メインメニューを開く

株式会社オー・ティー・ビーは、東京都江戸川区に本社を置く日本のバス事業者。高速バス『オリオンバス』の運行で知られる。

株式会社オー・ティー・ビー
O.T.B.
O.T.B. OrionBus 115 Confort Selega.jpg
オリオンバス『コンフォート』(日野・セレガ
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
132-0024
東京都江戸川区一之江8-4-5 4階
設立 2012年5月
業種 陸運業
法人番号 3040001076933
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 山下泰司
資本金 1億5000万円
従業員数 40名
主要株主 株式会社オリオンツアー
外部リンク 株式会社OTB
テンプレートを表示

親会社の旅行代理店オリオンツアーが主催するツアーバスの乗合化を目的に、エイチ・アイ・エスグループのバス会社として設立。その後2013年7月に高速乗合バス事業に参入した。なお、エイチ・アイ・エスグループのバス会社としては当社のほかに九州産業交通ホールディングス傘下の各社がある。

目次

営業所編集

高速バス「オリオンバス」編集

かつては親会社オリオンツアー主催のツアーバス(企画旅行形態)として運行していた。そのルーツは、2001年5月より催行開始した「関西バス」まで遡る。 その後ツアーバスが関連する重大事故が頻繁する等全体の安全性が問題になったこともあり、2013年7月31日の新高速乗合バス制度施行を以って高速ツアーバス「オリオンバス」の運行を終了し、オリオンツアーが予約業務を取扱いオー・ティー・ビー及び運行委託を受けた事業者が運行する高速乗合バス「O.T.B.ライナー」に移行。2014年12月1日より名称をツアーバス時代の「オリオンバス」に戻す。現在運行中の路線は以下の通りである。

なお、以下の便は天領バスによる運行。

自社便のほか、運行委託を行う事業者として中央観光東海特殊観光サービスオートウィル、大野観光自動車などが見られる。また、東京 - 花巻・盛岡・弘前・青森線については2016年より八洲交通が参入し、オー・ティー・ビーと共同運行を行っている。

ツアーバス時代は全国各地の事業者に運行委託を行っており、委託先として杉崎観光バス浦和中央交通などの事業者が知られた。

車両編集

 
「O.T.B.ライナー」時代の塗色(三菱ふそう・エアロエース

自社発注車両は会社設立に伴い導入された三菱ふそう・エアロエースを所有しており、『コンフォート』と称するグレードでシートピッチ拡大4列シート、コンセント付き、トイレなし仕様となっている。また、2014年にはいすゞ・ガーラ日野・セレガも自社発注で導入した。

この他、オールワーキング昌栄高速運輸など、ツアーバス時代にオリオンツアーから受託運行していた事業者から継承した車両も所有している。

外部リンク編集