カセットテープ (cassette tape) は、磁気テープメディアの種類で、テープが露出するオープンリールに対し、カセットに納めた状態で使用するものである。

ELカセット(大)とCカセット
Cカセットとマイクロカセット(小)
ベータ(上)とVHS(下)

データレコーダ専用の規格はカセットではなくカートリッジと称する場合が多いが、技術的な差異はない。オーディオビジュアルテープ用カセットはテープを巻き取る回転軸を2本設ける場合が多く、コンピュータテープドライブ用データカートリッジは体積データ密度を高めるために回転軸が1本の場合が多い。「カセットテープ」は「コンパクトカセット」を表す場合も多い。

特徴編集

長所は、汚れにくく、取り扱いが容易であることである。テープはリールであるハブやスリップシートなどと共に、ハーフやシェルと呼ばれる筐体に収まる。小窓がある標準ハーフと透明のシースルーハーフが存在する。カセット本体とインデックスシールやインデックスカードなどを紙や樹脂ケースに納めて販売する事例が多い。切り貼り編集に繊細さを要することが短所である。技術的に必然な特徴ではないが、カセットテープは小型で可搬性に優れるが、収録時間か音質が犠牲となる。

音声用でもっとも普及したコンパクトカセットは、オランダのフィリップス社の技術者ルー・オッテンスが開発[1]して特許を申請せずに公開技術として広く普及させた。当初はモノラルでのちにステレオ方式が追加され、1970年代ハイポジション(クロムポジション、IEC TYPE-II)用テープが普及した。

ほかに、RCAビクター1958年に開発したテーペットアイワ1964年に開発したマガジン50テープカートリッジなど、独自規格のカセットテープも乱立した。

2000年、消費者物価指数の対象品目から除外された[2]

主なカセットテープ編集

音声編集

ビデオ編集

家庭用・民生用編集

放送用・業務用編集

出典編集

関連項目編集