メインメニューを開く

カケフくん(本名、相良 健治(さがら けんじ)、1977年4月11日 - )は1980年代の元子役。ゲームのキャラクターのモデル。東京都渋谷区出身。東亜学園高等学校を経て神奈川大学卒。コンビニエンスストア経営実業家

来歴・人物編集

当時放送されていたフジテレビ系のクイズ番組『所さんのただものではない!』で、掛布雅之のそっくりさんとして出演したことからこの芸名がつく。1980年代人気になり、ファミコンゲームの主人公キャラクターのモデルになるなど有名になった。なお、ファミコンゲーム『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』は『スーパーマリオ』や『高橋名人の冒険島』と比較され、そのシュールさ、理不尽な難易度などが話題となった。

略歴編集

  • 1988年、ファミコンゲームの『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』に登場する。
  • 1989年TBSドラマ『空と海をこえて』に出演する。
  • 1990年、小学校卒業と同時に芸能活動を引退。
  • 東亜学園高等学校卒業 
  • 神奈川大学入学、学業に専念
  • 神奈川大学卒業、企業に就職し、サラリーマンになった
  • 2003年、『週刊女性』で、テレビのADに転身、下積みをしていると述べていたが、再びサラリーマンに戻っている。
  • 2009年10月、『ゲームセンターCX』が『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』を取り上げた際、番組にFAXで応援文書を送る(10月27日放送の『ゲームセンターCX』より)。そのFAXでは「現在はコンビニエンスストアを経営している」と書かれていた。
  • 2010年10月10日にTBSで放送された『懐かしのスターは今!壮絶大追跡スペシャル』によると、コンビニ経営の実業を営んでおり、経営しているコンビニはサークルKであった。この放送では、本人は「カケフくんという名前に頼らない生き方をやりたい」と抱負を語る[1]

エピソード編集

  • 小学生(子供)特有の天然さがうけて人気になる。
  • 間下このみとの共演が多く「子役ツートップ」と呼ばれていた。
  • 小学校卒業と同時の芸能界引退は「息子を芸能人にしたくない。一般人として生きて欲しい」との父親の意向によるものであった。
  • ファミコンゲーム『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』では主役キャラクター「カケフくん」のモデルとなり、横スクロールアクションで、投擲アイテム「ウィッキー」を持つ、投げる、ジャンプする、敵を踏みつける、しゃがむ、急加速して走る、急停止(ブレーキ)をかける、水面をはねる、等の様々なアクションを駆使する。

出演編集

バラエティ編集

テレビドラマ編集

CM編集

ゲーム編集

脚注編集