メインメニューを開く

カオスガンダム(CHAOS GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。スペースコロニー国家「プラント」の軍事組織「ザフト」が開発した試作MS群「セカンドステージシリーズ」に属する。機体を前屈させ、脚部の爪を展開した高速移動形態(モビルアーマー(MA)形態)に変形する可変MS。また背部に2基の機動兵装ポッドを持ち、「プロヴィデンスガンダム」のドラグーンのように分離させ遠隔操作することができる。「カオス」はギリシア神話に登場する現初神であると同時に英語で「混沌」を意味する。

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、関連作品に登場する原型機であるプロトカオスについても解説する。

機体解説編集

諸元
カオスガンダム
CHAOS GUNDAM
型式番号 ZGMF-X24S
RGX-01(連合側ナンバー)
全高 17.43m
重量 91.61t
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
動力源 バッテリー(パワーエクステンダー搭載[1])
武装 MMI-GAU1717 12.5mmCIWS×4
MMI-GAU25A 20mmCIWS×2
MA-BAR721 高エネルギービームライフル
MA-M941 ヴァジュラビームサーベル×2
MGX-2235B カリドゥス改複相ビーム砲
EQFU-5X 機動兵装ポッド×2
(MA-81R ビーム突撃砲×1)
(AGM141 ファイヤーフライ誘導ミサイル×12)
MA-XM434 ビームクロー×2
MMI-RG330 巡航機動防盾
(MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲×2)
搭乗者 スティング・オークレー
コートニー・ヒエロニムス

ユニウス条約締結後、ザフトが開発した次世代試作MS群「セカンドステージシリーズ」の1機。型式番号の「X」は実験機である事、「2」は航空機系統、「4」は開発ナンバー、「S」は「Second Stage(セカンドステージ)」を示す[2]。宇宙空間における機動戦闘に重点を置いた機体であり[3]、本体は他のセカンドステージシリーズ同様、フリーダムジャスティスといったファーストステージシリーズの基本性能を受け継ぐ[4]
装甲にはヴァリアブルフェイズシフト装甲(VPS装甲)を採用。バッテリーにはパワーエクステンダーを導入し[1]、更にはデュートリオンビーム送電システムにより戦闘継続時間の延長が可能である[3]

他のセカンドステージシリーズ同様、GAT-X303 イージスの影響を受け高速移動形態(MA形態)への可変機構を有する[5]。本機のそれは宇宙空間での運用を想定しており[3]、MS形態より高い旋廻性能を有する[3]とともに機動性が向上する特性を持つ[6]。大気圏内での飛行・空中戦も可能であり、強力な推進力を活かした機動力を持つ[5]
更に、背部に「機動兵装ポッド」を有し、これによるオールレンジ攻撃はMS・MA両形態で使用可能であり攻撃方法の選択肢が広い[3]

MS形態ではビームライフルやビームサーベル、対ビームシールドといったオーソドックスな装備も揃えており汎用性を持つ[3]。MA形態でも腕部を使用できるため、MA形態でもこれらの使用に特段の制限はない[3]

混沌とした戦場を駆ける機体として「カオス」という名称を冠された[2]

武装編集

MMI-GAU1717 12.5mmCIWS
頭部に4門内蔵されたCIWS
MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門装備されているCIWS
MA-BAR721 高エネルギービームライフル
高速戦闘に適した専用ビームライフル。インパルスのMA-BAR72をMA形態での高速戦闘に対応できるように改良したものである[7]。アニメーション作中(第1話~)では非使用時にサイドスカートにマウントされる。
MA-M941ヴァジュラ ビームサーベル
アビスを除くセカンドステージシリーズに共通採用されたビームサーベル。非使用時はプロペラントタンク[3]を兼ねるサイドスカートにホルダーされる。本機ではMA形態時も前述の通り使用可能。
MGX-2235Bカリドゥス改 複相ビーム砲
背部センサーに蓋をされる形で内蔵されている高出力ビーム砲。使用時にはセンサー部がスライドし砲口を露出させる。アビスの胸部に内蔵されたMGX-2235カリドゥスを高速戦闘仕様に改修した装備[2]。本機の兵装中最大級の威力を持つが、設置箇所の関係から使用はMA形態時に限られる。カリドゥスはラテン語で「猛火」の意。
EQFU-5X 機動兵装ポッド
大気圏内飛行を可能とする高推力スラスター[5]を備えるドラグーンの発展兵器。プロヴィデンスのドラグーンと異なり、パイロットが特別な空間認識能力を持たずとも使用できるようになっている[2][注 1]。しかし量子通信で相当量のエネルギーを消耗する[7]
類系兵器のプロヴィデンスのGDU-X5 突撃ビーム機動砲やストライクフリーダムのスーパードラグーンといった新型が次々に登場した中にあって、いずれも大気圏内での自律浮遊能力を持たなかったのに対し、本機のだけは可能だったが実際の使用回数は極僅かだった[注 2]
システムが改良されたとはいえ、強奪直後にスティング・オークレーがこの機動兵装ポッドを操れたのは、事前に強奪目標である本機にこの装備が導入されている情報を掴んだファントムペインが有資格者を送り込んだ為とされる[7]
MA-81R ビーム突撃砲
ポッド内蔵のビーム砲。発砲時は内部に格納された砲身が伸長する。
ストライクフリーダムに装備された前型モデルであるMA-80Vはビームソードへの切り替え機能を持っていたが[9]、本装備にも導入されているかは定かではない。
AGM141ファイヤーフライ 誘導ミサイル
ポッド内蔵の誘導型ミサイル。ブラストインパルスにも同型の装備が採用されている。
MA-XM434 ビームクロー
両膝、爪先のクローから出力されるビームクロー。MA形態時の接近戦用兵装として使用する他、MS形態時は蹴撃に連動して使用される。
イージスのビームサーベルを参考に開発された兵装[10]
MMI-RG330 巡航機動防盾
左腕にマウントされる対ビームコーティング仕様の防御兵装。他のセカンドステージシリーズが装備するシールドと比べやや小型でMAでの高機動戦闘を考慮した設計となっており、「巡航機動」という名称となっているのはこのためである[2]。他にも機関砲を内蔵しており、牽制やミサイル等の迎撃にも使用される。MA形態時も腕部にマウントされたままであり、シールドとしての防御と機関砲の射撃はMS・MA双方の形態で同様に使用できる。
MMI-GAU2ピクウス 76mm近接防御機関砲
前大戦当時のザフト製ガンダムやゲイツの頭部に採用されたものと同じ対空迎撃用機関砲。シールド表側に2門装備されている。

劇中での活躍編集

ミネルバに配備される直前に、地球連合軍第81独立機動軍「ファントムペイン」によって、アビスガイアと共に軍事工廠アーモリーワンの第6番格納庫から強奪された。以後は奪取時のパイロットであるスティング・オークレーの搭乗機として、小惑星帯ユニウスセブン落下直前の地球軌道上、地上降下後の各地でミネルバ隊と激戦を繰り広げた。

小惑星帯の戦闘でショーンの搭乗するゲイツRを撃破している。

インド洋とダータネルス海峡の戦闘において、アスラン・ザラが搭乗するセイバーと交戦する。クレタ島沖海戦でも再びセイバーと交戦するが、戦闘に介入してきたフリーダムに両腕と機動兵装ポッドを切断され墜落した。その後、連合軍のベルリン侵攻の際に再びフリーダムと交戦するも、アークエンジェルと合流した元オーブ軍黒海派遣艦隊所属のイケヤ・ゴウ・ニシザワが搭乗するムラサメ3機の連携攻撃を受けて被弾し、機体のバランスを失い落下するところをビームサーベルで胴体を両断されて撃墜され失われた(しかしパイロットのスティングは生還している)。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』において、アーモリーワンでの運用テスト期のエピソードが描かれ、そこではコートニー・ヒエロニムスがテストパイロットを務めた。

プロトカオス編集

諸元
プロトカオス
PROTO-CHAOS
型式番号 XMF-P192P
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
武装 EQFU-5X 機動兵装ポッド×4
(MA-81R ビーム突撃砲×1)
(AGM141 ファイヤーフライ誘導ミサイル×12)
MA-XM434 ビームクロー×2
搭乗者 コートニー・ヒエロニムス

MAの有効性を再検証するために試作された、カオスのプロトタイプ。MA形態検証用の実験機であり、MSへの変形機構は有していない。MSとしての頭部や腕部は持っておらず、機首メインセンサーはモノアイ方式となっている。腕が存在するスペースには機動兵装ポッドのターミナルが設置され、合計4基のポッドを装備している。胴体部は巨大なリバーススラスターとなっており、その直下にはコクピットが存在するため、カオスに採用されたカリドゥス改複相ビーム砲は装備していない。本体部と兵装ポッドのスラスターを合わせた大推力により、圧倒的な高機動性を得ている。

試作機は計6機製造された。パイロットはコートニー・ヒエロニムスが務めたが、あまりに過酷な高機動試験を行ったために全機とも損壊し、3機は修復不可能と判断され、構造解析後には完全廃棄された。残りは修復後にモスボール処置を施され、アーモリー・ワン内に保管されている。

アーモリーワンで起こった地球連合軍のファントムペインによるセカンドステージシリーズMS強奪事件の際には1機にコートニーが搭乗し、実戦参加した。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 操作性が簡略化されてるものの、機体と誘導端末の同時制御は相応の素質が必要とした資料も見られる[8]
  2. ^ アニメ本編 「PHASE-16 インド洋の死闘」(ただし、HDリマスターでは該当箇所が修正されている)の他に、久織ちまき 『SEED DESTINY THE EDGE』 第2巻、77頁、岩瀬昌嗣 「SEED DESTINY 第2巻 『PHASE-06 インド洋の死闘』」 などでも見られた。それに対し、プラモデルキット「1/100カオスガンダム」では「ブースターを兼ねるため有重力化では着脱不可」とする説明も存在する。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『マスターグレード 1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM』バンダイ、2013年9月発売、組立説明書。
  2. ^ a b c d e 『HG 1/144 カオスガンダム』バンダイ、2004年11月発売、取扱説明書。
  3. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、24-27頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  4. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、21頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  5. ^ a b c 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、77頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  6. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、28-29頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  7. ^ a b c 『1/100 カオスガンダム』バンダイ、2005年1月発売、組立説明書。
  8. ^ 『テレビマガジン特別編集エクストラ機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY MOBILE SUIT FILE』 講談社、2005年5月、48-49頁。ISBN 4-06-179152-4
  9. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、75頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  10. ^ 『機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY MOBILE SUIT FILE』講談社、2005年4月、48-49頁。(ISBN 978-4061791527)

関連項目編集