オール・アバウト・イヴ

オール・アバウト・イヴAll About Eve)は、イングランドのロック・バンドである。最初のコア・メンバーは、コヴェントリー生まれのジュリアンヌ・リーガン(ボーカル)、ハダースフィールド生まれのティム・ブリッチェノ(ギター)、アンディ・カズン(ベース)で構成されていた。全英シングルチャートにおいて最高位に達したシングルは「Martha's Harbour」(1988年、10位)であった[1]。1984年から1993年までと、1999年から2004年までで活動し、4枚の英国トップ50アルバムを達成した。バンドはゴシック・ロック・スタイルの「ユニークでフォークロックの影響を受けた楽曲」で知られていた。リーガンは1980年代後半のシーンの「確かに才能のある歌手の1人」と言われている[2][3]

オール・アバウト・イヴ
All About Eve
別名 The Swarm
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ゴシック・ロック
フォークロック
ドリーム・ポップ
シューゲイザー
ポストパンク
ダーク・ウェイヴ
活動期間 1984年 - 1993年
1999年 - 2004年
レーベル マーキュリー・レコード
ヴァーティゴ
MCAレコード
JamTart
旧メンバー ジュリアンヌ・リーガン
アンディ・カズン
ティム・ブリッチェノ
マーク・プライス
マーティー・ウィルソン=パイパー
ジェームス・リチャード・ジャクソン
マヌエラ・ツウィングマン
リック・カーター
デル・フッド
ロビン・ガイ
トニ・ハイミ
ベン・サヴィギア

略歴編集

基盤編集

元ジャーナリストのジュリアンヌ・リーガンは、ゴシック・ロック・グループ「Gene Loves Jezebel」[4]初期のラインナップで脱退する前にベースを担当していた。その際、Xマル・ドイッチラント、The Swarm(オール・アバウト・イヴの前身バンド)[5]のマヌエラ・ツウィングマンと一緒に在籍していた。オール・アバウト・イヴのバンド名は、ベティ・デイヴィス主演の1950年の映画『イヴの総て』から取られた[6]。オール・アバウト・イヴのオリジナル・ラインナップは、リーガン、ツウィングマン、元Aemotti Criiのギタリストであったティム・ブリッチェノ、ベーシストのガス・ファーガソンで構成されていた。バンドは、ツウィングマンとファーガソンが脱退する前、1985年にインディーズからシングル「D for Desire」をリリースし、後にファーガソンはテスト・デプトで成功を収めることとなった[7]。ブリッチェノはファーガソンの後任にアンディ・カズンを提案し、3ピース(+ドラムマシン)のバンドとして、「In the Clouds」(1986年)と「Flowers in Our Hair」(1987年)というシングルをリリースした。「D for Desire」と「In the Clouds」の両シングルは、時々コクトー・ツインズスージー・アンド・ザ・バンシーズの音楽と比較されるような、部分的なエーテル・ゴシック・サウンドに基づいていた[8]

リーガンがザ・ミッションのアルバム『青い審判』のバック・ボーカルを歌ったことで[5]、バンドはより大きな注目を集め、フォノグラムと契約を交わす。この頃、ドラマーのマーク・プライスがメンバーに追加された。

デビューとチャートでの成功編集

セルフタイトルのデビュー・アルバム(邦題『イヴの序曲』)は、ポール・サミュエル=スミスによってプロデュースされ、1988年にリリースされた。これには、全英ヒット・シングル「In the Clouds」「Wild-Hearted Woman」「Every Angel」「Martha's Harbour」[9]「What Kind of Fool」が収録されている[10]

アルバム自体は全英アルバムチャートで7位に達し[11]、その叙情的な楽曲の多くは、ヒッピーの理想、白魔術、夢のようなメルヘンの世界が描かれ、穏やかなフォークロックにインスパイアされたポップ・サウンドから(「エンジェルズ (angels)」と呼ばれる)多くのファンを獲得した。彼らの音楽はメディアによってゴシック・ロックと見なされることもあった[12]

バンドは後にBBCテレビの音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』にて「Martha's Harbour」を吹き替えで演奏することになったが、スタジオの技術的なエラーにより、バンドに音が届かないでいるうちに録音されたボーカルが放送され、その結果、BBC1のオーディエンスが録音されたバージョンの歌を聞いているのに、バンドのメンバーは画面上に静止して座ったままで、キューを待っている状態になってしまった[12]。そのときの補償として、バンドは番組に再び招待され、次の週にも歌を演奏した。今回はボーカルがライブで演奏された。このパフォーマンスは順調に行われ、結果として良い宣伝となり、シングルチャートを駆け上がる助けとなった[13]

翌年にリリースされたセカンド・アルバム『スカーレット・アンド・アザー・ストーリーズ』は全英アルバムチャートで9位に達し[11]、バンドはイギリス中をツアーした。

1990年代までの活動編集

1990年、ブリッチェノがグループを脱退(後にアルバム『ヴィジョン・シング』時代のシスターズ・オブ・マーシーや、その後のバンド、XC-NNやティン・スターに加入)し、チャーチのマーティー・ウィルソン=パイパーが代わって加入した[5][10]。1991年、アルバム『タッチ・バイ・ジーザス』をレコーディング(2曲でピンク・フロイドデヴィッド・ギルモアのギターをフィーチャー)し、全英17位となった[11]。レコード・レーベルを変更して翌年にMCAレコードからリリースされたアルバム『ウルトラヴァイオレット』は、全英46位に達した[14]。その後もバンドは新しい楽曲の制作を続けたが、リーガンがすぐに脱退。残るメンバーはリーガンなしでさらに2か月間、バンドを続けたが、1993年初頭に解散し[10]、後に作業していたアルバムは「Seeing Stars」名義でリリースされた。

リーガンはマイスというバンドを作ったり、バーナード・バトラーと仕事したり、「Jules et Jim」プロジェクトでジャン=マーク・レーダーマンとチームを組んだりした。

1993年、ベーシストのカズンは、改編されたザ・ミッションに参加し、広範囲なツアーを行い、アルバム『ネヴァーランド』(1995年)と『Blue』(1996年)に貢献したもののバンドは再び分裂した[10]

1999年、ウェイン・ハッセイが再びザ・ミッションを改編したが[15]、カズンのための空きはラインナップになかった(バンドの元ベーシストであるクレイグ・アダムスがベースの仕事を引き受けている)。カズンはリーガンにアプローチし、オール・アバウト・イヴを開放して再結成に誘うよう依頼した。申し出は受け入れられ、バンドはリーガン、カズン、ウィルソン=パイパーに加えて、ギター/キーボードのリック・カーター(カズンとザ・ミッションで一緒だった)とドラムのデル・フッドというラインナップで再結成された。このラインナップは2000年と2001年にツアーを行い、ユニオン・チャペルにて録音されたライブ・アルバム『ライヴ・アット・ユニオン・チャペル』をリリースした。さらに、リーガン、ウィルソン=パイパー、カズンは、主にアコースティック・トリオとして2年間、短いツアーを行い、2000年に『フェアリー・ライト・ナイツ』、2001年に『フェアリー・ライト・ナイツII (ライヴ・アコースティック)』というライブ・アルバムをリリースした[16]

2002年、ウィルソン=パイパーは他のプロジェクトを追求するためにバンドを去り、かつてMallukaというバンドに在籍し、現在のSohodollsのメンバーである新しいギタリストのトニ・ハイミが代わって加入した。その年の後半、オール・アバウト・イヴは、リーガン、カズン、ハイミ、カーター、フッドというラインナップを含むライブ・アルバムとDVD『シネマソニック』をリリースした。『未発表曲集 (Return to Eden, Vol. 1: The Early Recordings)』と名付けられた初期の録音のコレクション・アルバムもリリースされた。

また2002年に、リーガンとカズンは10年ぶりとなるスタジオ・レコーディングをリリースした。EP『アイスランド』は「冬の歌」のコレクションで、「December」の再録音や、ワム!の「ラスト・クリスマス」、クイーンの「ウインターズ・テイル」、「ウォーキング・イン・ジ・エアー」といったカバー曲が収録された(1989年のオリジナル「December」シングルには、ジェスロ・タルの「The Witch's Promise」のカバー・バージョンが収録されていた)[17]

その後編集

カーターとフッドが脱退し、ベン・サヴィギアがドラムを引き継いだ。2004年半ば、10年ぶりのシングル「Let Me Go Home」のリリース直後に、バンドは再び分裂した。リーガン、カズン、ハイミ、サヴィギアのラインナップによる彼らの最後のギグは、英国ツアーの終わり、2004年4月30日にロンドンのミーン・フィドラーで行われた。この模様は撮影され、パフォーマンスのコピーはファンのウェブサイトから入手できた。

リーガンは、後にThe Eden Houseと仕事をした。2009年4月、リーガンはFacebookページで次のように述べている。「オール・アバウト・イヴは休眠状態であり、二度と活動しないかもしれません。決して言いたくはないのですが、私たちはみんな前進していて、他の道を模索しているような状態です」[18]

シングルや、カギとなるアルバム曲、今までにリリースされていないレア曲、および新録音された曲で構成される『イヴの総て - オール・アバウト・イヴ・コレクション』というタイトルの2枚組CDコレクションが、2006年3月上旬にリリースされ、初回盤にはプロモーション・ビデオやテレビ出演時の映像を収めたDVDも付いていた。

2019年編集

7月20日のアポロ11号月面着陸50周年を記念して、ジュリアンヌ・リーガンとティム・ブリッチェノは、「Pale Blue Earth」と呼ばれるビデオと歌を作成した。このペアは、2019年10月31日に「Seance」と呼ばれる別の歌とビデオをリリースした。どちらの曲もYouTubeで観ることができる。

リーガンはまた、「The Dadaists」と呼ばれるプロジェクトと一緒に仕事をしており、彼女がリード・ボーカルを担当する「Searching For Sorrow」という曲をリリースしている[19]

メンバー編集

  • ジュリアンヌ・リーガン (Julianne Regan) - ボーカル、キーボード
  • アンディ・カズン (Andy Cousin) - ベース
  • ティム・ブリッチェノ (Tim Bricheno) - ギター
  • マーク・プライス (Mark Price) - ドラム、パーカッション
  • マーティー・ウィルソン=パイパー (Marty Willson-Piper) - ギター
  • ジェームス・リチャード・ジャクソン (James Richard Jackson) - ベース
  • マヌエラ・ツウィングマン (Manuela Zwingmann) - ドラム
  • リック・カーター (Rik Carter) - ギター、キーボード
  • デル・フッド (Del Hood) - ドラム
  • ロビン・ガイ (Robin Guy) - ドラム
  • トニ・ハイミ (Toni Haimi) - ギター
  • ベン・サヴィギア (Ben Savigear) - ドラム

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

EP編集

  • 『グラスゴー・ライヴ』 - 13 (1991年)
  • Phased EP (1992年)
  • 『アイスランド』 - Iceland (2002年)

ライブ・アルバム編集

  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Radio One Live in Concert (1993年)
  • 『フェアリー・ライト・ナイツ』 - Fairy Light Nights 1 (2000年)
  • 『フェアリー・ライト・ナイツII (ライヴ・アコースティック)』 - Fairy Light Nights 2 (2001年)
  • 『ライヴ・アット・ユニオン・チャペル』 - Live and Electric at the Union Chapel (2001年)
  • 『シネマソニック』 - Cinemasonic (2003年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ウィンター・ワーズ - ヒッツ&レアリティーズ』 - Winter Words – Hits and Rarities (1992年)
  • The Best of All About Eve (1999年)
  • 『未発表曲集』 - Return to Eden Vol. 1 – The Early Recordings (2002年)
  • 『イヴの総て - オール・アバウト・イヴ・コレクション』 - Keepsakes – A Collection (2006年) ※CD&DVD
  • Sixty Minutes With (2007年)

シングル編集

  • "D for Desire" (1985年、Eden)
  • "In the Clouds" (1986年、Eden)
  • "Our Summer" (1987年、Eden)
  • "Flowers in Our Hair" (1987年、Eden)
  • "In the Clouds" (1987年、Mercury)
  • "Wild Hearted Woman" (1988年、Mercury)
  • "Every Angel" (1988年、Mercury)
  • "Martha's Harbour" (1988年、Mercury)
  • "What Kind of Fool" (1988年、Mercury)
  • "Road to Your Soul" (1989年、Mercury)
  • "December" (1989年、Mercury)
  • "Scarlet" (1990年、Mercury)
  • "Farewell Mr. Sorrow" (1991年、Mercury)
  • "Strange Way" (1991年、Vertigo)
  • "The Dreamer" (1991年、Vertigo)
  • "Phased" (1992年、MCA)
  • "Some Finer Day" (1992年、MCA)
  • "Let Me Go Home" (2004年、Jamtart)
  • "Keepsakes" (2006年、Universal)

映像作品編集

  • Evergreen (1989年) ※VHS
  • Cinemasonic (2003年) ※DVD
  • Live in Bonn 1991 (2008年) ※DVD

脚注編集

  1. ^ ALL ABOUT EVE | full Official Chart History | Official Charts Company
  2. ^ True, Chris. “All About Eve Biography”. AllMusic. 2015年7月19日閲覧。
  3. ^ True, Chris. “Julianne Regan Biography”. AllMusic. 2015年7月19日閲覧。
  4. ^ Harris, Duncan (2003). Buckley, Peter. ed. Rough guide to rock. London: Rough Guides. pp. 18-19. ISBN 1858284570. https://archive.org/details/roughguidetorock00roug/page/18 
  5. ^ a b c Virgin illustrated encyclopedia of rock. London: Virgin Publishing. (1998). p. 14. ISBN 1-85227-786-6 
  6. ^ Strong, Martin C.. “All About Eve biography”. The Great Rock Bible. 2015年7月24日閲覧。
  7. ^ All About Eve”. Hard Wired. Hard Wired. 2017年1月8日閲覧。
  8. ^ Peter Buckley: The Rough Guide to Rock, Rough Guides 1999, 1-858-28457-0, p. 19
  9. ^ Sold on song - Top 100”. BBC Home Radio 2. 2016年5月4日閲覧。
  10. ^ a b c d Strong, Martin C. (2003) The Great Indie Discography, Canongate, 1-84195-335-0, pp. 197–8
  11. ^ a b c ALL ABOUT EVE | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
  12. ^ a b Maconie, Stuart (2004). Cider With Roadies (1st ed.). London: Random House. p. 1942. ISBN 0-09-189115-9 
  13. ^ Masterton, James (2015). The top 40 annual 1988. Masterton. pp. 11-14. ISBN 9781508911111 
  14. ^ Harris, Duncan (1999). Buckley, Peter. ed. Rock : the rough guide (2 ed.). London: Rough Guides. p. 19. ISBN 9781858284576. https://archive.org/details/roughguidetorock00roug/page/19 
  15. ^ Roach 1993, p. 261.
  16. ^ Colin Larkin, ed (2003). The Virgin Encyclopedia of Eighties Music (Third ed.). Virgin Books. p. 22. ISBN 1-85227-969-9 
  17. ^ All About Eve - Discography - Albums”. Goony.nl. 2020年3月14日閲覧。
  18. ^ [1] [リンク切れ]
  19. ^ Searching For Sorrow by The Dadaists”. YouTube. 2019年10月30日閲覧。

書誌編集

  • Roach, Martin (1993). The Mission; Names are for tombstones, baby. Independent Music Press. ISBN 1-897-78301-9 

外部リンク編集