カッシナの戦い(カッシナのたたかい、イタリア語Battaglia di Cascina)は、14世紀半ばのイタリアにて、フィレンツェ共和国軍とピサ共和国en. cf. ピサ)軍の間で行われた戦いである[1]

ミケランジェロによる「カッシナの戦い」下絵(サンガッロによる模写)

この戦いを題材にした、ミケランジェロによる未完の作品の存在が知られる[2]。日本語文献では「カッシーナの戦い[3]カスチーナの戦い[4]と表記されることもある。

概要編集

1364年、司令官の病気と続く暑さのため、カッシナ(カーシナ)で休憩中のフィレンツェ共和国軍をピサ共和国軍が攻撃[1]。結果、フィレンツェ側が勝利した[1]

創作作品編集

絵画

フィレンツェ共和国のピエロ・ソデリーニミケランジェロヴェッキオ宮殿壁画『カッシナの戦い』を発注し、下絵は完成したものの実際に壁画の制作は行われなかった。その下絵は後に多くの芸術家によって勉強の為にコピーされ消耗し失われた。現在、バスティアーノ(アリストーテレ)・ダ・サンガッロイタリア語版による模写が伝わっている。

脚注・出典編集

  1. ^ a b c 若桑(1999年)
  2. ^ ミケランジェロ 未完の壁画|「アンギアーリの戦い」展から<下>”. アルトネ (2018年6月1日). 2020年7月27日閲覧。
  3. ^ 清水義範. “第二部 北イタリア編 第14回 フィレンツェ(後)(2)”. 夫婦で行くイタリア歴史の街々(web 集英社文庫). 集英社. 2018年5月30日閲覧。
  4. ^ アンギアーリの戦い”. MUSEY. 2018年5月30日閲覧。

参考文献編集

  • 若桑みどり 『フィレンツェ―世界の都市と物語』文藝春秋文春文庫〉、1999年4月。ISBN 978-4-1672-9102-0 

関連項目編集