カタール航空

カタールのフラッグキャリア

カタール航空(カタールこうくう、アラビア語: الخطوط الجوية القطرية‎; al-khuṭūṭ al-jawwīya al-qaṭarīya, 英語: Qatar Airways)は、カタール国営航空会社でカタールのフラッグ・キャリア

カタール航空
الخطوط الجوية القطرية
Qatar Airways logo.svg
IATA
QR
ICAO
QTR
コールサイン
QATARI
法人番号 9700150000456 ウィキデータを編集
設立 1993年11月22日
ハブ空港 ハマド国際空港
マイレージサービス Qatar Airways Privilege Club (Qmiles)
会員ラウンジ Qatar Airways First and Business Lounges
航空連合 ワンワールド
子会社
  • カタール・エグゼクティブ
  • カタール航空カーゴ
  • カタール航空ホリデー
  • カタール航空サービス
  • カタール航空ケータリング
  • United Media Int
  • カタール免税会社
  • カタール流通会社
保有機材数 220機 (2018年12月現在)
就航地 150都市
スローガン Going places together
本拠地 カタールドーハ
代表者 アクバル・アル=バーキルCEO
テンプレートを表示

概要編集

カタールの首都ドーハにあるハマド国際空港を本拠地としている。コードシェアも含め150都市以上の国際的な目的地へ繋がっている。ワンワールドメンバーでアラブ航空会社機構の一員でもある。

イギリススカイトラックス社による航空会社の格付けでは、「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている[1]航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [2]

歴史編集

 
ボーイング727-200Adv

1993年11月22日に設立され、1994年1月20日にドーハ - アンマン線で運航を開始した。当社は元々王族の一族が所有者であったが、CEOのアクバル・アル=バーキル[注釈 1] (أكبر الباكر; ’akbar al-bāker, Akbar Al Baker) による新しい経営チームによって1997年4月に新しく設立された。資本はカタール政府(50%)及び民間投資家(50%)によって所有されている。ここ10年で、毎年35%の成長率でネットワークを広げている。

2005年3月31日、ドーハ - 大阪/関西線就航。

2007年に行われたドバイ航空ショーにおいて、カタール石油、シェル石油エアバスロールス・ロイス、カタール・サイエンス&テクノロジー・パークの5社と提携し、天然ガス由来液体燃料を開発することを決定した[3]。これが実現すれば、カタール航空が世界で最初に天然ガス由来の燃料で飛行機を飛ばす航空会社になると示唆した。炭酸ガスの排出を大幅に削減し、地球温暖化の抑制を貢献できる利点があるとしている。

2007年、カタール航空は80機のA350や30機のボーイング787など、160億ドルにも及ぶ機材を発注した。また、今後数年で200機以上総額300億ドルに及ぶ機材発注を行う予定である。2008年、12月時点で平均機体年齢が3.2年と世界で最も新しい機材を使用している。

2010年4月25日、ドーハ - 東京/成田線就航。当初は関西国際空港経由で運航していたが、2012年10月28日より直行便化された[4]

2012年10月8日、ワンワールドへ加盟するとの発表が出された。2013年9月9日ワンワールド10月30日から加盟を正式発表[5]。これを記念して、ワンワールド塗装をまとったボーイング777-300ER(機体番号:A7-BAA)のお披露目も行なわれた[6]

2014年5月27日の発着便から、ドーハの発着空港をドーハ国際空港からハマド国際空港に移転した[7][8][9]

2014年6月18日、ドーハ - 東京/羽田線就航[10][11]

2014年9月17日、購入していた超大型機であるエアバスA380が引き渡されたが[12]、今後は退役する見込みとなっている[13]

2014年12月22日、エアバスA350の最初の1機がエアバスから引き渡され、2015年1月15日からドーハ - フランクフルト線で運航を開始した[14][15]

2016年1月12日、ドーハ - 関西線を週7便から週5便に減便[16]、同年3月31日、ドーハ - 関西線を運休[17]

2017年2月5日よりドーハ - オークランド線を就航[18]。17時間30分の世界最長フライトとなる。

2017年6月5日、一部のイスラム諸国(サウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンエジプトイエメンモルディブなど)がカタールと国交断絶を表明したこと(カタール外交危機)により、対象国との運航便は運航停止され運休扱いとなったほか、サウジアラビア・エジプト・バーレーン・アラブ首長国連邦に関しては領空通過も禁止された。このため、北アフリカ向けの便については、イランやトルコ上空から地中海上空に、またサブサハラアフリカ向けの便については、オマーン上空からアデン湾上空に抜けるなど、アラビア半島を大きく迂回する形で飛行するようになっている。

2020年4月6日よりドーハ - 関西線を運航再開予定[19]であったが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、2020年6月15日まで就航が延期された[20]

2021年1月、前述カタール外交危機による運休及び領空通過禁止措置は順次開放され運航再開している[21][22]

保有機材編集

同社が発注したボーイング社製の航空機の顧客番号(カスタマーコード)はDZで、航空機の形式名はB777-2DZLR、B777-3DZERなどとなる。 ※エグゼクティブ部門においてボンバルディア グローバル 5000型機やチャレンジャー605型機なども運用している。

備考編集

  • エアバスA350ローンチカスタマーで-900型 / -1000型を発注。2014年12月に最初の1機を受領。2015年1月15日からドーハ - フランクフルト線に就航させた[23]。しかし、2021年8月にカタール航空当局の指示により、保有するA350のうち13機(-900型: 11機 / -1000型: 2機)の塗装の劣化が判明したため飛行停止措置を取り、代替機としてA350導入により整備保管していたA330を運用に復帰させたと発表[24]
  • 当初はエアバスA321neo型機を50機発注していたが、上記のA350塗装剥離問題からエアバス社とカタール航空の対立が激しくなり、エアバス側からオーダーをキャンセルされた[25]。また19機のA350-1000型機に関してもオーダーキャンセルとなり[26]、事実上エアバス社との関係が破綻して「出入り禁止」状態となったカタール航空はA321neo全機とA350-1000の一部の代替機材としてボーイング737 MAX 10ボーイング777-8/-9の導入をそれぞれ予定している。しかしながら、双方で開発に大きな遅れが生じている機種であるために2022年9月現在では機材繰りに大きな狂いが生じている状態である。

運用機材リスト編集

カタール航空の機材は以下の航空機で構成される。

Qatar Airways Fleet(2021年現在)[27][28][29][30]
機種 運用機数 発注機数 座席数 備考
F C Y
エアバスA320-200 29 - - 12 120 132 一部ウィングレット装着機、2024年までに退役予定。
132 144
エアバスA321-200 3 - - 12 170 182
エアバスA330-200 6 - - 24 236 260 A350塗装剥離問題により一時的に運用復帰。
エアバスA330-300 8 - - 30 275 305
エアバスA350-900 34 - - 36 247 283 塗装剥離問題により一部機体の飛行を停止中。
エアバスA350-1000 19 - - 46 281 327 塗装剥離問題により一部機体の飛行を停止中。2021年から受領延期、2022年9月に19機の残りオーダーを全てキャンセル[31]
エアバスA380-800 10 - 8 48 461 527 2024年から段階的に退役予定で新型コロナウイルス感染症の影響で整備待機させていたが、A350の塗装剥離問題により2021年12月から5機が順次復帰、再稼働している[32]
ボーイング737 MAX 10 - 25 - 25機の追加オプション付き[33]
ボーイング777-200LR 9 - - 42 217 259
230 272
ボーイング777-300ER 50 1 42 312 354
316 358
24 388 412 A350型機の塗装剥離問題により、出資しているキャセイパシフィック航空の中古機をリース導入している。
ボーイング777-8X - 10
ボーイング777-9X - 30
ボーイング787-8 30 - - 22 232 254 2020年以降、品質問題により受領延期中。
ボーイング787-9 7 23 - 30 281 311
ボーイング747-8F 2 - Cargo
ボーイング777F 26 2 Cargo
ボーイング777XF 0 34 Cargo

画像編集

就航都市編集

カタール航空 就航都市 (2019年4月現在)
都市 空港 備考
西アジア
  カタール ドーハ ハマド国際空港 ハブ空港
  バーレーン マナーマ バーレーン国際空港
  イラク バグダード バグダード国際空港
バスラ バスラ国際空港
アルビール アルビール国際空港
ナジャフ en:Al Najaf International Airport
スレイマニヤ en:Sulaimaniyah International Airport
  イラン テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港
マシュハド マシュハド国際空港
シーラーズ シーラーズ国際空港
  ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港
  クウェート クウェート クウェート国際空港
  レバノン ベイルート ベイルート国際空港
  UAE ドバイ ドバイ国際空港
アール・マクトゥーム国際空港
アブダビ アブダビ国際空港
シャールジャ シャールジャ国際空港
  オマーン マスカット マスカット国際空港
サラーラ サラーラ空港
ソハール en:Sohar Airport [34]
  サウジアラビア ダンマーム キング・ファハド国際空港
ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
リヤド キング・ハーリド国際空港
マディーナ en:Pince Mohammad Bin Abdulaziz Airport
アブハー en:Abha Regional Airport
ターイフ en:Ta'if Regional Airport
タブーク en:Tabuk Airport
ヤンブー en:Yanbu Domestic Airport
  シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
アレッポ アレッポ国際空港
  イエメン サナア サヌア国際空港
  アゼルバイジャン バクー ヘイダル・アリエフ国際空港
  ジョージア トビリシ トビリシ国際空港
  キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港
北アフリカ
  アルジェリア アルジェ ウアリ・ブーメディアン空港
  エジプト カイロ カイロ国際空港
ルクソール ルクソール国際空港
アレクサンドリア
  リビア トリポリ トリポリ国際空港
ベンガジ ベニナ空港
  モロッコ カサブランカ ムハンマド5世国際空港
マラケシュ マラケシュ・メナラ空港 [35][36]
ラバト ラバト=サレ空港 マラケシュ経由[37]
  スーダン ハルツーム ハルツーム国際空港
  チュニジア チュニス カルタゴ国際空港
  エチオピア アディスアベバ ボレ国際空港
  エリトリア アスマラ アスマラ国際空港
  ジブチ ジブチ ジブチ国際空港
  ソマリア モガディシュ アデン・アッデ国際空港
東アフリカ
  ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港
モンバサ モイ国際空港 [38]
  セーシェル マヘ島 セーシェル国際空港 2016年12月12日から運航再開[39]
  タンザニア ダルエスサラーム ダルエスサラーム国際空港
ザンジバル アベイド・アマニ・カルメ国際空港
キリマンジャロ キリマンジャロ国際空港
  ウガンダ エンテベ エンテベ国際空港
  モザンビーク マプト マプト国際空港
  ルワンダ キガリ キガリ国際空港
  ザンビア ルサカ ルサカ国際空港 2017年夏スケジュール以降に就航予定[40]
西アフリカ
  ナイジェリア ラゴス ムルタラ・モハンマド国際空港
  ガーナ アクラ コトカ国際空港 2020年4月15日より就航予定[41]
  カメルーン ドゥアラ ドゥアラ国際空港 2017年夏スケジュール以降に就航予定[40]
  ガボン リーブルヴィル リーブルヴィル国際空港 2017年夏スケジュール以降に就航予定[40]
中部アフリカ
  アンゴラ ルアンダ クアトロ・デ・フェベレイロ空港 2020年10月14日より就航予定[41]
南アフリカ
  南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ ヨハネスブルグ国際空港
ケープタウン ケープタウン国際空港
ダーバン キング・シャカ国際空港
  ナミビア ウィンドフック ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港 [42]
  ボツワナ ハボローネ セレツェカーマ国際空港 ヨハネスブルグ経由[43]
東アジア
  中国 北京 北京首都国際空港
上海 上海浦東国際空港
広州 広州白雲国際空港
重慶 重慶江北国際空港
成都 成都双流国際空港 [44][45]
杭州 杭州蕭山国際空港
  香港 香港 香港国際空港
  日本 東京 東京国際空港(羽田空港) [46]
成田国際空港
大阪 関西国際空港 2020年4月6日より運航再開予定[19]
  韓国 ソウル 仁川国際空港
東南アジア
  インドネシア ジャカルタ スカルノハッタ国際空港
バリ島 デンパサール国際空港
メダン クアラナム国際空港 2017/2018年スケジュールから就航予定[47]
  マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
ペナン ペナン国際空港 [48]
ランカウイ ランカウイ国際空港 2018/2019年スケジュールから就航予定[49]
  ミャンマー ヤンゴン ヤンゴン国際空港
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港
プーケット プーケット国際空港
クラビ クラビ空港 [50]
チェンマイ チェンマイ国際空港 [51]
  ベトナム ハノイ ノイバイ国際空港
ホーチミンシティ タンソンニャット国際空港
ダナン ダナン国際空港 [52]
  カンボジア プノンペン プノンペン国際空港 ホーチミンシティ経由
シェムリアップ シェムリアップ国際空港 2020年11月16日より就航予定[41]
  シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港
  フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港
クラーク国際空港 [53]
セブ マクタン・セブ国際空港 2020年4月8日より就航予定[41]
ダバオ ダバオ国際空港 クラーク経由[54]
南アジア
  バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
  インド アフマダーバード アフマダーバード空港
アムリトサル アムリトサル国際空港
チェンナイ チェンナイ国際空港
デリー インディラ・ガンディー国際空港
ゴア州 ダボリム空港
ハイデラバード ラジーヴ・ガンディー国際空港
コーチ コーチン国際空港
コーリコード カリカット国際空港
ムンバイ チャットラパティー・シヴァージー国際空港
ティルヴァナンタプラム トリヴァンドラム国際空港
ベンガルール ベンガルール国際空港
コルカタ ネタジ・スバス・チャンドラ・ボース国際空港
ナーグプル ナーグプル国際空港 2015年12月1日から運航再開[55]
  モルディブ マレ イブラヒム・ナシル国際空港
  ネパール カトマンズ トリブバン国際空港
  パキスタン イスラマバード イスラマバード国際空港
カラチ ジンナー国際空港
ラホール ラホール国際空港
ペシャーワル ペシャワル国際空港
スィアールコート スィアールコート国際空港
  スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港
中央アジア
  カザフスタン ヌルスルタン ヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港 2020年3月30日から就航予定[41]
アルマトイ アルマトイ国際空港 2020年4月1日から就航予定[41]
ヨーロッパ
  オーストリア ウィーン ウィーン国際空港
  フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
ニース コート・ダジュール空港 2017年7月4日から運航再開[56]
リヨン リヨン・サン=テグジュペリ国際空港 2020年6月23日から就航予定[41]
  ドイツ ベルリン ベルリン・テーゲル空港
フランクフルト フランクフルト空港
ミュンヘン ミュンヘン国際空港
シュトゥットガルト シュトゥットガルト空港
  ベルギー ブリュッセル ブリュッセル国際空港
  ギリシャ アテネ アテネ国際空港
テッサロニキ テッサロニキ・マケドニア国際空港 [57]
ミコノス島 ミコノス島空港 季節運航便[58][59]
サントリーニ島 en:Santorini International Airport 季節運航便 2020年5月20日より運航開始[60]
  イタリア ミラノ ミラノ・マルペンサ国際空港
ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港
ヴェネツィア ヴェネツィア・テッセラ空港
ピサ ガリレオ・ガリレイ空港 [61]
  マルタ マルタ国際空港 [62]
  オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
  ルクセンブルク ルクセンブルク市 ルクセンブルク=フィンデル空港 2018/2019年スケジュールから就航予定[49]
  ノルウェー オスロ オスロ空港
  ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港
サンクトペテルブルク プルコヴォ空港 [63]
  ウクライナ キエフ ボルィースピリ国際空港 [64]
  スペイン マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
バルセロナ バルセロナ・エル・プラット国際空港
マラガ マラガ=コスタ・デル・ソル空港 季節運航便[49][59]
  ポルトガル リスボン ポルテラ空港 [65]
  スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
ジュネーヴ ジュネーヴ・コアントラン国際空港
  デンマーク コペンハーゲン コペンハーゲン国際空港
  スウェーデン ストックホルム ストックホルム・アーランダ空港
  フィンランド ヘルシンキ ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 [66]
  セルビア ベオグラード ベオグラード・ニコラ・テスラ空港
  ハンガリー ブダペスト フェレンツ・リスト国際空港
  チェコ プラハ ルズィニエ国際空港 [67]
  ルーマニア ブカレスト アンリ・コアンダ国際空港
  トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
サビハ・ギョクチェン国際空港
アンカラ エセンボーア国際空港
アダナ en:Adana Şakirpaşa Airport [68]
ボドルム en:Milas-Bodrum Airport 季節運航便[59][69]
アンタルヤ アンタルヤ空港 季節運航便[59][69]
アンタキヤ・ハタイ en:Hatay Airport [70]
トラブゾン en:Trabzon Airport 2020年5月20日から就航予定[41]
  ブルガリア ソフィア ソフィア空港
  ポーランド ワルシャワ ワルシャワ・ショパン空港
  クロアチア ザグレブ ザグレブ国際空港
ドゥブロヴニク en:Dubrovnik Airport 季節運航便 2020年4月20日より運航開始[60]
  ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボ サラエボ国際空港 [71]
  北マケドニア スコピエ スコピエ空港 [72]
  エストニア タリン タリン空港 2018/2019年スケジュールから就航予定[49]
  イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
ロンドン・ガトウィック空港 [73]
マンチェスター マンチェスター国際空港
エディンバラ エディンバラ空港
カーディフ カーディフ空港 [74]
  アイルランド ダブリン ダブリン空港 [75]
オセアニア
  オーストラリア メルボルン メルボルン国際空港
パース パース空港
シドニー シドニー国際空港 [76]
アデレード アデレード空港 [77]
キャンベラ キャンベラ国際空港 シドニー経由[78]
  ニュージーランド オークランド オークランド国際空港 [79]
北アメリカ
  アメリカ合衆国 ダラス ダラス・フォートワース国際空港
ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
ヒューストン ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
ワシントンD.C. ワシントン・ダレス国際空港
マイアミ マイアミ国際空港
フィラデルフィア フィラデルフィア国際空港 [80]
ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港 [81]
ボストン ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 [82]
アトランタ ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 [83]
ラスベガス マッカラン国際空港 2017/2018年スケジュールから就航予定[47]
  カナダ モントリオール モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港
南アメリカ
  ブラジル サンパウロ グアルーリョス国際空港
リオデジャネイロ アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 2017/2018年スケジュールから就航予定[47]
  アルゼンチン ブエノスアイレス エセイサ国際空港
  チリ サンティアゴ・デ・チレ アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港 2017/2018年スケジュールから就航予定[47]
休止・廃止路線
  マレーシア ジョホール・バル スナイ国際空港 カーゴ
  タイ ウタパオ ウタパオ国際空港 [84]
  スペイン サラゴサ サラゴサ空港 カーゴ
  ルクセンブルク ルクセンブルク市 ルクセンブルク=フィンデル空港 2018/2019年スケジュールから運航再開予定[49]
  アメリカ合衆国 ニューヨーク ニューアーク・リバティー国際空港

サービス編集

機内サービス編集

 
カタール航空の客室乗務員

カタール航空の機内サービスの評価は国際的にも非常に高く、イギリスのスカイトラックス社による「5つ星航空会社」に認定されている11社のうちの1つに数えられる(2017年現在)。2007年にファーストクラス「世界第1位」の称号を受賞。中東地域におけるベストキャビンクルーの称号については6年連続獲得している(2008年現在)。さらに、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」賞では、2011年、2012年、2015年、2017年と4回1位を獲得しており、キャセイパシフィック航空シンガポール航空エミレーツ航空などと共に高い評価を受けている。また、保有機就航年数も平均約4年と世界の中で最も新しい飛行機を所有・運航しており、設立以来1度も重大事故を起こしていないことから安全性も高いと言える。

座席構成は、エアバスA380エアバスA330(※-200、-300の一部)がファーストクラスビジネスクラスエコノミークラスの3クラス、その他の機材はビジネスクラスエコノミークラスの2クラスで運航されている。

 
カタール航空の機内食

機内食豚肉を使わないムスリム食。日本路線においては、和食、ウエスタン、アラビア料理の3つのチョイスがある。事前予約が必要な特別食も充実している。また、エコノミークラスにおいてもビールワインウイスキーウォッカブランデーなど多様なスピリッツが無料で提供されている。

客室乗務員は世界100カ国以上出身の多国籍で構成されており、日本路線には日本語話者も常時2~3人程度乗務している。また、日本就航以前から日本人客室乗務員を採用しており、日本路線のみならず就航している全路線に乗務している。

地上サービス編集

ハマド国際空港にて、ビジネスクラス、ファーストクラスの乗客には、アル・ムルジャン ビジネスラウンジにて、食事やシャワーのサービスを提供している [85]。 乗り継ぎ時間が5時間から12時間ある乗客には、無料の市内観光ツアーが実施されている[86]。乗り継ぎ時間が8時間を超える乗客には、ホテルを提供している[87]

ドーハ国際空港を利用していた当時は、世界初となる、ファースト・ビジネスクラス専用「プレミアム・ターミナル」を2006年にドーハ国際空港に開設していた。スパ、サウナ、ジャグジ、マッサージ、仮眠室や、最先端の会議室、ビジネス施設、保育所、ビデオゲームルーム、レストラン、デューティーフリー・ショップなども設けられている。また、ドーハ国際空港にてヨーロッパ路線に乗り継ぐファーストクラス利用者には「プレミアムターミナル」から搭乗機まで、BMW・7シリーズでの送迎をしていた[88]

マイレージサービス編集

カタール航空のマイレージサービス「プリヴィレッジクラブ」は、ワンワールド加盟航空会社でコードシェア便を運航している日本航空アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズなどのほか、以下の会社とも相互協定を結んでいる。

受賞歴編集

  • 中東ベストキャビンクルー7年連続受賞(2009年時点)
  • ファーストクラス世界第1位(2007年)
  • 中東ベストエアライン(2009年)
  • ベストエコノミークラス(2009年)
  • Skytrax エアライン・オブ・ザ・イヤー[89](2015年)

その他、エアライン・オブ・ザ・イヤーにも毎年、上位にランクインしている。

アメリカのフライトスタッツ社の調べによると、定時到着率は83.64%[90]と高い。

その他編集

  • 垂直尾翼に描かれている同社のシンボルマークは、アラビアオリックスである。機内誌は『oryx』。
  • 2017年8月9日より、カタール国政府が査証無しで入国できる制度を開始した。この際に、最低6カ月間の有効期限のあるパスポートと帰路の航空券を提示すると、有効期限内なら何度でもカタールに入国できる複数回有効の査証が無料で発行される。なお本制度は国籍によって異なり、30日間滞在の場合は30日間有効となり、申請をするとさらに30日間の滞在延長ができる[91]。90日間滞在の場合は180日間有効となる[92][93]

コードシェア編集

ワンワールド加盟航空会社編集

その他編集

スポンサーシップ編集

2012年11月、カタール航空はFCバルセロナのスポンサーになるとともに商業スポンサーとしては史上初のユニフォーム胸スポンサーとなり[96]、2016年シーズン末で契約満了となった。

2014年10月、サウジアラビアのサッカークラブ、アル・アハリ(Al-Ahli)は推定年間1600万ドル(約17億6000万円)の3年契約を締結していたが2017年6月に国交断絶が発表されたわずか数時間後に契約を打ち切ると表明した。2018-19シーズンよりイタリア・セリエAローマとの胸スポンサー契約を交わした。その他アルゼンチンのボカ・ジュニアーズ、ドイツのバイエルンのオフィシャルエアラインにも指定されている。

2017年から22年まで国際サッカー連盟(FIFA)パートナーおよびオフィシャルエアラインとなった。また2018年アジア競技大会UEFA EURO 2020でもオフィシャルエアラインを担当した。

2019年から南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催するクラブチームの大会コパ・リベルタドーレスコパ・スダメリカーナレコパ・スダメリカーナも含む)の公式スポンサーを務めている。

テニスでは2014年に開催されたインターナショナルプレミアテニスリーグの共同スポンサーとしてコカ・コーラとともに支援していた。

競馬でも、世界最高峰級レースである凱旋門賞のスポンサーを長年にわたり務めている。

注釈編集

  1. ^ 日本語のメディアでは「アクバル・アル・バクル」「アクバル・アル・ベイカー」「アクバル・アル・バケル」などと表記されることがある。

参考文献編集

  1. ^ 5-Star Airline Rating SKYTRAX
  2. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)”. 2015年9月26日閲覧。
  3. ^ http://www.qatarairways.com/global/en/newsroom/archive/press-release-14Nov07_b.html
  4. ^ カタール航空、10月末から成田、関西/ドーハ線をそれぞれ直行便で運航 FlyTeam 2012年6月13日付
  5. ^ カタール航空、ワンワールド正式加盟へ Aviation Wire 2013年9月9日付
  6. ^ [1]
  7. ^ Airline to officially operate out of state-of-the-art facility commencing May 27 Qatar Airways 11 May 2014
  8. ^ Qatar Airways’ Passengers to Enjoy Five-Star Experience at New World-Class Airport All Qatar Airways Flights to Operate from HIA from 09:00 on 27 May 26 May 2014 Qatar Airways 27 May 2014
  9. ^ カタール航空、拠点空港の完全移転を実施…ドーハ路線はハマド国際空港発着に Response 2014年5月27日付
  10. ^ カタール航空、深夜早朝枠で羽田/ドーハ線就航 787で運航 FlyTeam 2014年3月6日付
  11. ^ カタール航空、6月18日から羽田/ドーハ線に就航 FlyTeam 2014年6月18日付
  12. ^ エアバス、カタール航空にA380初納入” (日本語). Aviation Wire. 2019年10月5日閲覧。
  13. ^ Walków, Marcin (2019年3月1日). “Qatar Airways przestaną latać Airbusami A380. Wycofają je ze swojej floty” (ポーランド語). Business Insider. 2019年10月5日閲覧。
  14. ^ エアバス新型機A350、1号機をカタール航空に納入(CNN 2014年12月23日
  15. ^ カタール航空 A350XWB(カタール航空公式サイト)
  16. ^ カタール航空 関西-ドーハ線 運休のお知らせ。 - カタール航空公式 > お知らせ(更新日不明 / 2015年12月10日閲覧)
  17. ^ カタール航空、関空線きょうで運休 就航から11年で traicy 2016年3月31日付
  18. ^ カタール航空、ドーハ/オークランド線に就航 世界最長の直行便 FlyTeam 2017年2月6日付
  19. ^ a b カタール航空、大阪/関西〜ドーハ線を約4年ぶりに再開 2020年4月6日から traicy 2019年9月16日付
  20. ^ http://sky-budget.com/2020/03/19/qatar-airways-suspend-hnd-delay-kix/ [出典無効]
  21. ^ カタール航空とサウディア、国交回復受け直行便を再開
  22. ^ カタール航空とエジプト航空、直行便再開へ サウジアラビアに続き
  23. ^ カタール航空 A350 XWB(カタール航空公式サイト)
  24. ^ カタール航空、A350の13機を運航停止 塗装剥離を問題視
  25. ^ https://sky-budget.com/2022/04/26/qatar-airways-loses-a321-order-for-airbus/
  26. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/259279
  27. ^ カタール航空の機材”. カタール航空. 2020年4月5日閲覧。
  28. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「#2」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  29. ^ Qatar Airways Fleet Details and History - Planespotters.net
  30. ^ http://www.qrcargo.com/ourfleet
  31. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/259279
  32. ^ カタール航空、12月中旬にA380の運航再開 保管機を再稼働
  33. ^ カタール航空、737-10 MAXを最大50機発注 A321neoキャンセルの代替 | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年2月1日閲覧。
  34. ^ カタール航空、ドーハ/ソハール線に就航 8月8日からA320で週3便
  35. ^ カタール航空、カサブランカ経由のドーハ/マラケシュ線に就航 週3便
  36. ^ カタール航空、5月にマラケシュ経由のドーハ/ラバト線を開設 週3便
  37. ^ カタール航空、マラケシュ経由ドーハ/ラバト線に就航 モロッコ3都市目
  38. ^ カタール航空、ドーハ/モンバサ線に週4便で就航 ケニア2路線目
  39. ^ カタール航空、ドーハ/セーシェル線に就航 2016年の就航地は14都市に
  40. ^ a b c カタール航空、2017夏スケジュールまでに開設する14路線を発表
  41. ^ a b c d e f g h カタール航空、新たに8都市に就航 ヌルスルタンやリヨンなど
  42. ^ カタール航空、ドーハ/ウィントフック線に就航 787で週4便
  43. ^ カタール航空、ヨハネスブルグ経由のドーハ/ハボローネ線に就航 週3便
  44. ^ カタール航空、就航を延期していたドーハ/成都線 9月に開設 FlyTeam 2013年8月6日付
  45. ^ カタール航空、ドーハ/成都線に就航 FlyTeam 2013年9月4日付
  46. ^ カタール航空、深夜早朝枠で羽田/ドーハ線就航 787で運航 FlyTeam 2014年3月6日付
  47. ^ a b c d カタール航空、2017/2018スケジュールの新規就航8路線を発表
  48. ^ カタール航空、ドーハ/ペナン線に就航 787-8で週3便
  49. ^ a b c d e カタール航空、2019年までに16路線を開設へ ルクセンブルク線など
  50. ^ カタール航空、ドーハ/クラビ線を週4便で就航 タイ3路線目
  51. ^ カタール航空、チェンマイ就航 季節定期便で週4便
  52. ^ カタール航空、ドーハ/ダナン線に就航 787で週4便
  53. ^ カタール航空、9月以降の新規3路線を発表 マニラ・クラークにも就航
  54. ^ カタール航空、ドーハ/ダバオ線に週1便で就航 クラーク経由で三角運航
  55. ^ カタール航空、12月1日からドーハ/ナーグプル線を復便 デイリー運航
  56. ^ カタール航空、7月からドーハ/ニース線に直行便で就航へ 週5便
  57. ^ カタール、テッサロニキ線に就航 A320で週4便 5月にはミコノス島線も
  58. ^ カタール航空、ドーハ/ミコノス島線に季節便 A320で週4便
  59. ^ a b c d カタール、来夏もミコノス・アンタルヤ・ボドルム・マラガ線で季節便
  60. ^ a b カタール航空、サントリーニ島とドブロブニクに季節定期便 今夏スケジュールで
  61. ^ カタール航空、ドーハ/ピサ線のデイリー運航を開始 イタリア4路線目
  62. ^ カタール航空、ドーハ/バレッタ線に就航 夏は1日1便 冬は週4便に
  63. ^ カタール航空、ドーハ/サンクトペテルブルグ線に就航 A320でデイリー運航
  64. ^ カタール航空、ドーハ/キエフ線に就航 A320でデイリー運航
  65. ^ カタール航空、ドーハ/リスボン線に就航 ポルトガル初の就航地
  66. ^ カタール航空、ドーハ/ヘルシンキ線のデイリー運航を開始 初便はA350
  67. ^ カタール航空、ドーハ/プラハ線に就航 A320でデイリー運航
  68. ^ カタール航空、ドーハ/アダナ線にA320で就航 トルコ4路線目
  69. ^ a b カタール航空、ドーハ/ボドルム線に就航 9カ月でトルコ3空港乗り入れ
  70. ^ カタール航空、ドーハ/アンタキヤ線に就航 A320で週3便 トルコ5路線目
  71. ^ カタール航空、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ線に就航 週4便
  72. ^ カタール航空、7月17日からドーハ/スコピエ線を開設へ 週4便
  73. ^ カタール航空、ドーハ/ロンドン・ガトウィック線に787で就航
  74. ^ カタール、5月就航のドーハ/カーディフ線の初便にA350-900投入
  75. ^ カタール航空、ドーハ/ダブリン線のデイリー運航開始 A350もお披露目
  76. ^ カタール航空、2016年3月にドーハ/シドニー線を開設 777でデイリー運航
  77. ^ カタール航空、2016年5月からドーハ/アデレード線にA350で就航
  78. ^ カタール航空、シドニー経由のドーハ/キャンベラ線に就航 777で1日1便
  79. ^ カタール航空、ドーハ/オークランド線に就航 世界最長の直行便
  80. ^ カタール航空、ドーハ/フィラデルフィア線にA350投入 米路線の定期便で初
  81. ^ カタール航空、カタール航空、2016年をドーハ/ロサンゼルス線の開設でスタート
  82. ^ カタール航空、ドーハ/ボストン線に就航 ボストンで定期便初のA350
  83. ^ カタール航空、ドーハ/アトランタ線で旅客便を就航 貨物輸送量も拡大
  84. ^ カタール航空、ドーハ/ウタパオ線に就航 787-8で週4便
  85. ^ ハマド国際空港のアル・ムルジャン ビジネスラウンジ - カタール航空
  86. ^ Enjoy a complimentary tour of Doha - カタール航空
  87. ^ Transit accommodation - カタール航空
  88. ^ http://www.his-j.com/kix/aircpn/qatar-air/qatar-index2.html [リンク切れ]
  89. ^ MULTI AWARD-WINNING QATAR AIRWAYS WINS ‘AIRLINE OF THE YEAR’ HONOUR AT 2015 SKYTRAX AIRLINE AWARDS(カタール航空公式)
  90. ^ https://csnews.jp/overseas/aviation/20180126_14314.html
  91. ^ 日本もこの制度の対象となっている他、アメリカ韓国ベネズエラシンガポールマレーシア香港カナダブラジルなどの計47か国が当てはまる。
  92. ^ [2]
  93. ^ 該当国はオーストリアフィンランドなどのヨーロッパ諸国を中心とした33か国。
  94. ^ カタール航空、アメリカン航空とコードシェア 米国内線で” (日本語). Aviation Wire. 2020年6月27日閲覧。
  95. ^ https://flyteam.jp/news/article/115439
  96. ^ Qatar Airways becomes Barcelona's shirt sponsors, albawaba.com, November 17th, 2012

外部リンク編集