メインメニューを開く

カクキュー

カクキューは、愛知県岡崎市に本社がある合資会社八丁味噌の商標。「八丁味噌」は固有の商標ではなく、ほかにも製造業者が存在するため、本記事では合資会社八丁味噌について述べる。

合資会社 八丁味噌
Limited partnership. HATCHO MISO
本社事務所
種類 合資会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
444-0923
愛知県岡崎市八帖町字往還通69番地
設立 1932年昭和7年)3月10日
業種 食料品
法人番号 3180303000222
事業内容 八丁味噌の製造販売
代表者 早川久右衛門
資本金 300万円
売上高 11億円[1]
従業員数 54名[1]
決算期 6月30日
外部リンク http://www.kakukyu.jp/
テンプレートを表示

NHK連続テレビ小説純情きらり』(2006年)では、まるや八丁味噌とともに舞台となっており、撮影現場としても工場が使用された。

目次

概要編集

江戸3代将軍徳川家光の時代に当たる正保年間(1645年 - 1648年)に、岡崎城から西に八丁(873メートル)の三河国額田郡八帖村(現在の愛知県岡崎市八帖町)で創業した。早川家が1878年(明治11年)に愛知県庁に提出した上申書には同家の創業は「1645年(正保2年)」と記されている[2]

正方形の枠内に太い隷書体の「久」のマークは、歴代当主(現在は社長。ただし、同社では「代表社員」と呼称されている)が代々早川久右衞門(はやかわ きゅうえもん)を名乗っていることによる。現社長は19代目の当主になる。

1892年(明治25年)から宮内省への味噌納入を開始し[3]1901年(明治34年)12月28日、宮内省御用達を拝命した[4]

味噌蔵や工場の見学ができる。そのため、蒲郡・豊川・鳳来寺・湯谷温泉方面のツアーなどで観光バスが立ち寄る。工場見学、売店等の部門は関連会社の「株式会社カクキュー八丁味噌」がつかさどっている。

施設編集

本社事務所
1996年(平成8年)12月20日、本社蔵とともに国の登録有形文化財に登録された[5]。本社事務所は1927年の建築。2階の外観はバシリカ式教会堂風の構成となっている。
2014年10月30日、各蔵とともに市の景観重要建造物に指定された[6][7]
本社蔵(史料館)
1907年(明治40年)に味噌蔵として建てられた。木造二階建、瓦葺、建築面積463平方メートル[8]1991年(平成3年)12月1日、史料館として改修された。内部のデザインは松坂屋が行った[9][7]
岡崎カクキュー八丁村
2017年(平成29年)3月19日、本社内に洋食店・中華料理店・カフェの3店舗が入ったフードコート「岡崎カクキュー八丁村」がオープンした。いずれも八丁味噌を使った料理を提供する[10][11]2018年(平成30年)7月からは中華料理店のかわりに「食事処休右衛門」が入った。
売店・休憩施設
工場見学は1983年(昭和58年)1月から正式受付が始まったが、史料館開設などで従来の態勢では不十分となり、1993年(平成5年)4月に本格的売店を開設した。1998年(平成10年)1月、増築[12]

主な商品編集

  • 三河産大豆八丁味噌
  • 有機八丁味噌
  • 赤出し味噌
  • 無添加赤出し味噌
  • 赤出し味噌 もみじ印
  • 八丁R味噌煮込みうどん(2人前)
  • 八丁の味噌ラーメン(2人前)
  • 岡崎のどて
  • 田楽味噌
  • 味噌カツのたれ
  • 味噌ソフトクリーム

ギャラリー編集

周辺の道路編集

脚注編集

外部リンク編集