カウ・ティッピング

カウ・ティッピング:cow tipping)とは、立っているウシを倒すことに挑戦するアメリカ悪戯である。

アメリカでは「ウシは立ったまま眠るので、眠っているときに横から手で突くと簡単に倒れる」という俗説があり、寝ている(ように見える)ウシに忍び寄り、押し倒す試みをカウ・ティッピングと呼ぶ[1]。実際にはウシは立ったまま熟睡する事はないので、この試みが成功する事はまず無い。

ブリティッシュコロンビア大学のマーゴ・リリーらによって行われた研究では、体高1.45メートル、体重682キログラムのウシを地面に対して66度の角度で押したとき、ウシを横転させるには平均的な強さを持つ大人6人の力に相当する1,360ニュートンもの力が必要である[2]。さらに、ウシは嗅覚と聴覚が敏感なので、近寄る人間が多いほど警戒し、倒されないように踏ん張ると考えられる。故に、従来から定義されているカウ・ティッピングは不可能、という結論を出している[1]

YouTubeではカウ・ティッピングを試みる動画や、成功したように見せかけた動画が幾つもあり、不可能と薄々知られつつもカウ・ティッピングの伝説は生き続けている[3]

脚注編集

  1. ^ a b ネイサン・ベロフスキー 『「最悪」の法律の歴史』 廣田明子訳 原書房 2014年 ISBN 9784562049837 pp.119-120.
  2. ^ Cow tipping myth dispelled - The Telegraph、2018年5月25日閲覧。
  3. ^ Physics: No, you can't tip a cow - USA Today、2018年5月25日閲覧。