カキラン(柿蘭、学名Epipactis thunbergii A. Gray )は、ラン科カキラン属多年草[2]。別名がスズラン[2]

カキラン
Epipactis thunbergii 2.JPG
2008年7月 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ラン目 Orchidales
: ラン科 Orchidaceae
: カキラン属 Epipactis
: カキラン E. thunbergii
学名
Epipactis thunbergii A. Gray[1]
和名
カキラン(柿蘭)

特徴編集

の高さは、30-70 cm[3]は茎に互生し、卵状披針形で、基部が鞘状になって茎を抱く。上部にいくにしたがって葉は小さくなる。花期は6-8月で[3]、黄褐色のを茎の先に10ほど総状につけ、下方から開花していく。花の唇弁にある紅紫色の模様が目立つ。和名は花の色がの実の色に似ていることに由来する[3]

東北地方の花の黄色に紅紫色の模様がなく、茎の下部が紫色を帯びないキバナカキランEpipactis thunbergii A.Gray f. flava Ohwi )及び九州南部の唇弁が側花弁と同形であるイソマカキランEpipactis thunbergii A.Gray f. subconformis Sakata )の品種がある[2]

分布と生育環境編集

ロシアウスリー中国東北部、朝鮮半島日本に分布する[2]

日本では北海道本州四国九州種子島奄美大島徳之島[4]にかけて広く分布する[3]。山野の日当たりのよい湿地[3]、沢沿いなどの湿り気のある場所に自生する。田中澄江による『花の百名山』で、宮崎県の祖母山を代表する花のひとつとして紹介されている[5]

種の保全状況評価編集

日本では以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[6]。多数の都道府県で、開発による湿地の減少[7][8][9][10][11]、湿った草地の減少[12]、草地の開発[13]、森林伐採[14]、環境遷移による湿地の乾燥化[10][13][15]、栽培目的のための採集[8][9][10][11][12][14]などにより減少傾向にある[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 東京都北多摩と伊豆諸島は絶滅危惧II類。
  2. ^ 北海道の絶滅危惧種(En)は、環境省の絶滅危惧IB類相当。
  3. ^ 千葉県の重要保護生物(B)は、環境省の絶滅危惧IB類相当。
  4. ^ 奈良県の絶滅危惧種は、環境省の絶滅危惧II類相当。
  5. ^ 岩手県のCランクは、環境省の準絶滅危惧相当。
  6. ^ 兵庫県のCランクは、環境省の準絶滅危惧相当。

出典編集

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “カキラン”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年7月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 里見信生 (1982)、208頁
  3. ^ a b c d e 林弥栄 (2009)、568頁
  4. ^ a b 沖縄県版レッドデータブック (PDF)”. 沖縄県. pp. 252-253 (2006年). 2013年7月24日閲覧。
  5. ^ 田中澄江 (1997)、382-385頁
  6. ^ a b 日本のレッドデータ検索システム「カキラン」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年7月24日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  7. ^ a b 埼玉県レッドデータブック2008植物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 209 (2011年). 2013年7月24日閲覧。
  8. ^ a b c 徳島県版レッドデータブック (PDF)”. 徳島県. pp. 356 (2011年8月). 2013年7月24日閲覧。
  9. ^ a b c レッドデータブックとちぎ・カキラン”. 栃木県 (2011年). 2013年7月24日閲覧。
  10. ^ a b c d 香川県レッドデータブック・カキラン”. 香川県 (2004年3月). 2013年7月24日閲覧。
  11. ^ a b c 兵庫県版レッドデータブック2010(植物・植物群落)・カキラン (PDF)”. 兵庫県 (2010年). 2013年7月24日閲覧。
  12. ^ a b c 千葉県レッドデータブック植物編(2009年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 243 (2011年). 2013年7月24日閲覧。
  13. ^ a b c いしかわレッドデータブック植物編2010・カキラン (PDF)”. 石川県 (2010年). 2013年7月24日閲覧。
  14. ^ a b c 愛媛県レッドデータブック・カキラン”. 愛媛県 (2003年). 2013年7月24日閲覧。
  15. ^ a b しまねレッドデータブック・カキラン”. 島根県 (2004年). 2013年7月24日閲覧。
  16. ^ 北海道レッドデータブック・カキラン”. 北海道 (2001年). 2013年7月24日閲覧。
  17. ^ 三重県レッドデータブック2005・カキラン”. 三重県 (2005年). 2013年7月24日閲覧。

参考文献編集

  • 里見信生『日本の野生植物 草本Ⅰ単子葉類』佐竹義輔大井次三郎北村四郎、亘理俊次、冨成忠夫、平凡社、1982年1月10日。ISBN 4582535011
  • 田中澄江花の百名山文春文庫、1997年6月。ISBN 4-16-352790-7
  • 林弥栄『日本の野草』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月。ISBN 9784635090421

外部リンク編集