メインメニューを開く

オーレ・グンナー・スールシャール

ノルウェーのサッカー選手

オーレ・グンナー・スールシャールOle Gunnar Solskjær (ノルウェー語発音: [ˈuːlə ˈɡʉnɑr ˈsuːlˈʂær]) 、1973年2月26日 - )は、ノルウェー出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワードサイドハーフ

オーレ・グンナー・スールシャール Football pictogram.svg
Zenit-Mo;de (7).jpg
モルデFK監督時代(2018年8月)
名前
本名 Ole Gunnar Solskjær[1]
愛称 童顔の殺し屋[2]
ラテン文字 Ole Gunnar SOLSKJÆR
基本情報
国籍  ノルウェー
生年月日 (1973-02-26) 1973年2月26日(46歳)
出身地 ムーレ・オ・ロムスダール県クリスチャンスン
身長 178cm
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1989–1990 ノルウェーの旗 クラウセンゲンFK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1995 ノルウェーの旗 クラウセンゲンFK 109 (115)
1995-1996 ノルウェーの旗 モルデFK 38 (31)
1996-2007 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 366 (126)
通算 381 (237)
代表歴
1995-2007 ノルウェーの旗 ノルウェー 67 (23)
監督歴
2008-2011 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド・リザーブ
2011-2014 ノルウェーの旗 モルデFK
2014 ウェールズの旗 カーディフ・シティFC
2014-2016 ノルウェーの旗 クラウセンゲンFK U19
2015-2018 ノルウェーの旗 モルデFK
2018- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

主にプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFC」の選手として知られる。引退後は指導者の道に進み、母国のクラブ「モルデFK」を国内リーグ初優勝させた実績を持つ。

(※は英語圏やフランス語圏での発音にしたがって「ソーシャー」「ソルスキア」などと発音されることもある)

目次

人物編集

ゴール前での得点感覚に優れ、実年齢よりも若く見られる顔貌から、童顔の殺し屋 (Baby-faced Assassinの異名を取った[2]

経歴編集

選手時代(1989年 - 2007年)編集

ムーレ・オ・ロムスダール県クリスチャンスン出身。1989年、地元のサッカークラブ「クラウセンゲンFK」のユースに所属。翌1990年夏、トップチームに昇格し17歳でデビュー。在籍5年間で出場試合数を上回る115得点を記録し、4部にいたクラブの3部リーグ昇格に貢献する。

 
モルデFK選手時代(1996年)

1995年、国内トップリーグ・エリテセリエン所属のクラブ「モルデFK」に移籍。初年度から翌1996年にかけて、公式戦31得点を記録する。国内リーグやUEFAのカップ戦でも活躍した事から評判を呼び、競合の末イングランドの強豪「マンチェスター・ユナイテッド」が獲得し同年夏から所属する。

1996 - 97シーズンの8月にプレミアリーグ デビュー。初年度からレギュラーポジションを獲得し、リーグ戦18得点を記録する。以後クラブの主力として活躍した。

1999年UEFAチャンピオンズリーグ決勝、対バイエルン・ミュンヘン戦でロスタイムに決勝ゴールを決め、マンチェスター・ユナイテッドを優勝へと導いた[3]

2003年以降は相次ぐ故障に悩まされ、ほぼ3年間満足に実戦に出られない日々を送っていたが、2006-2007シーズンに復帰。2006年8月23日のプレミアリーグ、対チャールトン・アスレティック戦で終了間際にゴールを決めて復活を果たした。また9月2日に行なわれたEURO2008予選、対ハンガリー戦でも2ゴールを挙げる活躍を見せた。その後も10月1日ニューカッスル戦で2ゴール、2007年1月7日FAカップアストン・ヴィラ戦では『カンプ・ノウの奇跡』を髣髴とさせるロスタイムでの逆転ゴールを決めてオールド・トラッフォードを歓喜の渦に巻き込み、完全復活を印象付けた。しかしその後右膝の怪我が再発し、手術を受けて懸命なリハビリに務めたものの満足な回復が見られず、ついに2007年8月28日、現役引退を表明した。

指導者時代〜以降(2008年 - 現在)編集

 
モルデFK監督時代(2011年5月)

2008年から2010年までマンチェスター・ユナイテッドのリザーブチームの監督を務める。

同年末より古巣であるノルウェー・モルデFKの監督に就任。初年度の2011年シーズンにリーグ初優勝に導き、翌シーズンも連覇を果たす。2013年シーズンはノルウェーカップも制した。

また、サッカー支援組織「マンチェスター・ユナイテッド・サポーターズ・トラスト」の後援者となり、故郷のクリスチャンスンで若い選手たちのトレーニングアカデミー監督も務めた。

 
カーディフ・シティFC監督時代(2014年2月)

2014年1月2日カーディフ・シティFCの監督に就任[4]。だがクラブは低迷し2部へ降格[5]。2014-15シーズンも引き続き指揮を執ったが17位と結果を残すことはできず、9月18日に解任された[6]

2015年10月21日、モルデFKの監督に復帰。2017年2018年シーズンにて2位の成績を残す。

2018年末、マンチェスター・ユナイテッド監督を解任されたジョゼ・モウリーニョに代わり、モルデFKからローンの形で同クラブの暫定監督に就任[7]

2019年3月28日、3年契約を締結したとマンチェスター・ユナイテッド公式サイトから発表され、正式に同クラブの監督に就任した。

監督成績編集

クラブ 就任 退任 記録
試合 得点 失点 勝率 %
モルデFK 2010年11月9日 2014年1月2日 125 69 25 31 236 143 +93 055.20
カーディフ・シティFC 2014年1月2日 2014年9月18日 30 9 5 16 34 54 −20 030.00
モルデFK 2015年10月21日 2018年12月19日 118 66 19 33 0 0 +0 055.93
マンチェスター・ユナイテッド 2018年12月19日 0 0 0 0 0 0 +0 !
合計 273 144 49 80 0 0 −0 52.75

タイトル編集

モルデFK

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Solskjær: Ole Gunnar Solskjær: Manager”. BDFutbol. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ a b 【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のユナイテッドを振り返る vol.7〜1996-97シーズン 〜”. サッカーダイジェストウェブ (2016年2月8日). 2017年10月13日閲覧。
  3. ^ 愛すべき名選手:スールシャール”. マンチェスター・ユナイテッドFC. 2017年10月13日閲覧。
  4. ^ “カーディフ、スールシャール氏の監督就任を発表”. Goal. (2014年1月3日). http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/01/03/4517627/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B0%8F%E3%81%AE%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8?ICID=OP 
  5. ^ “降格のスールシャール監督「全ての責任は自分にある」”. Qoly football web magazine. (2014年5月10日). http://qoly.jp/2014/05/10/Solskjaer-takes-the-blame 
  6. ^ “スールシャール監督を解任 イングランド2部カーディフ”. スポニチアネックス. (2014年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/18/kiji/K20140918008953290.html 
  7. ^ スールシャール暫定監督、ローン費用は2.5億円 補償金10億円で来季続投の可能性も浮上”. Football ZONE web (2018年12月21日). 2019年2月25日閲覧。

外部リンク編集