カップ一揆

ベルリンで軍部が起こしたクーデター事件

カップ一揆(カップいっき、: Kapp-Putsch)は、1920年3月13日ドイツ国ベルリンで軍部が起こしたクーデター事件。

カップ一揆
ベルリン市内の一揆軍
カップ一揆
Bundesarchiv Bild 119-2815-20, Wismar, Kapp-Putsch, Reichswehrsoldaten.jpg
カップ一揆
場所 ドイツの旗 ドイツ国
ベルリン
日付 1920年3月13日
概要 ドイツ義勇軍解散に反対した軍部と政治家が起こしたクーデター事件。
武器 銃器
死亡者 不明
負傷者 不明
犯人 ヴォルフガング・カップヴァルター・フォン・リュトヴィッツ将軍、ヘルマン・エアハルト少佐
動機 ドイツ義勇軍の解散
テンプレートを表示

ヴァイマル共和政によるヴェルサイユ条約批准後の軍縮義勇軍(フライコーア)の解散に反対した政治家ヴォルフガング・カップとベルリン防衛司令官ヴァルター・フォン・リュトヴィッツを中心として企てられ、実行された[1]リュトウィッツ=カップ一揆[1]またカップ・リュトヴィッツ一揆ともいう[2]義勇軍の一部隊であるエアハルト海兵旅団によってベルリンを占領、新政府樹立を宣言したが、計画が浅く、行政機関を握ることに失敗した為、クーデターは3月17日に終焉した。カップ一揆に対して行われたゼネストは、ルール蜂起と呼ばれる大規模な左派の反乱の発端となった。

経緯編集

 
ヴァルター・リュトヴィッツ(左)とグスタフ・ノスケ(右)(1920年)

背景編集

 
カップ一揆時のヘルマン・エアハルト(車上左)エアハルト海兵旅団はバイエルン・レーテ共和国鎮圧にも参加していた。

ヴェルサイユ条約後、ドイツの軍縮が連合国の講和条件になったため、ヴァイマル共和政政府グスタフ・ノスケ国防相は、正規国防軍35万を11万5千人に縮小し、義勇軍25万を1920年3月31日までに完全解散することにした[1][3][* 1]。これに反発したドイツ国家人民党ヴォルフガング・カップとベルリン防衛司令官ヴァルター・フォン・リュトヴィッツは1920年3月9日、エーベルト大統領に撤回を要求したが、ノスケ国防相はリュトヴィッツを解任し、カップの逮捕を命じた[2]

ドイツが第一次世界大戦(1914年から1918年)に敗れた後、1918年から1919年のドイツ革命は君主制を終わらせた。 ドイツ帝国は廃止され、民主主義体制であるヴァイマル共和国が1919年にヴァイマル国民議会によって設立された。 右翼のナショナリストと軍国主義のサークルは、新共和国に反対し、無敗のドイツ軍の努力が国内の民間人によって弱体化されたためにのみ勝利が失われたと主張して、後ろから突き刺す神話(背後の一突き)を推進した。

1919年から20年にかけて、ドイツ政府は、ドイツ社会民主党(SPD)、ドイツ民主党(DDP、中道左派の自由主義者)、および中央党(保守的なカトリック教徒)で構成されるワイマール連合が成立した。フリードリヒ・エーベルト大統領グスタフ・バウアー首相グスタフ・ノスケ国防相、三人ともSPDの党員であった。ヴァイマル憲法によると、大統領は平時の際の国軍最高指揮者であった。陸軍の総司令官は、ヴァルター・ラインハルト将軍が1920年初頭に務めた役職である陸軍統帥部長官である。

グスタフ・バウアーは、1919年にヴェルサイユ条約に同意しなかったにもかかわらず、署名する義務があった。条約は、第一次世界大戦に勝利した連合国によって決定された。それはドイツに戦争の責任を負わせ、ドイツの全ての植民地を没収し、さらに本土も縮小し、巨額の賠償金と軍事的制限を課した。1919年初頭、通常のドイツ軍であるヴァイマル共和国軍の戦力は35万人と推定され、25万人以上の兵士が、主に戦争から戻ってきた兵士で構成される準軍組織であるドイツ義勇軍に参加していた。ドイツ政府は、戦後、共産主義者の反乱を鎮圧するためにドイツ義勇軍を派遣していた。1920年1月10日に発効されたヴェルサイユ条約の条件の下で、ドイツは陸軍兵力最大10万人に減らすことを要求された。最初の期限は1920年3月31日に設定された。(後に年末まで延長された)この条約により、ドイツ義勇軍は解散すると予想された。義勇軍創設の理由である内部抑圧は左翼の蜂起の崩壊によって時代遅れになったので、義勇軍は政府への脅威になりつつあった。一部の司令官は早くもクーデターの可能性について議論し始めた。

ベルリン占領編集

3月12日、リュトヴィッツは配下のヘルマン・エアハルト率いるドイツ義勇軍エアハルト海兵旅団にベルリン進撃を命じ、翌13日早朝、義勇軍12,000人がベルリンを占領し、カップは新政府樹立を宣言した[2]。国防大臣グスタフ・ノスケは、ヴァイマル共和国軍[* 2]に対して治安出動を命じた。しかし国防軍同士の戦闘を忌避した兵務局(プロイセン参謀本部)長ハンス・フォン・ゼークトはこれを拒否したため、安全確保のため大統領フリードリヒ・エーベルトはベルリンを脱出してシュトゥットガルトに大統領府を移転させた[2]。国家人民党、ドイツ国民党、経済界は新政府を支持した[2]。また、エアハルト海兵旅団はユダヤ人へのポグロムを始めようとしたが、カップは制止した[4]

ゼネスト・ルール蜂起編集

しかし、社会民主党、独立社会民主党、共産党、ドイツ労働総同盟はクーデターに対抗して14日から全国的なゼネストを行い、15日にはルール地方の5万人の左翼復員兵がルール赤軍を名乗り、ハーゼンクレーファーの義勇軍を襲撃し、軍を駆逐した[2]

3月17日にカップは退陣し[2]、その後カップはスウェーデンへ逃げた[4]

労働総同盟レギーンは軍の徹底的な粛清と労働者政府の樹立を求めたが、連合国への配慮などから立ち消えとなり、ルール赤軍によるルール蜂起も4月、共和国軍によって鎮圧された[2]

一揆後編集

カップ一揆に参加したヘルマン・エアハルト率いるドイツ義勇軍エアハルト海兵旅団は解散を命じられるがコンスルを組織して暗殺活動を繰り返した[5]

バイエルン州軍と義勇軍は社民党のホフマン首相の退陣を要求し、王党派・右派のグスタフ・カール・リッターが新首相となった[2]。カップ一揆の鎮圧を主張していたラインハルト統帥部長官は辞職し、ゼークトが後任となり、規律になじまない義勇軍を排除する一方で、軍を政府の介入を許さない独立組織として構築した[2]。カールバイエルン首相はバイエルンを反革命過激派の安息地にしたが、1921年春、連合国の圧力でバイエルン住民防衛軍は解散させられたため、バイエルンではベルリン中央政府への憤激が強まった[6]。住民防衛軍の後継組織「同盟バイエルンと帝国」(指導者オットー・ピンティンガー)やミュンヘン祖国協会、ヘルマン・エアハルトのヴァイキング同盟(Bund Wiking)が結成[6]

国会でヴィルト首相は「敵は右にいる」と発言するなど、当時のドイツ国内での右派と左派の対立は激しかった[2]

1921年8月、コンスルが元蔵相エルツベルガーを暗殺すると、ドイツ政府は過激派右翼を取り締まろうとしたが、バイエルン州政府は州権を盾に拒否した[2]。同1921年8月、エアハルト海兵旅団の元隊員がドイツ労働者党の体操スポーツ部門に入り、10月にはナチ党の突撃隊となった[6]エルンスト・レームの帝国旗団(Bund Reichskriegsflagge)はフランケン地方から南バイエルンにも勢力を伸ばした[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ドイツ史 3では、軍は1920年1月に義勇軍をあわせて25万、7月には全体で10万に縮小することとなったと記載されている[2]
  2. ^ ヴァイマル共和政時代のドイツ軍の呼称はReichswehrという。1935年のドイツ再軍備宣言を契機に、軍の呼称はドイツ国防軍(Wehrmacht)に変更される。

出典編集

  1. ^ a b c 三石善吉2016,p.57.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m ドイツ史 3,p.135-146.
  3. ^ Sebastian Haffner,“Die Deutsche Revolution 1918/19”,2010,S.216.三石善吉2016引用.
  4. ^ a b モッセ1998,p.279-303.
  5. ^ カーショー上巻,p.197.
  6. ^ a b c d カーショー上巻,pp.196-201.

参考文献編集

  • 木村, 靖二成瀬, 治山田, 欣吾 編 『ドイツ史 3』山川出版社〈世界歴史大系〉、1997年7月。 
  • イアン・カーショー 『ヒトラー(上)1889-1936 傲慢』石田勇治監修、川喜田敦子訳、白水社、2016年1月20日。ISBN 978-4560084489 
  • 三石善吉「武器なき国防-「カップ一揆」を押し潰す」『筑波学院大学紀要』第11巻、筑波学院大学、2016年、 57-73頁。
  • ジーン・シャープ(Gene Sharp), “Civilian-Based Defense A Post-Military Weapon System”, 1990,Princeton UniversityPress, Albert Einstein Institution.
  • ジョージ・モッセ 著、植村和秀, 城達也, 大川清丈, 野村耕一 訳 『フェルキッシュ革命 ドイツ民族主義から反ユダヤ主義へ』柏書房、1998年。 

文献案内編集

  • 上杉重二郎『統一戦線と労働者政府-カップ叛乱の研究』風間書房1978

外部リンク編集

関連項目編集