カダカイ・セチェン

カダカイ・セチェンQadaqai sečen, 生没年不詳)は、チンギス・カンの次男チャガタイの曾孫で、モンゴル帝国の皇族。『集史』ではقداقی سچان (Qadāqaī Sachān) と表記される。カダキ・セチェン(Qadaqi sečen)とも。

概要編集

カダカイ・セチェンの出自について、『集史』は写本によって記述が異なり、チャガタイの息子とする写本と、チャガタイの孫ブリの息子とする写本の2系統が存在する。しかし、『集史』の他の箇所や『五族譜』、『高貴系譜』といった諸史料では一致して「チャガタイの息子モエトゥケンの息子ブリの息子カダカイ」と記録しており、ブリの息子とするのが正しいと考えられている[1]

『五族譜』、『高貴系譜』といった史料にはモンケ・カーンの下に仕えており、モンケの命によって「バクシのように髪を剃っていた」と記されている。また、モンケ・カーンの南宋親征に従い、その途上で亡くなったという[2]

カダカイ・セチェンの息子の一人、ブカ・テムルは一時チャガタイ・ウルス君主の座に就いたが、病死してその後をドゥアが継いだ。以後、ドゥア家がチャガタイ・ウルスを統治するようになり、カダカイ・セチェンの子孫について記録は残らなくなる。

子孫編集

カダカイ・セチェンにはナリク、ブク、ブカ・テムル、ブカという4人の息子がいたことが知られている。

また『集史』「チャガタイ・ハン紀」によると、ナリクにはテムル、ウラダイ、トゥメンという3人の息子が、ブクにはズル・カルナインとアリーという2人の息子が、ブカ・テムルにはオルク・テムルとオルジェイテイという3人の息子がそれぞれおり、ブカのみに子供がいなかったという[3]

チャガタイの孫ブリの家系編集

  • チャガタイČaγatai>察合台/چغتاى Chaghatāī)
    • モエトゥケン (Mö'etüken>مواتوكان Muwātūkān )
      • ブリ (Buri>不里/بورى Būrī)
        • アビシュカ (Abišqa>ابيشقه Abīshqa)
        • 威遠王アジキ (Aǰiqi>阿只吉/آجيقی Ājīqī)
        • カダカイ・セチェン(Qadaqai sečen>قداقی سچان Qadāqaī Sachān)
          • ナリク (Naliqu>تالیقو Nālīqū)
          • ブク (Buqu>بوقو Būqū)
          • ブカ・テムル (Buqa Temür>بوقا تیمور Būqā Tīmūr)
          • ブカ (Buqa>بوقا Būqā)
        • アフマド (احمد Aḥmad)
        • エブゲン (Ebügen>ابوكان Abūkān)

脚注編集

  1. ^ 川本2017,95-99頁
  2. ^ 川本2017,99頁
  3. ^ 川本2017,98頁

参考文献編集

  • 宇野伸浩「『集史』第1巻「モンゴル史」の諸写本におけるチャガダイ・カンの息子達の順序の混乱」『人間環境学研究』、2012年
  • 川本正知「チャガタイ・ウルスとカラウナス=ニクダリヤーン」『西南アジア研究』86号、2017年