カタリーナ・アヴ・スヴェーリエ

カタリーナ・ヴァーサ・アヴ・スヴェーリエKatarina Vasa av Sverige, 1584年11月10日 - 1638年12月13日)は、スウェーデン王カール9世とその最初の妃でプファルツ選帝侯ルートヴィヒ6世の娘であるアンナ・マリアの間の娘。グスタフ2世アドルフの異母姉、カール10世グスタフの母親。プファルツ=クレーブルク公ヨハン・カジミールに嫁いだ。

カタリーナ・アヴ・スヴェーリエ
Katarina av Sverige
Catalina Vasa.JPG

出生 (1584-11-10) 1584年11月10日
 スウェーデンニシェーピング、ニシェーピング城
死去 (1638-12-13) 1638年12月13日(54歳没)
 スウェーデンヴェステロース
埋葬  スウェーデンストックホルム、リッダーホルム教会
配偶者 プファルツ=クレーブルク公ヨハン・カジミール
子女 一覧参照
父親 スウェーデンカール9世
母親 アンナ・マリア・フォン・デア・プファルツ
テンプレートを表示

生涯編集

カタリーナは幼くして実母を亡くしたが、継母のクリスティーナとは非常に仲が良く、腹違いの弟妹たちにも慕われていた。1611年に父王が亡くなり、弟グスタフ・アドルフが即位すると、カタリーナは若い新王の腹心にして助言者となった。1615年6月11日、カタリーナはドイツのプファルツ=クレーブルクヨハン・カジミールと結婚した。夫妻は結婚後2年間はスウェーデンに滞在し、1617年にドイツに移った。

1622年、グスタフ・アドルフはドイツで三十年戦争が深刻化していくのを憂慮し、姉カタリーナとその家族にスウェーデンへ避難するように申し出た。クレーブルク公爵夫妻はこれを承諾し、国王が住まいとして用意したエステルイェートランド地方のステゲボリ城に移り、カタリーナはステゲボリ伯爵夫人Grevinna av Stegeborg)を称した。1632年にグスタフ・アドルフが戦死し、王妃マリア・エレオノーラが悲嘆にくれて子育てを放棄すると、カタリーナが幼い姪のクリスティーナ女王の母親代わりとなった。カタリーナは1631年から1633年、1636年から1638年のあいだクリスティーナの公的な保護者だったが、クリスティーナは伯母に育てられた時期を非常に幸福だったと述懐している。

1695年に完成したストックホルムカタリーナ教会は、カタリーナの名に因んだものである。また、1654年のクリスティーナ女王の退位後、3人(フレドリク1世カール14世ヨハンとその息子オスカル1世)を除いて歴代のスウェーデン王はすべてカタリーナの血筋を引いている。

子女編集

夫のヨハン・カジミールとの間に8人の子女をもうけた。

参考文献編集