メインメニューを開く

オールディーズ (アルバム)

オールディーズ』 ("A Collection Of Beatles Oldies") は、1966年12月に英国でリリースされたビートルズの公式なコンピレーション・アルバムである。

オールディーズ
ビートルズベスト・アルバム
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ
1963年3月5日
1966年6月9日
ジャンル ロック
時間
レーベル Parlophone
PMC7016(モノラル盤)
PCS7016(ステレオ盤)
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(UKチャート[1]オリコン
  • ビートルズ U.K. 日本 年表
    リボルバー
    (1966年) 
    オールディーズ(1966年) サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
    (1967年)
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    ビートルズ活動期唯一のコンピレーション・アルバム(ベスト・アルバム)で、 1963年から1966年までの主なシングル曲と、一部アルバム収録曲から選曲されており、また当時英国では未発表曲だった「バッド・ボーイ」(米国では米国編集のアルバム『ビートルズ VI』で発表済)が収録された。英国と英国編集の国のみで発売され、米国や米国編集の国では発売されなかった。当時の英国盤にはモノラル盤とステレオ盤[注釈 1]の2種類が発売されていた。ビートルズは年間2枚のアルバムを制作する契約だったが、1966年のビートルズは『リボルバー』完成後にアルバムを制作せずオフに入ったため、EMIとパーロフォン側で企画したアルバムだった。

    日本盤では "A BEATLES COLLECTION OF OLDIES" という誤ったタイトルが盤面と背表紙にクレジットされており、日本・韓国盤[注釈 2]以外の裏ジャケット[注釈 3]は裏焼きとなっている。

    1987年から始まったCD化では発売されず、オリジナル・アルバムとオリジナル・アルバム未収録曲はCDシングルと『パスト・マスターズ Vol.1』『同Vol.2』でCD化された。2018年現在も未CD化の状態で、ビートルズのオフィシャル・サイトのディスコグラフィー欄にも、このアルバムは何故か記載されていない。

    収録曲編集

    アナログA面編集

    1. シー・ラヴズ・ユー - She Loves You (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'21" - simulated stereo and monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンポール・マッカートニー
      1963年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリースだが、マスター・テープが処分されていたためモノラル・ヴァージョンをデュオ・フォニック(いわゆる疑似ステレオ)にしたもの(但し、同曲のドイツ語バージョンにはリアル・ステレオ・バージョンが存在する)。
    2. フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You (McCartney - Lennon)
      演奏時間:(1'57" - stereo version)(1'57" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
      1963年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリース。
    3. 恋を抱きしめよう - We Can Work It Out (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'15" - stereo version)(2'15" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー(主部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニー(中間部)
      1965年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリース。
    4. ヘルプ! - Help! (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'19" - stereo version)(2'23" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
      1965年のシングル曲。
    5. ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'42" - stereo version)(2'40" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
      1965年の楽曲。アルバム『ラバー・ソウル』からの収録。
    6. イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'05" - stereo version)(2'09" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
      1965年の楽曲。アルバム『4人はアイドル』からの収録。
    7. アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'19" - stereo version)(2'23" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
      1964年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリース。
    8. イエロー・サブマリン - Yellow Submarine (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'38" - stereo version)(2'41" - monaural version)、リード・ヴォーカル:リンゴ・スター
      1966年のシングル曲。

    アナログB面編集

    1. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'11" - stereo version)(2'17" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
      1964年のシングル曲。
    2. バッド・ボーイ - Bad Boy (Williams)
      演奏時間:(2'20" - stereo version)(2'19" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
      ラリー・ウィリアムズの楽曲のカヴァー。
      アメリカでは1965年6月にリリースされていたが、英国では初のリリースである。
    3. デイ・トリッパー - Day Tripper (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'49" - stereo version)(2'52" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
      1965年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリース。
    4. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'34" - stereo version)(2'35" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(主部)、ポール・マッカートニー(中間部)
      1964年のシングル曲。
    5. 涙の乗車券 - Ticket to Ride (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(3'12" - stereo version)(3'08" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
      1965年のシングル曲。
    6. ペイパーバック・ライター - Paperback Writer (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'18" - stereo version)(2'25" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
      1966年のシングル曲。初のステレオ・リリース。
    7. エリナー・リグビー - Eleanor Rigby (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'06" - stereo version)(2'09" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
      1966年のシングル曲。
    8. 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand (Lennon - McCartney)
      演奏時間:(2'26" - stereo version)(2'26" - monaural version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
      1964年のシングル曲。当時の英国初のステレオ・リリース。

    脚注編集

    注釈編集

    [ヘルプ]
    1. ^ このアルバムのためにモノラル・ミックスしか存在しなかった曲のステレオ・ヴァージョンが新たに作られたが、ビートルズのメンバーは誰もこの作業には立ち会っていない。
    2. ^ 日本盤からの劣悪なコピー商品で、発売当時に著作権などを全く無視してプレスされたもの。単一色の薄っぺらい紙質のジャケットに粗悪なビニール盤質。
    3. ^ 1966年6月~7月の来日公演時に、滞在していた東京ヒルトン・ホテル(現・キャピトル東急ホテル)で撮影された写真。

    出典編集

    [ヘルプ]