. (1986). "GUNNING, George William (1763-1823), of Horton, Northants.". In Thorne, R. G. (ed.). The House of Commons 1790-1820 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月18日閲覧
  10. ^ Bairstow, Stephen; Fisher, David R. (2009). "Wigan". In Fisher, David (ed.). The House of Commons 1820-1832 (英語). The History of Parliament Trust. 2021年8月16日閲覧
  11. ^ "No. 17066". The London Gazette (英語). 30 September 1815. p. 1997.
  12. ^ a b c d Burke, Sir Bernard; Burke, Ashworth P., eds. (1915). A Genealogical and Heraldic History of the Peerage and Baronetage, the Privy Council, Knightage and Companionage (英語) (77th ed.). London: Harrison & Sons. pp. 294–295.

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代
ジョン・コーツ
ホレイショ・ウォルポール閣下
庶民院議員(ウィガン選挙区英語版選出)
1784年 – 1800年
同職:ジョン・コーツ
次代
ジョン・コーツ
ジョージ・ウィリアム・ガニング
イギリスの爵位
爵位創設 ブラッドフォード伯爵
1815年 – 1825年
次代
ジョージ・ブリッジマン
グレートブリテンの爵位
先代
ヘンリー・ブリッジマン
ブラッドフォード男爵
1800年 – 1825年
次代
ジョージ・ブリッジマン