メインメニューを開く
専用ケースに収納されたオー・カセ
オー・カセ本体の写真。上部には種類判別用の検出孔が爪を折らない状態で用意されている。左リールからテープを引き出し、右リール下斜めにある溝に通して右リールに装着する。

オー・カセ(Ocasse)は、コンパクトカセットリール磁気テープごと脱着式にし、オープンリールとリール部交換式カセットとしたもので、ティアックによって開発された。

概要編集

1984年2月に、オーディオ用磁気テープとして小型軽量化、リール・テープ単体の低価格化を売りに商品化された。

長所編集

基本的にはオープンリールの長所である。

  • リール・ホルダーリール・テープを取り付ける事で、コンパクトカセットとして使える。
  • 単体のリール・テープは、コンパクトカセットの1/7相当の体積、1/4相当の重さ。
  • テープの走行時にかかる抵抗が通常のコンパクトカセットよりも小さい(理論的に)。
  • テープ自体の物理的な切り貼りでの編集が容易。
  • 単体商品として、カセットの無いリールのみなので、低価格化できる。(対抗商品であるコンパクトカセットそのものの低価格化が進み、価格競争力は無くなる)

短所編集

基本的にはオープンリールの短所である。

リール・ホルダー編集

リール・テープを取り付ける事でコンパクトカセット互換性を持つ。金属製で眼鏡型にリールが見えるようになっている。固定リールへのテープの付け外しは手作業である。

リール・テープ編集

日立マクセル(現・マクセル)製、オーディオ用磁気テープ使用。記録時間は全て、両面50分(C-50、片面25分)に統一されていた。

  • NT-50;ノーマルテープ (TypeI)
    ※1984年当時のマクセル「UD I」に相当。
  • CT-50;ハイポジションテープ (TypeII)
    ※1984年当時のマクセル「XL II」に相当。
  • MT-50;メタルテープ (TypeIV)
    ※1984年当時のマクセル「MX」に相当。

商品編集

リール・ホルダーリール・テープの単体売りのみならず、リール・テープの個数の違うリール・ホルダーとのセット品や、リール・テープの複数セット品、リール・テープの多色展開など、多様な商品展開を行っていた。

しかし、コンパクトカセット単体の低価格化により、価格競争力が失われ、オープンリール的な使い方を求める消費者も多く無く、自然消滅して行く事となった。よく考えてみると当時のニッチ(隙間)的な商品であるという事が伺える。

  • 商品ロゴ : Ocasseオー・カセ
  • キャッチフレーズ : テープ独立宣言。テープ着脱自在。
  • 商品名称 : 箱、説明文、商品自体への表記に多様性が見られる。「オー・カセ」「Ocasse」「ニュー オープン・カセットテープ」「OPEN CASSETTE TAPE」「オーカセ」「OPEN CASSETTE」などがあり、使い分けも明確ではない。

関連項目編集

外部リンク編集