オールスター歌合戦

オールスター歌合戦』(オールスターうたがっせん)は、1955年1956年の2回に渡って、ラジオ東京(現:TBSラジオ)ラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)で同時放送(生放送)された年末特別番組歌謡番組)である。2回とも化粧品メーカー・金鶴香水株式会社(後の丹頂株式会社、現:マンダム)の一社提供

オールスター歌合戦
ジャンル 年末特別番組歌謡番組
制作 ラジオ東京テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
オールスター歌合戦
出演者 有島一郎
ほか 歌手多数
放送期間 1955年12月31日
放送時間 土曜20:50 - 23:00
放送分 130分
回数 1
オールスター丹頂歌合戦
出演者 コロムビア・トップ・ライト
ほか 歌手多数
放送期間 1956年12月31日
放送時間 月曜19:00 - 22:00
放送分 180分
回数 1
テンプレートを表示
オールスター(丹頂)歌合戦
ジャンル 年末特別番組(歌謡番組)
放送方式 生放送
放送期間 同上
放送時間 土曜21:00 - 23:00(1955年)
月曜19:00 - 22:05(1956年)
放送回数 2
放送局 ラジオ東京
出演 同上
提供 金鶴香水株式会社
テンプレートを表示

なお1956年放送版の正式タイトルは、『オールスター丹頂歌合戦』と、冠が付いたタイトルとなっている。

概要編集

1955年4月1日に開局したラジオ東京テレビが、初めて放送した音楽系年末特別番組であり、この年開催される『第6回NHK紅白歌合戦』の対抗番組、それもほぼ同じ放送枠に真っ向からぶつけた。そして内容も『NHK紅白歌合戦』同様、男女対抗形式としたが、『紅白』の組み分けが「紅組」「白組」となってるのに対し、当番組は「男性軍」「女性軍」とし、また『紅白』は全歌手が歌い終わった所で審査をするのに対し、当番組は1回戦が終わるたびに審査するという方法だった(フジテレビの『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と同じ)。

翌1956年は放送枠を19時台に繰り上げて3時間番組にし、この年開催の『第7回NHK紅白歌合戦』との重複も1時間に減らした。またパートを2部に分け、21:00までは前年同様に歌合戦としたが、『紅白』と被る21:00以降は「隠し芸」とした。

全2回で終了、翌1957年からは『オールスター大行進』に変更、21:00までの2時間は歌謡番組にしながらも、男女対抗を止めて一般的な歌謡ショーとし、21:00以降はバラエティにしたが、1961年以降は歌謡パートのみの2時間番組にした。

放送時間編集

放送年 放送時間(JST
ラジオ テレビ
1955年 21:00 - 23:00 20:50 - 23:00
1956年 19:00 - 22:05 19:00 - 22:00

出演者編集

 
1955年版の生放送が行われた「日本劇場

1955年編集

司会編集

応援団長編集

男性軍歌手編集

女性軍歌手編集

1956年編集

 
1956年版の生放送が行われた「浅草国際劇場

司会編集

審判編集

女性軍歌手編集

男性軍歌手編集

公開場所編集

  • 1955年は日本劇場、1956年は浅草国際劇場で公開された。
  • なお日本劇場は、後身の『オールスター大行進』の歌謡パートでも、(一部回を除き)使われた。

備考編集

  • 2002年1月発刊「TBS50年史」の137頁に、1955年版のステージ風景の写真が掲載されており、それによると、ステージ上には金鶴香水の当時の社紋「丹頂鶴マーク」と、当時のラジオ東京テレビの社紋「KRTマーク」が掲げられ、また両脇には金鶴の主力商品「丹頂チック」を模したセットと、「丹頂チック」を初めとする金鶴製品の垂れ幕が掲げられていた。

脚注編集

  1. ^ 参考:1955年12月13日付「朝日新聞」・縮刷版」6面掲載の番組広告
  2. ^ 参考:1956年12月31日付「毎日新聞・縮刷版」6面掲載の番組広告

関連項目編集