メインメニューを開く

オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

オー・ドットコー・コロシアムから転送)

リングセントラル・コロシアム英語: RingCentral Coliseum)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドにある多目的スタジアム。主にアメリカンフットボール野球が行われる。現在、NFLオークランド・レイダーズと、MLBオークランド・アスレチックスが本拠地としている。隣接地にオラクル・アリーナがある。

リングセントラル・コロシアム
"The Coliseum"
野球使用時
アメフト使用時
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムの位置(オークランド内)
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムの位置(カリフォルニア州内)
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム
施設情報
所在地 7000 Coliseum Way
Oakland, CA 94621
位置 北緯37度45分6秒 西経122度12分2秒 / 北緯37.75167度 西経122.20056度 / 37.75167; -122.20056座標: 北緯37度45分6秒 西経122度12分2秒 / 北緯37.75167度 西経122.20056度 / 37.75167; -122.20056
起工 1962年
開場 1966年9月18日
所有者 オークランド市、アラメダ郡
グラウンド 天然芝(Bluegrass)
ピッチサイズ 左翼 - 330フィート (101 m)
左中間 – 388フィート (118 m)
中堅 – 400フィート (122 m)
右中間 – 388フィート (118 m)
右翼 – 330フィート (101 m)
バックネット – 60フィート (18 m)
建設費 2,550万ドル
設計者 Skidmore, Owings and Merrill
建設者 Guy F. Atkinson Company
旧称
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム(1966年 - 1998年、2009年 - 2011年、2016年 - )
ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム(1998年 - 2004年)
マカフィー・コロシアム(2004年 - 2008年)
オーバーストック・ドットコム・コロシアム(2011年)
オー・ドットコー・コロシアム(2011年 - 2016年)
使用チーム、大会
NFL / オークランド・レイダーズ(1966年 - 1981年、1995年 - 現在)
MLB / オークランド・アスレチックス(1968年 - 現在)
NASL / オークランド・ストンパーズ(1978年)
USFL / オークランド・インベーダーズ(1983年 - 1985年)
MLS / サンノゼ・アースクエイクス(2008年 - 2009年)
収容能力
野球: 35,067[1] (最大55,945)[2]
フットボール: 56,063[3](最大63,132)
サッカー: 47,416 or 63,132 (depending on configuration)
アクセス
オークランド・コロシアム駅
外野席からの眺め
衛星写真

目次

歴史編集

1962年に「レイダーズの新本拠地」と「大リーグ球団誘致」を目的に建設開始。1966年に完成し、9月18日、レイダーズの新本拠地初試合が開催された。また、アスレチックスがミズーリ州カンザスシティからオークランドに移転してきたため、1968年からは野球の試合も開催されるようになった。

1982年にレイダーズが一旦ロサンゼルスに移転したため、しばらくは野球専用になっていたが、1995年にレイダーズがオークランドに戻ってきたため、現在までアメフトとの兼用になっている。レイダーズが戻ってきたときに大規模な改修工事が行われ、22,000人収容のスタンドが新たに設置されたが、アスレチックスの試合では2006年からこの部分にシートをかぶせて、観客が入れないようにしている。これは、アスレチックスの観客動員が低調なためにスタンドが空席になっているように見えるのを防ぐためである。

2011年にはアスレチックスが新球場シスコ・フィールドに本拠地を移す予定だったが、中止となったために引き続き本拠地として使用している。2018年11月にアスレチックスは2023年開場予定の新球場オークランドボールパークに移転することを発表。オークランドとサンフランシスコを結ぶベイブリッジ近郊のウォーターフロント地区に建設を予定している。

スタジアム名の変遷編集

1966年オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムOakland-Alameda County Coliseum)という名称でオープンした。 1998年ネットワークアソシエイツ(現マカフィー)社の命名権取得に伴い、「ネットワークアソシエイツ・コロシアム」、そして同社の商号変更に伴い「マカフィー・コロシアム」と改称したが、2008年のメジャーリーグシーズン閉幕後にオープン時の名称に戻った。 2011年4月にはアメリカの企業オーバーストック・ドットコム社が命名権を取得し「オーバーストック・ドットコム・コロシアム」と名称変更。さらに同社のブランド変更に合わせ同年5月に「オー・ドットコー・コロシアム」へと変更した。2016年4月4日、命名権の契約を終了し名称が「オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム」に戻されることが発表された[4]2017年2月6日にグラウンド部分のみ「リッキー・ヘンダーソン・フィールド」に改称されることが発表された[5]。2019年5月14日、リングセントラル社が年100万ドルの契約[6]で同月31日、命名権契約を締結した[7]

フィールドの特徴編集

大リーグの球場の中ではファウルグラウンドが最も広いため、ファウルフライが客席まで届かず、守備側に捕られてアウトになることが多い。ホームランも出にくい傾向にあり、2010年のホームランパークファクターは30球場中28位の.0701である[8]。このため、投手に有利な球場である。

ブルペンもファウルグラウンドにあるが、マウンドとホームベースが2組あるほかは、小さなベンチと屋根がフェンスに設置されただけの非常に簡素なものである。そのため、風雨が容赦なく吹き込んでくる。日本のTBS系で放送されたテレビ番組『MLB主義』の中で、佐々木主浩はこのブルペンを「大リーグで最悪のブルペン」に選んでいる。

当球場を本拠地とするオークランド・アスレチックスが三塁側ダッグアウトを利用し、ビジターチームが一塁側ダッグアウトを利用する[9]

主要な出来事編集

野球編集

アメリカンフットボール編集

脚注編集

外部リンク編集