オールド・ヴィック・シアター

オールド・ヴィック・シアター英語: The Old Vic Theatre)はイギリスロンドンにある劇場。最寄り駅はウォータールー駅。

オールド・ヴィック・シアター
Royal Coburg Theatre
Royal Victorian Theatre
Royal Victoria Hall and Coffee Tavern
Waterloo the old vic 1.jpg
概要
住所 The Cut
Lambeth, London
United Kingdom
座標 北緯51度30分08秒 西経0度06分35秒 / 北緯51.5022度 西経0.1096度 / 51.5022; -0.1096
所有者 Old Vic Theatre Trust
Chief Executive Sally Greene
文化財指定 Grade II* listed
種類 Non-profit Producing Theatre
芸術監督 ケヴィン・スペイシー
座席数 1,067
プロダクション A Flea In Her Ear
(4 Dec 2010 - 5 Mar 2011)
Cause Célèbre
(17 Mar - 11 Jun 2011)
リチャード三世(18 Jun - 11 Sep 2011)
建設
開業 1818
再建 1871 J T Robinson
1880/1902 Elijah Hoole
1922/1927 by フランク・マッチャム
1933-8 F Green and Co
1950 Pierre Sonrel
1960 Sean Kenny[1]
1983 Renton, Howard, Wood and Levine.
設計者 Rudolph Cabanel of Aachen
ウェブサイト
公式サイト
テンプレートを表示

設立・沿革編集

1818年設立と非常に古く、ロイヤル・コバーグ・シアター(英語: The Royal Coburg Theatre)、ロイヤル・ビクトリアン・シアター(英語: The Royal Victorian Theatre)、そしてオールド・ヴィック・シアターと名前が変わっている。1929年にはジョン・ギールグッド率いるオールド・ヴィック・カンパニーが設立され、シェイクスピア劇に力を入れるようになった。また、1960年代にはローレンス・オリヴィエの国立劇場劇団がこの劇場を本拠地とした。

主にストレートプレイを上演し、これまで、リチャード・バートンアレック・ギネスピーター・オトゥールマギー・スミスジュディ・デンチイメルダ・スタウントンなどがこの劇場の舞台に立っている。

一時倒産の危機にあったが、ケヴィン・スペイシーが資金を提供し、現在は彼が芸術監督を務めている。理事にはエルトン・ジョンスティーブン・ダルドリーリチャード・アッテンボローが名を連ねている。

脚注編集

  1. ^ Staff. “Kenny, Sean, 1932-1973.”. National Art Library Catalogue. ヴィクトリア&アルバート博物館. 2009年1月11日閲覧。

外部リンク編集