オーロラ (航空会社)

オーロラ (: Аврора, : Aurora) は、ロシア航空会社である。2013年11月8日、サハリン航空ウラジオストク航空の合併により設立された[1]

オーロラ
Аврора
Aurora
Aurora logo rus.png
IATA
HZ
ICAO
SHU
コールサイン
AURORA
設立 2013年11月8日
拠点空港 ユジノサハリンスク空港
ハバロフスク空港
ハブ空港 ウラジオストク国際空港
マイレージサービス SAT Club
親会社 アエロフロート・ロシア航空
保有機材数 21機
就航地 19ヶ所
本拠地 ロシアの旗 ロシア サハリン州ユジノサハリンスクゴーリコゴ通り50-a
外部リンク http://www.flyaurora.ru/
テンプレートを表示

概要編集

2013年11月8日、サハリン航空ウラジオストク航空の合併により設立された[1]

社名は、投票で選ばれた「タイガ」に決まっていたが、潜在的需要の見込まれる日本、韓国、中国では「シベリア」をイメージされることから、「オーロラ」という名称に改称した[2]。日本で単に「オーロラ航空」といった場合は通常この航空会社のことである。

旧サハリン航空とウラジオストク航空の路線を引き継いだ定期便の多くがアエロフロートとのコードシェア便となっている。韓国路線では、大韓航空とのコードシェアも行っている。

計画では、2018年までに128空港に就航、航空機40機の所有を目指している[1]

日本へは成田国際空港新千歳空港に就航している。

機材編集

 
DHC-6
 
DHC-8-400

2017年現在[3][4]

DHC-8-Q400の1機(RA-67252)はエアーセントラルで2007年に高知空港にて胴体着陸事故を起こした機体[5][6]

就航都市編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 極東に新航空会社「オーロラ」誕生 - ロシアの声 2013年11月8日
  2. ^ 極東の新航空会社の名は「オーロラ」 - ロシアの声 2013年9月25日
  3. ^ Aurora fleet details - Airfeets.net
  4. ^ [1]
  5. ^ [2][リンク切れ]
  6. ^ オーロラ、同社2機目のQ400を導入 高知空港での胴体着陸機”. FlyTeam. FlyTeam (2016年3月10日). 2019年9月23日閲覧。

外部リンク編集