カコイーシーズ

アメリカ合衆国生産の競走馬

カコイーシーズCacoethes)は、アメリカ生まれの競走馬で、引退後は日本で繋養されていた種牡馬である。名前の由来はラテン語のCacoethes(カコエテス=抑えがたい衝動)から。

カコイーシーズ
Owner Lady Harrison.svg
ハリソン夫人の勝負服
欧字表記 Cacoethes
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1986年3月7日[1][2]
死没 2009年9月11日(23歳没)[2]
Alydar
Careless Notion
母の父 Jester
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産者 Fran and Ray Stark[1]
馬主 ハリソン夫人[1]
調教師 ガイ・ハーウッドイギリス[1]
競走成績
生涯成績 14戦4勝[1]
獲得賞金 31万1671ポンド
36万ドル
2802万5800
テンプレートを表示


経歴編集

出自編集

カリフォルニア州の生産者、スターク夫妻の生産したサラブレッドの牡馬である。1987年のキーンランドイヤリングセールにおいて上場されたカコイーシーズは、購買代理人のジェームズ・デラホークに225,000ドルで落札された[1]。その後ガイ・ハーウッド調教師のもとに預けられたカコイーシーズは当初ポール・ロックに所有されていたが、2歳シーズンが始まる前にハリソン夫人に購入された。

競走馬時代編集

2歳、3歳編集

1988年は1戦のみの出走で、デビュー戦となったアスコット競馬場10月のオータムステークスに11/1(単勝12倍)のオッズで出走、勝ち馬ナシュワンから5馬身半差離された3着だった[3]

1989年、この年の初戦は、4月24日のプリンセスオブウェールズグラデュエーションステークスであった。この競走でカコイーシーズは5/6(単勝約1.83倍)のオッズで1番人気に支持され、2着馬に7馬身差をつける圧勝で初勝利を挙げた[4]。続くダービートライアルステークス(G3・芝12ハロン)ではそれまで無敗できたプライベートアーミーという馬が1番人気になっていて、カコイーシーズは2番人気であった。この競走でカコイーシーズは終始先頭を譲らず、2着のプライベートアーミーに4馬身差をつけて楽勝、重賞初勝利を挙げた[5]

6月7日、ダービーステークス(G1・芝12ハロン)では3/1(単勝4倍)のオッズでナシュワンに次ぐ2番人気だったが、ナシュワンに敗れ3着だった。 ダービー後は2週間後のキングエドワード7世ステークス(G3)では再び1番人気に支持され、これをパット・エデリー鞍上のもと2着馬に3/4馬身差をつけて制した[6]。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(G1)に挑むが、再びナシュワンに今度はクビ差で及ばず2着だった。さらに続くインターナショナルステークス(G1)も2着で、凱旋門賞では2番人気となるが14着という結果に終わった。

4歳編集

1990年、この年は4月のグレアムステークスから始動したが1番人気で4着だった。2年連続出走となったキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスも4着[7]、2か月間隔を空けて出走したカンバーランドロッジステークス(G3)で2着と勝ちきれなかった。

その後アメリカに遠征し、遠征初戦のターフクラシック(G1)を制しG1初勝利を挙げた[8]。しかし続くブリーダーズカップターフ(G1)では9着だった。11月にはジャパンカップに出走するために初来日を果たし、中央競馬初出走となったレースでは、3番人気で3着となり、このレースを最後に競走馬を引退することになった。

年度別繁殖成績表編集

中央競馬
出走 勝利 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数 順位
1994年 5 19 3 4 317 0.78 3381万5000円
1995年 26 135 6 9 110 0.71 1億5988万8000円
1996年 36 165 15 26 35 1.21 3億8394万7000円
1997年 36 235 15 16 45 1.15 3億6254万8000円
1998年 40 239 22 28 40 1.15 3億9831万8000円
1999年 39 205 39 19 61 0.86 2億8302万2000円
2000年 40 189 11 13 76 0.68 2億2222万2000円
2001年 37 175 12 14 78 0.80 2億2548万5000円
2002年 31 140 7 8 98 0.69 1億5566万3000円
2003年 17 88 7 10 94 1.25 1億4826万1000円
2004年 25 94 3 5 113 0.68 1億1507万1000円
2005年 25 98 5 5 124 0.56 9340万6000円
2006年 18 67 2 4 178 0.43 5035万円
2007年 24 88 3 5 133 0.51 7966万1000円
通算 399 1937 150 166 - - -

※2007年終了時点。

種牡馬時代編集

引退後は日本で種牡馬入りした。コンサートボーイを始め地方競馬で多くの活躍馬を輩出している。2007年限りでシンジケートが解散されたが、健康状態や受胎率などは問題がなく引き続きトヨサトスタリオンセンターで種牡馬を続けることになった。

後継種牡馬としてコンサートボーイとエスプリシーズが種牡馬入りしている。

2009年9月11日に心臓麻痺のため死亡した[9]

主な産駒編集

太字はGI・JpnI競走を示す

母父としての主な産駒編集

グレード制重賞優勝馬編集

血統表編集

カコイーシーズ血統レイズアネイティヴ系/Nasrullah3×4=18.75%Bull Lea5×5=6.25%、Bull Dog(Sir Gallahad III)5×5=6.25%) (血統表の出典)

Alydar
1975 栗毛
父の父
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
父の母
Sweet Tooth
1965 鹿毛
On-and-On Nasrullah
Two Lea
Plum Cake Ponder
Real Delight

Careless Notion
1970 鹿毛
Jester
1955 鹿毛
Tom Fool Menow
Gaga
Golden Apple Eight Thirty
Thorn Apple
母の母
Miss Uppity
1956 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Nursery School Count Gallahad
Kindergarten F-No.2-e


脚注編集

  1. ^ a b c d e f Cacoethes (CA)”. EQUIBASE. 2022年6月19日閲覧。
  2. ^ a b カコイーシーズ(USA)”. 血統書サービス. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2022年6月19日閲覧。
  3. ^ Red Oaks Autumn Stakes result”. Racing Post (1988年10月8日). 2022年6月20日閲覧。
  4. ^ Prince of Wales Graduation Stakes result”. Racing Post (1989年4月24日). 2022年6月20日閲覧。
  5. ^ Derby Trial Stakes result”. Racing Post (1989年5月13日). 2022年6月20日閲覧。
  6. ^ King Edward VII Stakes result”. Racing Post (1989年6月20日). 2022年6月20日閲覧。
  7. ^ King George VI and Queen Elizabeth Diamond Stakes result”. Racing Post (1990年7月28日). 2022年6月20日閲覧。
  8. ^ Turf Classic result”. Racing Post (1990年10月7日). 2022年6月20日閲覧。
  9. ^ 名種牡馬カコイーシーズが死亡” (2009年10月1日). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月20日閲覧。

外部リンク編集