メインメニューを開く

カップ・アルコナ (Cap Arcona) は、ドイツクルーズ客船ハンブルク南アメリカ航路に就航していた。1945年にイギリス空軍により沈められた。本船にはドイツの収容所に収容されていた人が乗っており、多くが犠牲となった。

Cap Arcona 1.JPG
基本情報
建造所 ブローム・ウント・フォスハンブルク造船所
経歴
起工 1926年7月21日
進水 1927年5月14日
就航 1927年10月29日
その後 1945年5月3日に沈没
要目
総トン数 27,561トン
排水量 基準:11,500トン
全長 205.9 m (675.52 ft)
全幅 25.8 m (84.6 ft)
喫水 12.8 m (8.7 m)
機関方式 蒸気タービン2基2軸推進
最大出力 17,500 hp
最大速力 20.0ノット
旅客定員 475名
テンプレートを表示

船歴編集

 
カップ・アルコナの図面

27,500総トンのカップ・アルコナは、メクレンブルク=フォアポンメルン州にあるリューゲン島アルコナ岬から命名され、1927年に進水した。当時、最も美しい船の一つとされていたカップ・アルコナは、ハンブルク・南アメリカライン(Hamburg Südamerikanische Dampfschifffahrts-Gesellschaft, ハンブルク・スッド、2017年にマースクラインにより買収)の船団の旗艦として、ハンブルク・ブエノスアイレス航路に就航し、上流階級の旅行者やsteerage-class(最下等船室)の移民を、主に南アメリカへ運んでいた。

1940年、カップ・アルコナはドイツ海軍に接収され、バルト海ゴーテンハーフェンの岸壁で宿泊艦として使用された。1942年、ナチス・ドイツ製作の映画『タイタニック』において、タイタニックの代役として使用された。1944年終わり、カップ・アルコナは東プロイセンからドイツ西部への避難民の輸送に使われた。

沈没編集

攻撃を受け炎上中のカップ・アルコナ
リューベック湾の見取り図
白い点がカップ・アルコナの沈没地点

ヨーロッパでの戦争の最後の数週間、スウェーデンの外交官で赤十字社副総裁のフォルケ・ベルナドッテは、ドイツの収容所からデンマーク人とノルウェー人の収容者を中立国スウェーデンへ移送していた。この計画は「白バス」として知られる。実際はこの計画には他の国の人も含まれていた。

1945年4月26日、カップ・アルコナはハンブルク付近のノイエンガンメ強制収容所から収容者を乗せ、二隻の小型船Athenとティールベクと共にリューベック湾へ移動した。

1945年4月30日、二隻のスウェーデン船MagdalenaとLillie Matthiessenが収容者を乗せてリューベック湾を発った。

1945年5月3日、カップ・アルコナ、ティールベクと病院船に改装された客船ドイッチュラントがイギリス軍機によって沈められた。沈められた三隻には7千から8千人の収容者が乗っていた。半数はロシア人とポーランド人捕虜で、他はフランス、デンマーク、オランダなど24カ国の人であった。岸にたどり着いた生存者は親衛隊に射殺されたが、350人が逃げ延びた。約490名の乗員や親衛隊員がドイツの船に救助された。

 
カップ・アルコナ沈没犠牲者の慰霊碑

外部リンク編集