オールナイトニッポンいいネ!

オールナイトニッポンいいネ!は、ニッポン放送をキーステーションに2003年3月31日2004年3月25日に放送されていたヤングラジオ番組である。オールナイトニッポンシリーズの1つ。

概要編集

ニッポン放送の夜ワイド~深夜枠レーベルLF+R廃止に伴い、allnightnippon SUPER!に代わって2003年3月31日スタート。タイトルにいいネ!とあるが、同時期にニッポン放送で番組を持っていたクレイジーケンバンド横山剣がよく口にするフレーズ「イイね!」とは無関係である。

放送時間は前番組の「allnightnippon SUPER」に引き続き、月曜日-木曜日の22:00-24:00で、テーマソングは25時台のビター・スウィート・サンバではなく、H.EATの「眠る前に」だった。[1]

「いいネ!」と同じヤング層をターゲットとした文化放送レコメン!(同時間帯1位)」や大人層向けTBSラジオBATTLE TALK RADIO アクセス」には勝てず、前番組「 - SUPER!」同様、聴取率がふるわなかったため、2004年3月25日終了と1年の短期間に終わったが、21時台の「目からウロコ!21」(2003年9月~)から24時台の「知ってる?24時。」とあわせて聴く中高生もいたため、また全国ネットということもあって、リスナーの絶対数は多かった。

全曜日共通コーナー編集

  • いいネ!学園今日はお前がクイズ当番
リスナー(同じ学校の4人)が日替わりで電話出演して10問のクイズに答える。1問正解で1000円。ただし10問のうち1問だけ「落第」が入っており、それに回答しようとするとクイズが終了し、賞金は一切無しとなる。このため、リスナーは2回だけパスが出来る。(パスも正解とみなした。)木曜日には「追試ルーレット」があり、参加校がそれまで獲得していた賞金が2倍・そのまま・ゼロのいずれかとなった。
  • RYTHEM マイ ダイアリー
RYTHEMが自分の日記を読む、五分間の箱番組。テーマソングはRYTHEMのブルースカイ・ブルー。最終週には、RYTHEM自身がその月に感じたことから作った楽曲、記念日ソングを披露した。
通常は本編に内包されるが、特番の場合は本編枠外での放送となっていた。

パーソナリティ編集

  • 月曜 田村淳ロンドンブーツ1号2号)(続投)
    • 本番組の開始前、1996年4月から2003年3月にかけて火曜2部→月曜1部→月曜SUPER!をコンビで担当。さらにこの番組の終了後、2004年9月まで半年間金曜1部を担当した。
  • 火曜 木下明水
    • 関東ローカルではクレジット読み上げの際、スポンサー1社読み上げると同時に「いいネ!」と言っていた。
  • 水曜 TAKEMURA(SNAIL RAMP)(復帰)
    • 1999年10月から2001年6月まで、金曜日の@llnightnippon.comを担当していた。
  • 木曜 グローバー義和Jackson vibe)(24時台から移動)
    • 正式な番組名は「グローバーのオールナイトニッポンいいネ!」。本番組の終了後、2005年3月まで1年間土曜日のオールナイトニッポンRを担当した。

ネット局編集

STVラジオ(STV) 青森放送(RAB) IBC岩手放送(IBC) 山形放送(YBC) ラジオ福島(RFC)
北日本放送(KNB) 山梨放送(YBS) 北陸放送(MRO) 福井放送(FBC) 静岡放送(SBS)
東海ラジオ(SF) KBS京都(KBS) KBS滋賀(KBS) 和歌山放送(WBS) 山陰放送(BSS)
中国放送(RCC) 山口放送(KRY) 西日本放送(RNC) 南海放送(RNB) 高知放送(RKC)
九州朝日放送(KBC) 長崎放送(NBC) NBCラジオ佐賀(NBC) 熊本放送(RKK) 大分放送(OBS)
宮崎放送(MRT)
信越放送(SBC)(月曜日は未ネット) AM KOBE 558(AMK)(現・ラジオ関西)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 特番で放送された「SAYAKAのオールナイトニッポンいいネ!」及び「倉木麻衣のオールナイトニッポンいいネ!」のみビター・スウィート・サンバを使用した。
ニッポン放送 22時台
前番組 番組名 次番組
オールナイトニッポンいいネ!