カオス (2000年の映画)

カオス』は、2000年に公開された中田秀夫監督による日本の映画。主演は中谷美紀萩原聖人。原作は歌野晶午の小説『さらわれたい女』。

カオス
監督 中田秀夫
脚本 斎藤久志
原作 歌野晶午
『さらわれたい女』
製作 神野智、原公男
製作総指揮 甲斐真樹
出演者 中谷美紀
萩原聖人
光石研
國村隼
音楽 川井憲次
撮影 喜久村徳章
編集 菊池純一
制作会社 ツインズ・ジャパン
製作会社 タキコーポレーション
配給 タキコーポレーション
サンセントシネマワークス
公開 日本の旗 2000年10月21日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

ある高級レストランで食事をしていた実業家の小宮山隆幸とその妻・佐織里。夫が支払いをしている間に妻は先に外へ。支払いを済ませ、隆幸も外へ出るが、既に妻の姿は見当たらなかった。先に帰ったのだと思い、会社へ戻るが、間もなくして「妻を誘拐した」と連絡が入る。

実はこの誘拐劇は佐織里による狂言だった。便利屋の黒田に報酬100万円を条件に引き受けてもらったのだ。ほとんどの手筈を佐織里が整え、黒田はそこにリアリティを持たせるために様々な小細工をする。佐織里のシナリオ通りに事件は進んでいくが、用足しに出かけていた黒田の元へ、事件の顛末を知っている、と脅迫電話がかけられる。急いで佐織里が身を隠しているアパートへ向かうと、佐織里は既に亡くなっていた。

途方に暮れる黒田。しかしある時佐織里と瓜二つの女、さと美を見つけた黒田はさらなる深みへとはまっていく…。

―カオス、事件の真実は一体どこに!?

出演編集

スタッフ編集

リメイク映画編集

2015年にフランス映画『消えたアイリス』(ジャリル・レスペール監督。ロマン・デュリスシャルロット・ルボン主演)としてリメイクされた。

外部リンク編集