メインメニューを開く

オーレン・ムーヴァーマンOren Moverman, 1966年7月4日 - )は、イスラエル人の脚本家映画監督である。

オーレン・ムーヴァーマン
Oren Moverman
Oren Moverman
生年月日 (1966-07-04) 1966年7月4日(53歳)
出生地 イスラエルの旗 イスラエル[1]
職業 脚本家映画監督
テンプレートを表示

目次

キャリア編集

アリソン・マクリーン監督、ビリー・クラダップサマンサ・モートンジャック・ブラックホリー・ハンターデニス・ホッパー出演の『Jesus' Son』(1999年)で脚本家デビューする。

ベンフォスターウディ・ハレルソンサマンサ・モートン出演、アレサンドロ・キャモン共同脚本による『メッセンジャー』(2009年)で映画監督デビューする。2009年のサンダンス映画祭でプレミア上映された。ベルリン国際映画祭ではキャモンと共に銀熊賞(脚本賞)を受賞し、さらにアカデミー賞脚本賞にもノミネートされた。

2010年、ユニバーサル・ピクチャーズカート・コバーンの伝記映画の脚本書きなおしと監督を交渉されているとされた[2]。この元の脚本はデイヴィッド・ベニオフが執筆しており、チャールズ・R・クロス著の伝記本『HEAVIER THAN HEAVEN』を原作としている。

フィルモグラフィ編集

参考文献編集

  1. ^ 兵役経験者からも高評価!戦死を伝えるメッセンジャーを描いた骨太なドラマ!”. シネマトゥデイ (2009年11月20日). 2011年11月20日閲覧。
  2. ^ Campbell, Christopher Kurt Cobain Biopic To Be Re-Written And Directed By Oscar Nominee Oren Moverman MTV Movies Blog 2010 Feb 18

関連文献編集

外部リンク編集