オーヴェル=シュル=オワーズ

オーヴェル=シュル=オワーズAuvers-sur-Oise)は、フランスイル・ド・フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県の村(コミューン)。ラ・ヴァレ・デュ・ソスロン小郡の小郡庁所在地。

オーヴェル=シュル=オワーズ
Auvers-sur-Oise
Blason ville fr Auvers-sur-Oise (Val-d'Oise).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) ポントワーズ郡
小郡 (canton) Vallée-du-Sausseron
INSEEコード 95039
郵便番号 95430
人口動態
人口 6820人
1999年
人口密度 539人/km2
地理
座標 北緯49度02分24秒 東経2度06分00秒 / 北緯49.0400度 東経2.1000度 / 49.0400; 2.1000座標: 北緯49度02分24秒 東経2度06分00秒 / 北緯49.0400度 東経2.1000度 / 49.0400; 2.1000
標高 平均:28
最低:21
最高:111
面積 12.59km2
オーヴェル=シュル=オワーズ Auvers-sur-Oiseの位置(フランス内)
オーヴェル=シュル=オワーズ Auvers-sur-Oise
オーヴェル=シュル=オワーズ
Auvers-sur-Oise
テンプレートを表示

首都パリに近い地理的条件から、シャルル=フランソワ・ドービニーポール・セザンヌカミーユ・コローカミーユ・ピサロフィンセント・ファン・ゴッホなどの画家が滞在した。特にファン・ゴッホは、この地で人生最後の時間を過ごし、70点もの作品を描いたことで知られる。なお、フランス語の発音に近い表記は、「オヴェ(ー)ル・スュルワーズ(スュロワーズ)」である発音例

歴史編集

  • 1846年 - 鉄道が開通。
  • 1860年 - ドービニーが、ル・ボタン号(アトリエ兼船舶)を村の周縁に当たるオワーズ川の土手に停泊させた。ほどなく、彼の友人に当たる画家たちが彼に会いにやってきた。
  • 1890年5月20日 - ファン・ゴッホが到着。その後自殺を図り死亡する7月29日までの約2ヶ月間滞在した。

観光編集

関連項目編集

外部リンク編集