オールバニ

スコットランドのゲール語における名前

オールバニ英語: Albany)およびその元となったスコットランド・ゲール語アルバAlba)は、イギリススコットランド古地名および雅称である。オルバニオルバニーオールバニーアルバニーなどとも表記される。

ブリテン島の元々の住民たち

概要編集

6世紀に、後のスコットランド王国の母体となったアルバ王国が、現在スコットランドと呼ばれる地に成立した。

スコットランド王族の称号に、オールバニ公というのがあった(スコットランドがイングランドと連合王国を形成した後は、ヨーク公と一組になり、「ヨーク及びオールバニ公」となることもあった)。世界各地(英語圏)には、歴代のオールバニ公に由来して命名された、オールバニという地名が複数ある。

英語のスペルのAlbany の語頭の A は、all や already と同じ円唇後舌半広母音[ɔ]である。これは日本語の「」と「」の中間音であり、イギリス英語では「お」の方に近いのに対し、アメリカ英語では「あ」の方に近い(非円唇[ɑ]寄り)傾向がある。しかし、カタカナでは一般に「オ」で表記されることが多い。

また、イギリス英語は一般に最初の母音が長音となり「オールバニ」と発音されることが多いが、アメリカ英語、特にニューヨーク州(参照:州都のオールバニ (ニューヨーク州))では語頭の「オ」は短く、末尾の母音が長音となり「オルバニー」と発音される傾向がある。

関連項目編集