メインメニューを開く

カイソーン・ポムウィハーン郡

カイソーン・ポムウィハーン郡(ເມືອງໄກສອນ ພົມວິຫານ)通称サワンナケート(サバナケットとも、ສະຫວັນນະເຂດ)はラオス中南部のメコン川沿いに位置する、サワンナケート県の県都。2005年12月13日にラオス人民民主共和国初代首相カイソーン・ポムウィハーンの誕生85周年を記念し、旧称カンタブーリー郡(ເມືອງຄັນທະບູລີ)から改称された。人口は首都ヴィエンチャンに次いで国内で2番目に多い。

カイソーン・ポムウィハーン郡

ເມືອງໄກສອນ ພົມວິຫານ

サワンナケート
郡(ムアン)
街の中心部
街の中心部
カイソーン・ポムウィハーン郡の位置(ラオス内)
カイソーン・ポムウィハーン郡
カイソーン・ポムウィハーン郡
北緯16度33分 東経104度45分 / 北緯16.550度 東経104.750度 / 16.550; 104.750
ラオスの旗 ラオス
サワンナケート県
人口
 • 合計 120,000人

ラオ人の他に、タイ人ベトナム人、中国系、少数民族などが住んでいる。

交通編集

バス編集