カタグロトビ(肩黒鳶、学名:Elanus caeruleus)は、鳥綱タカ目タカ科に分類される鳥類の一種である。別名ハイイロトビ

カタグロトビ
Black-winged Kite NAUMANN.jpg
カタグロトビ Elanus caeruleus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: Elanus
: カタグロトビ E. caeruleus
学名
Elanus caeruleus
(Desfontaines1789)
和名
カタグロトビ
英名
Black-winged kite
Elanus caeruleus

分布編集

アフリカからヨーロッパ南部、アラビア半島南部、インド東南アジアニューギニアにかけて分布する。生息地では基本的に留鳥である。

日本では迷鳥として、先島諸島で2回記録されている。

形態編集

全長約33cm。体色は頭部から体の下面にかけてが白灰色で、体の上面はやや銀色がかった灰色。翼の肩の部分が黒く、名前の由来ともなっている。眼の周囲は黒く、離れて見ると眼が吊り上って見える。雌雄同色である。

生態編集

草原や農耕地、開けたなどに生息する。

食性は動物食で、昆虫類両生類、小型爬虫類を主食としているが、小型哺乳類や小鳥等を捕食することもある。

Sibley分類体系での位置編集

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献編集

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目編集

外部リンク編集