オールスター大行進

オールスター大行進』(オールスターだいこうしん)は、1957年から1968年までTBS系列(1959年までは「ラジオ東京テレビ」)の大晦日12月31日)に生放送された年末特別番組である。

オールスター大行進
Nichigeki-1952.jpg
(一部を除き)歌謡パートの公開生放送が行われた日本劇場
ジャンル 年末特別番組
司会者 別項
出演者 芸能人多数
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
制作 ラジオ東京テレビ→TBSテレビ
放送
放送チャンネル TBS系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1957年 - 1968年
放送時間 12月31日の夜
放送分 240分→210分→180分→165分→120分
回数 12回
番組年表
前作 オールスター(丹頂)歌合戦(1955年・1956年)
続編 日本レコード大賞(1969年 - 2005年。番組は1959年から始まり現在も継続中)
テンプレートを表示
オールスター大行進
ジャンル 年末特別番組
放送期間 1957年 - 1960年
放送時間 12月31日19:00 - 21:00(120分)
放送回数 4回
放送局 ラジオ東京
出演 芸能人多数
特記事項:
歌謡パートのみテレビと同時放送
テンプレートを表示

概要編集

1955年の『オールスター歌合戦』、1956年の『オールスター丹頂歌合戦』に代わる年末特別番組。

当初は『丹頂歌合戦』を継承し、21:00までは歌謡番組としたが、『(丹頂)歌合戦』や『NHK紅白歌合戦』の様な「男女対抗歌合戦」を止め、一般的な歌謡ショーとした。また『紅白』と被る21:00以降はコメディなどのバラエティとするも、『紅白』には出場しない俳優や喜劇人を出演させた。これにより『(丹頂)歌合戦』時代の様に、「NHKかKRTのどちらか一方にしか出演できない」という事は、一切無くなった。なお歌謡パートはラジオ東京(現:TBSラジオ)でも同時放送していたが、1959年放送を以て打ち切った。

1961年からは21:00以降のバラエティパートを廃止し、歌謡パートのみの2時間番組として固定、1964年からは出演歌手も、若手をメインにする様になった。

歌謡パートの公開は主に日本劇場で行っていたが、時期によっては別の公会堂で行った事もあった。

1968年放送を以て12年間の幕を降ろし、翌1969年からは、当番組継続中の1959年から始まった『日本レコード大賞』の本戦生中継に変更、以後2005年までTBSの大晦日は『レコ大』中継が継続する(現在は12月30日)。

放送一覧編集

放送時間はいずれも日本標準時

1957年編集

 
1957年版の生放送が行われた「新宿コマ劇場

『1957年オールスター大行進』

1958年編集

『1958年オールスター大行進』

1959年編集

『1959年オールスター大行進』

1960年編集

『1960年オールスター大行進』

  • 第1部「ヒットパレード」(19:00 - 20:00)
  • 第2部「輝く星座」(20:00 - 21:00)
  • 第3部「年忘れバラエティー」(21:00 - 21:45)
  • 歌謡パートを2部に分けた、唯一の3部構成。また同年より「ラジオ東京テレビ」が「TBSテレビ」に改名したため、「TBSテレビ」では初の放送。

1961年編集

『1961年オールスター大行進』

1962年編集

『1962年オールスター大行進』

1963年編集

『1963年歌くらべオールスター大行進』

1964年編集

『1964年青春オールスター大行進』

1965年編集

『1965年青春オールスター大行進』

1966年編集

『1966年青春オールスター大行進』

  • 出演歌手:梓みちよ、井沢八郎、江利チエミ、加山雄三、北島三郎、ハナ肇とクレージーキャッツ、久保浩、西郷輝彦、坂本九、ザ・ピーナッツ[10]

1967年編集

 
1967年版の生放送が行われた「歌舞伎座」(写真は第4期)

『1967年ヒットソングスター大行進』

1968年編集

『1968年オールスター大行進』

  • 第1部「'68最大のバラエティーショー」(19:00 - 20:00)
  • 第2部「'68最大のヒットソング祭り」(20:00 - 21:00)
  • 1960年以来の2部構成となり、唯一19時台にバラエティを編成した。
  • この年もフジテレビ系列の『'68ベストグループサウンズ大会』に日本劇場が使用されたため、「サンケイホール」で公開された[12]

備考編集

  • 先述の通り、1969年からは『日本レコード大賞』を中継する様になったが、初の大晦日中継となった『第11回日本レコード大賞』は前半パートのみ「オールスター大行進」とされ、受賞歌手以外の芸能人も出演した。
  • 1962年からTBSテレビでは、20時台のスポットニュースJNNフラッシュニュース』を始めたが、当番組継続中は『フラッシュニュース』は休止され、『レコ大』中継が始まってから放送する様になった。

出典編集

  1. ^ 1957年12月31日付「毎日新聞縮刷版ラジオ・テレビ欄
  2. ^ 1958年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  3. ^ 1959年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  4. ^ 1960年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  5. ^ 1961年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  6. ^ 1962年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  7. ^ 1963年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  8. ^ 1964年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  9. ^ 1965年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  10. ^ 1966年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  11. ^ 1967年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄
  12. ^ 1968年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」ラジオ・テレビ欄

関連項目編集