メインメニューを開く

オールド・パタゴニア急行は、アルゼンチンチュブ州を走る列車である。愛称は「トロチータ」(La Trochita)[1]イギリス人の作家、ポール・セルーの著書で紹介されたことから一躍有名となったが、1990年代初頭に廃止。現在は観光列車として復活を遂げている。

目次

概要編集

チリ国境に近いパタゴニア地方のエスケル支線は、人口が希薄だったこともあり1993年に鉄道の運行が廃止された。

しかし地元の熱心な保存運動が実り、週一往復の体制でニュルキンコ、エルマイティンからエスケル間の列車の運行が復活。観光開発の目的もあり、ボールドウィン社製蒸気機関車が数両の客車を牽引して走る。アルゼンチンでは無煙化が完了しており、国内にて、蒸気機関車が見られる場所として、徐々に認知度が高まっている。

備考編集

  • 蒸気機関車の燃料は石炭から重油へ転換されている。
  • 蒸気機関車は1920年代に製造。
  • 軌間は750 mmであるため車両は小ぶりである。
  • 編成の末端には無料の沿線住民専用車が連結されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界で一番美しい山岳鉄道』エクスナレッジ、2015年、129頁。ISBN 978-4-7678-2045-3

外部リンク編集