カタリーナ・フォン・ヴュルテンベルク (1821-1898)

カタリーナ・フリーデリケ・シャルロッテ・フォン・ヴュルテンベルクKatharina Friederike Charlotte von Württemberg, 1821年8月24日 - 1898年12月6日)は、ヴュルテンベルクヴィルヘルム1世の娘で、ヴュルテンベルク王子フリードリヒの妻。

カタリーナ・フォン・ヴュルテンベルク
Katharina von Württemberg
Prinzessin Katharina von Württemberg (1821-1898).jpg

出生 (1821-08-24) 1821年8月24日
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
死去 (1898-12-06) 1898年12月6日(77歳没)
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
配偶者 ヴュルテンベルク王子フリードリヒ
子女 ヴィルヘルム2世
父親 ヴュルテンベルクヴィルヘルム1世
母親 パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
テンプレートを表示

生涯編集

ヴィルヘルム1世と、その3番目の妻でヴュルテンベルク公ルートヴィヒの娘であるパウリーネの間の第1子、長女として生まれた。父にとっては3番目の娘である。また、両親は同族の従兄妹同士だった。

1845年11月20日、叔父パウル王子の長男フリードリヒ王子と結婚した。この結婚はヴュルテンベルク王家内の血縁的結びつきを強めることと、分家筋に有力な国王候補者となる男子をもうけておくことを目的としていた。夫妻の間には一人息子のヴィルヘルム(1848年 - 1921年)が生まれた。予期されていた通り、カタリーナの弟の国王カール1世は子供を授からず、カタリーナの息子がヴィルヘルム2世として王位を継いだ。

1870年に夫と死別した後は、しばしばスイスのヴィラ・ゼーフェルト(Villa Seefeld)で生活した。

参考文献編集

  • Pope-Hennessy, James (1959). Queen Mary 1867-1953. London: George Allen and Unwin Unlimited. ISBN 0049230255