カイロの紫のバラ

カイロの紫のバラ』(The Purple Rose of Cairo)は、1985年アメリカ映画。監督はウディ・アレン。劇中劇「カイロの紫のバラ」の登場人物トムと、トム役を演じる俳優のギルの二役をジェフ・ダニエルズが演じている。

カイロの紫のバラ
The Purple Rose of Cairo
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 ロバート・グリーンハット
製作総指揮 ジャック・ローリンズ
チャールズ・H・ジョフィ
出演者 ミア・ファロー
ジェフ・ダニエルズ
ダニー・アイエロ
音楽 ディック・ハイマン
撮影 ゴードン・ウィリス
編集 スーザン・E・モース
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年3月1日
日本の旗 1986年4月26日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $10,631,333[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

舞台は1930年代、大恐慌の最中にあるアメリカ・ニュージャージー州。セシリア(ミア・ファロー)はウェイトレスをして、失業中の暴力亭主モンク(ダニー・アイエロ)との生活を支えている。惨めな生活と愛のない結婚から逃避するために通い詰めていた映画館で、セシリアは上映中の映画「カイロの紫のバラ」に夢中になる。
ある時、「カイロの紫のバラ」の登場人物であるトム(ジェフ・ダニエルズ)が上映中に第四の壁を破ってセシリアに話しかけ、白黒のスクリーンからカラフルな現実の世界へ現れる。トムが抜け出した映画はストーリーが進まなくなってしまい、苦情を受けた「カイロの紫のバラ」の制作陣は事態の収拾のため、トムを演じた俳優ギル・シェパード(ジェフ・ダニエルズ)と共にニュージャージーにやってくる。
探検家で詩人のトムは「君と現実で恋がしたい」とセシリアの手を取り、二人はロマンチックな一時を過ごす。一方でトムを追うギルもまたセシリアと出会い、映画について二人で語らううちに心惹かれていき、トムとギルとセシリアは普通ではない三角関係を築く。
エンディングでは、ギルはセシリアに駆け落ちを申し込み、それを受けたセシリアはトムに映画の世界に戻るよう諭す。トムが戻った「カイロの紫のバラ」のフィルムは制作陣に回収され、二度と同じ事が起こらないよう焼却処分が決まる。セシリアはモンクに積年の鬱憤をぶつけ、荷物をまとめてギルとの待ち合わせ場所へと向かうが、ギルはセシリアを見捨て既にハリウッドに戻ってしまっていた。
恋人も仕事も家庭も失ったセシリアは、映画館の席について『トップ・ハット』のフレッド・アステアジンジャー・ロジャースのダンスを見つめている。自分の悲惨な状況を忘れ、映画の世界に魅了されるセシリアを映し映画は幕を閉じる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

その他声の出演:藤本譲田原アルノ峰恵研片岡富枝巴菁子鳳芳野広瀬正志伊井篤史深見梨加沢りつお稲葉実秋元羊介
演出:伊達康将、翻訳:井場洋子、制作:東北新社

トム・バクスター / ギル・シェパードには、当初は、アレンが出演作を気に入っていたマイケル・キートンがキャスティングされていた。アレンの監督作品ならと、割安な出演料で出演を引き受けたキートンだったが、後にアレンは、キートンがあまりにも現代的で、時代性を帯びた役に据えるのは難しいと思い始めた。10日間にわたって撮影を行なった末に、両者は友好的な合意の上で仕事を打ち切ることにし、キートンの代わりにダニエルズがこの役に据えられた[2]

撮影現場編集

トムとセシリアのシーンの多くはバートランドアイランド・アミューズメントパークで撮影されている。この施設は映画製作の前に閉鎖されていた。ニュージャージー州サウス・アムボイのラリタン・ディナーでも撮影された。

受賞編集

本作は英国アカデミー賞セザール賞最優秀外国映画賞を受賞した。また『タイム』の「ALL-TIME 100 best films」にも選ばれた。

関連作品編集

参考文献編集

外部リンク編集