カシワクラツトム

日本の男性声優、音響監督 (1966-)

カシワクラ ツトム1966年3月1日[2][6] - )は、日本男性声優音響監督神奈川県相模原市出身[2]Magus(マグス)所属[4]

カシワクラ ツトム
プロフィール
本名 柏倉 つとむ
(読み同じ)
性別 男性
出身地 日本の旗 日本神奈川県相模原市[1]
生年月日 (1966-03-01) 1966年3月1日(57歳)
血液型 B型[2]
身長 166 cm[3]
職業 声優音響監督
事務所 Magus[4]
声優活動
活動名義 柏倉 つとむ(2001年頃まで)
柏倉 ツトム(2002年 - 2004年9月)
カシワクラ ツトム(2004年9月 - )
活動期間 1980年代 -
ジャンル アニメゲーム
デビュー作 アントニオ(『星銃士ビスマルク』)[5]
音響関連活動
活動期間 2000年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

本名・旧芸名柏倉 つとむ(読みは同じ)。音響監督の仕事を始めた当初は柏倉 ツトムの名前でも活動していた。2004年9月に現在の芸名に変更[4]

経歴 編集

大の漫画アニメ好きで、特に少女漫画が好きで、妹が何冊か月刊雑誌を買っており、中学生になり漫画に興味を湧き始める[6][7]。少女漫画を描いてみようと考えて道具を色々と揃えていたが、才能がないことに気付いて挫折[6][5]

その後、アニメにも興味を持ち、芝居や声優にも興味が出てくるようになり[7]、職業としての声優を知り、テレビやラジオの番組制作にも興味を持ち、放送委員会に所属[5]

高校に進学後、舞台など観るようになってからは高校3年生の時に芝居を勉強するサークルに参加し、高校卒業後、アルバイトを経験[7]

いつか『マジンガーZ』の兜甲児の役をやってみたいと思っており、その夢の延長で知り合いだったナレーターとして活動していた人物が講師になるという理由で誘われて[6]アーツビジョン演技研究所の1期生となった[8]

19歳の時に偶々好きだった漫画である岡崎つぐおの『ジャスティ』がアニメ化される話を聞いて小学館と制作会社とディレクターに電話[6]

当初は高い声であり、女性に間違われて「男です」と言ったところ興味を持ってくれて同養成所卒業後、「もう一度電話してください」と言われ、デモテープを聞いて「じゃあ、やれる役があったら」と一週間後くらいに『星銃士ビスマルク』のアントニオ役で呼ばれて[6]フリーで声優デビュー[7]

以前は大沢事務所に所属していた[9]

2000年頃より音響監督も務めるようになる。

人物・エピソード 編集

役柄としては子供、少年、青年など色々なキャラクターを演じており、ほんの僅かだが、中年、老人も演じていた[5]

長年演じている『ちびまる子ちゃん』のはまじ役に関しては「兄弟の面倒をよく見て、僕よりもしっかりものだが、どこか抜けているところは共通点」と語る[8]。2018年の「さくらももこさん ありがとうの会」では、モデルである実在の浜崎憲孝と「W(ダブル)はまじ」として共演を果たした[10][11]

テレビゲームパソコン好き。ゲームに関しては新作ソフトは一通り買い、寝食も忘れてやりこんでしまうほど(本人曰く「猿のラッキョウ剥き状態」)であり、ゲームを止めるためにテレビのモニターにタイマーをつけていた[8]

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2005年

劇場アニメ 編集

1980年代
1990年
2010年代

OVA 編集

1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
2000年

ゲーム 編集

1991年
1992年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2013年
2015年
2016年
2018年
2022年

吹き替え 編集

CD 編集

カセット 編集

ラジオ 編集

音響監督 編集

テレビアニメ(音響監督) 編集

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年

OVA(音響監督) 編集

劇場アニメ(音響監督) 編集

ゲーム(音響監督) 編集

脚注 編集

シリーズ一覧

  1. ^ 『GGENERATION』(1998年)、『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』『3D』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)、『CROSSRAYS』(2019年)

出典 編集

  1. ^ 相模原グリーンロータリークラブ第672回例会週報”. 2020年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c カシワクラツトム(かしわくらつとむ)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(0000050685)”. ザテレビジョン. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ “カシワクラツトム”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE01a97b0a2440a27843ff67919614b75ceec5c0c8/ 2021年2月8日閲覧。 
  4. ^ a b c プロ・フィット 声優養成所/講師の紹介”. プロ・フィット. 2012年11月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 「柏倉つとむのショーコリもナク!!」『小説b-Boy』1995年9月号、ビブロス、1995年8月、156-159頁。 
  6. ^ a b c d e f 「◆インタビュー カセットJ『被虐の荒野』 柏倉つとむ」『昭悦JUNE』No.54(1992年4月号)、サン出版、1992年3月、139-141頁。 
  7. ^ a b c d 「柏倉つとむのショーコリもナク!!R」『小説b-Boy』1995年11月号、ビブロス、1995年10月、324-327頁。 
  8. ^ a b c 倉田幸雄編「今さら友だちのWA!!(柏倉つとむ→?)」『アニメV 1993年9月号』学習研究社、1993年9月1日、雑誌01591-09、38頁。
  9. ^ 『出演者名簿(1988年版)』著作権資料協会、1988年、131頁。 
  10. ^ “のりた(浜崎憲孝)「こそこそのりた」取材四”. 小説家になろう. (2018年12月10日). https://ncode.syosetu.com/n8784cp/91/ 2023年9月3日閲覧。 
  11. ^ 浜崎憲孝『はまじとさくらももこと三年四組』200頁。青志社。
  12. ^ STAFF&CAST”. 機動戦士ガンダムZZ 公式サイト. サンライズ. 2022年3月28日閲覧。
  13. ^ CHARACTERS”. 「機甲戦記ドラグナー」公式サイト. サンライズ. 2023年10月11日閲覧。
  14. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. トランスフォーマー 超神マスターフォース. 東映アニメーション. 2022年9月18日閲覧。
  15. ^ ビリ犬”. メディア芸術データベース. 2023年3月22日閲覧。
  16. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  17. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  18. ^ スーパービックリマン”. 東映アニメーション. 2022年9月14日閲覧。
  19. ^ 作品データベース”. タツノコプロ. 2022年12月4日閲覧。
  20. ^ 恐竜冒険記 ジュラトリッパー”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2022年12月4日閲覧。
  21. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年9月18日閲覧。
  22. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年9月18日閲覧。
  23. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年3月22日閲覧。
  24. ^ 地球防衛企業ダイ・ガード”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  25. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガーFINAL. サンライズ. 2022年3月22日閲覧。
  26. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガーFINAL. サンライズ. 2022年3月22日閲覧。
  27. ^ CHARACTER”. ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル. 2014年5月18日閲覧。
  28. ^ 十二国記”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年6月10日閲覧。