メインメニューを開く

カツラノハイセイコ1976年5月13日 - 2009年10月8日)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬種牡馬ハイセイコーの初年度産駒の一頭で、父が現役時代に勝てなかった日本ダービー天皇賞(春)を優勝。

カツラノハイセイコ
カツラノハイセイコ.jpg
2000年4月8日
阪神競馬場功労馬特別展示
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1976年5月13日
死没 2009年10月8日(33歳没)
ハイセイコー
コウイチスタア
母の父 ジャヴリン
生国 日本の旗 日本
北海道浦河郡浦河町
生産 鮫川三千男
馬主 桂土地(株)
調教師 庄野穂積栗東
競走成績
生涯成績 23戦8勝
獲得賞金 3億1216万200円
勝ち鞍 東京優駿(1979年)
天皇賞・春(1981年)
目黒記念・秋(1980年)
マイラーズカップ(1981年)
テンプレートを表示

馬名の「カツラノ」とは馬主の「桂土地株式会社」の冠名で、「ハイセイコー」でないのは「馬名は9文字以内」という制限のためであり、現役時はよくネタにされた。

馬齢2000年まで使用されていた旧表記(数え年)を用いる。

生涯編集

誕生・デビュー前編集

1976年5月13日北海道浦河郡浦河町の鮫川三千男牧場に誕生。父・ハイセイコー大井で6戦6勝の実績を引っさげて中央入りすると、皐月賞を含む10連勝で日本ダービーに挑むも、タケホープの3着に敗れた。その後大レースの勝ち鞍は宝塚記念を加えたのみながら、地方からのし上がり健気に走る姿は老若男女の心を打ちハイセイコーブームを巻き起こした。中央での成績は16戦7勝ながら、中央競馬への貢献が評価されて1984年顕彰馬として殿堂入りしている。種牡馬としてもカツラノハイセイコの他、1989年エリザベス女王杯馬・サンドピアリス1990年の皐月賞馬・ハクタイセイなどを輩出。ライフタテヤマなどダートにも強く、地方でもキングハイセイコーを輩出するなど大きな足跡を残した。母・コウイチスタアは現役時を12戦1勝で終えた凡馬であったが、鮫川牧場の仔分けでその母系は小岩井農場の基礎輸入牝馬の1頭であるフロリースカップに遡り、その娘のスターリングモアは1929年に鮫川の祖父が当歳で買い取って帝室御賞典を含む10勝を挙げた。このスターリングモアの子孫にはヤシマドオターリキエイカンなどがいる。ブルードメアサイアーのジャブリンは1957年アイルランドで産まれた名血で、1965年より日本でも供用された。コウイチスタアも当然繁殖馬として期待されたが、4年間も不受胎が続いていたためか、あわや「繁殖牝馬失格」のレッテルを貼られる寸前の馬であった。鮫川は元々タケホープを配合させようと考えていたが、コウイチスタアがあまり馬格のない馬であったため、体が大きくスピードのありそうな種牡馬ということで、中距離が得意で540kg[1]に達する巨漢馬であったハイセイコーを交配。結果的に生まれたカツラノハイセイコは5年目の初産駒であったが、祖先のスターリングモアが小柄な馬であったため、このカツラノハイセイコも大きく育たなかった。最盛期でも450kg台と牡馬としては小柄の部類であり、鮫川の思惑とは異なることとなったが、カツラノハイセイコに限らずハイセイコーの初年度産駒(55頭)は父に似ない小柄な馬が多く誕生していた。後に大川慶次郎は「父親(ハイセイコー)と似ていない馬はよく走る」と言ったが、産駒デビュー前であり当時の競馬関係者にはそのような認識はなかった。初年度のハイセイコー産駒の中ではまだ評価されていたほうであり、棹性が強く闘志は備わっている様子であった。栗東庄野穂積調教師が購入を決め、馬主の桂土地株式会社に勧めたが、入厩したカツラノハイセイコを見て落胆。牧場で見た時からあまり成長しておらず、馬体が大きく変化した様子が見られなかったからである。

3 - 4歳編集

1978年(3歳)9月1日札幌作田誠二を背にデビューしたが、勝ち馬から10馬身以上の大差を開かれて4着。デビュー時の馬体重が現役時で最も重く、480kg近くまで太っていた。その後も人気より上の着順で入ったが、未勝利戦を5着、2着と連敗。レースが調教代わりとなったのか、馬体は450kg台まで絞れた。京都での4戦目からは鞍上を福永洋一にバトンタッチし、1番人気に推されたダート1200mの未勝利戦で初勝利を挙げる。その後は12月阪神開催から芝の400万下特別戦を使い、掲示板は外さなかったものの、かえで賞2着・さざんか賞3着と惜敗で終えた。1979年(4歳)になると突如覚醒。正月の京都から始動して呉竹賞(400万下)・ジュニアカップ(800万下)・4歳ステークスを軽々と3連勝し、一躍クラシックの有力候補となった。呉竹賞に勝った際、検量所に引き揚げた福永は担当厩務員に「今年、この馬が一番強いんちゃうか」と囁いた。しかし福永はクラシック戦線で服部正利厩舎の良血馬・ニホンピロポリシーに騎乗することが決まっていたため、ジュニアC以降は福永の兄弟子である松本善登が騎乗。松本を鞍上に据えてからは激しいレースをするようになり、細い首をツル首にして目を血走らせ、チャカチャカと入れ込み、股は汗で真っ白な塩をふいた。胴は牝馬のように細く巻き上がり、肋骨が浮き出し一見ガレているようにも見えたが、蹴り癖があったため尾に要注意の標として赤いリボンを付けていた。レースでは横に来た馬には絶対に抜かせず、僅かな間隙を割って前の馬に襲いかかるなど、まるで馬群を切り裂くような進出の仕方であった。東上して挑んだ初重賞のスプリングステークスでは1番人気に推され、ここで重賞3連勝を達成するリキアイオーの逃げは捕らえられなかったものの首差の2着。敗れたものの皐月賞への期待を膨らませたが、調整のために滞在していた美浦トレセンの水道水を嫌って飲まなかった影響か直前で熱発してしまい、どうにか間に合って当日は5番人気であった。レースでは道中は後方に置かれたが、直線では持ち前の根性で追い上げてビンゴガルーの2着となった。父子制覇の夢は幻に終わったが、皐月賞後は東京競馬場へ移動。東京の水は良く飲んだこともあって馬体も回復の兆候を見せ、東京コースに慣れさせるためにNHK杯へ出走。メジロアサマ産駒のメジロエスパーダに次ぐ2番人気に推されたが、早仕掛けで末脚をなくしてロングエース産駒のテルテンリュウの3着に終わる。日本ダービーでは同世代の実力が均衡するなか、父が勝てなかったダービーを勝たせたいというファン心理も手伝って僅差の1番人気に支持される。レースでは7番枠で1コーナー10番手以内というダービーポジションを確保すると、緩みのないペースに身を置いて、直線手前ではライバルを尻目に3番手につけた。直線の内ラチ沿いを駆けると、割るように伸びて逃げ込みを図ったリキアイオーを交わしにかかった。内がカツラノハイセイコ、中がリキアイオー、外がテルテンリュウという位置取りで3頭の叩き合いとなったが、残り300mで抜け出しを図ろうとしたテルテンリュウが内に切れ込み馬体を合わせ、2頭に挟まれたリキアイオーは脚が上がって脱落。その煽りを受けて、虎視眈々と狙っていた嶋田功騎乗の抽選馬・リンドプルバンは抜け出す進路が塞がれた。440kgと小柄なカツラノハイセイコは500kg近いテルテンリュウのぶつけられても怯むことなく、闘志を剥き出しにし、逆に残り100mでテルテンリュウを振り切るが、体勢を立て直したリンドプルバンが外から猛追。鼻面を揃えたところがゴールであり、約10分ほどの長い写真判定の末[2]、カツラノハイセイコに軍配が上がった。父がタケホープにさらわれたダービー制覇の夢を叶え、ファンはドラマに酔いしれた。リンドプルバンは嶋田を背に4歳中距離特別を勝ってダービーに臨んでいたが、奇しくもタケホープと同じであった。鞍上の松本はかつて栗田勝の控え騎手であったが、シンザン第10回有馬記念を制していた。しかし栗田がシンザンの出走をめぐって武田文吾調教師と衝突し、深酒を続けた挙げ句に最後のレースを棒に振ったため、その代打として騎乗したものであった。調教での騎乗技術は高く評価されていたが、レースでの騎乗は栗田に回っていた。しかしそんな状況でも腐らず「仏の善さん」と皆から慕われていたが、栗田に衰えが見え始めた頃に福永が入る。福永が「天才」として頭角を表すと、今度は福永の控え騎手となる。そしていつしか現役最年長騎手になっており、この頃には調教師試験を毎年受験していた。当時45歳・騎手生活25年目にして初のクラシック制覇を成し遂げ、この時点では最高齢でのダービー制覇となった[3]父内国産馬の勝利は1959年コマツヒカリ以来20年ぶりで、勝ち時計の2分27秒3は当時のダービーレコードであった。ダービー後は夏の間に熱発や鼻骨骨折に見舞われたこともあり、万全の状態で秋を迎えられなかった。何とか体調を戻して中京で行われた京都新聞杯に出走したが、ファインドラゴンの10着と敗れた。さらにレース後には脚部不安や馬には珍しいとされる肺炎を罹ったため、菊花賞を断念して長期休養に入った。

5歳編集

1980年(5歳)は肺癌で倒れた松本に代わって河内洋が手綱を取り、9月7日の阪神・サファイヤステークスから復帰。8頭中6番人気ながらニチドウアラシの2着に入って復活をアピールし、京都大賞典では1番人気でシルクスキーの3着に入る。その後は天皇賞(秋)を見据えて東上し、目黒記念(秋)でも1番人気に支持され、前走対戦したシルクスキーやカネミノブなどを退けて勝利。馬体はダービーの頃よりも20kg増え、充実の秋を迎えたとファンに見なされ、続く本番の第82回天皇賞では1番人気に支持される。当日は柴田政人が騎乗した伏兵の牝馬・プリテイキャストの大逃げに幻惑し、有力視されたホウヨウボーイと牽制し合う間にまんまと逃げ切られ、後続馬にもズブズブ差されて泥だらけの6着に敗れた。次走の有馬記念ではファン投票こそ堂々の1位であったが、天皇賞の後遺症からメジロファントム・カネミノブに続く3番人気で出走。直線で早めに先頭に立つが、肝心のところで外によれてしまい、ホウヨウボーイに完全に差し切られながら根性で差し返そうとしてハナ差届かず。僅か1cmの差でホウヨウボーイの2着に敗れた。

6歳編集

1981年(6歳)は3月8日マイラーズカップから始動。前年のダービー馬であるオペックホースとの珍しい「マイル重賞でのダービー馬対決[4]」に注目が集まったが、レース当日は3番人気であった。得意ではない1600mで、直線で最後方からウエスタンジョージ以下をごぼう抜きにし、4着に終わったオペックホースとのダービー馬対決を制した。野平祐二をして「今日本で一番素軽い馬」と言わしめさせた。続くサンケイ大阪杯では1番人気に推されたものの、59kgの斤量と不良馬場で動きも悪く、ゲート内で暴れて鼻出血しサンシードール[5]の6着に敗れる。ハイセイコーの仔に似ず、不良馬場は苦手であった。次走の天皇賞(春)では直前に飼い葉量が落ちて完調とまではいかず、さらに体調を崩したという情報まで流れる始末であったが、モンテプリンス・ホウヨウボーイなど有力な関東馬が西下しなかったため、リンドプルバンに次ぐ2番人気に支持された。当日の朝に大暴れした挙げ句、壁板で尻を擦りむき、「カンカン」と呼ばれる馬体重を計る秤の上でも大暴れした。尻に赤チンを塗って登場し、2番人気ではあったが、関係者は「レース前にそんな大暴れした馬が勝てるわけがない」と一様に諦めていた。ダービー以来の440kg台に落ちたカツラノハイセイコは道中を中団馬群でしっかり脚を溜め、淀の坂を下りてペースが上がってもじっと我慢。4コーナーを回った瞬間に素早く動き、直線で馬群の真ん中を割って先頭に躍り出る。そこへ奇しくも父と同じ大井出身で448kgと大柄なカツアールが外から襲い掛かり、勢いはカツアールが有利かと思われたが、カツラノハイセイコは驚異の粘りを見せて先頭を譲らず。カツアールに何度もぶつけられながらも、持ち前の根性で200m近い叩き合いを制し、ついに一度も抜かれることもなくクビ差振り切って勝利。実況していた杉本清(当時・関西テレビアナウンサー)は「見てくれこの根性」と伝えた。カツラノハイセイコは父が6着に敗れた舞台で再び勝利して見せ、またも孝行息子ぶりを発揮。父内国産馬としての勝利はアサホコ以来16年ぶりであり、ダービー馬による天皇賞制覇はタケホープ以来8年ぶり5頭目であった。続く宝塚記念ではファン投票1位、当日も1番人気に支持された。レースでは先に抜け出したカツアールの雪辱を許したが、絶望的な位置から突っ込んで2着を確保。その後は第1回ジャパンカップを目指したが、深管骨瘤を悪化させてそのまま引退。ジャパンカップが開催された11月22日に京都で引退式が行われたが、カツラノハイセイコ引退から約1か月後の12月14日、ダービー勝利時の鞍上であった松本がガン性腹膜炎のため、48歳という若さで現役のまま亡くなっている。

引退後編集

引退後は中央競馬会に種牡馬として1億2000万円で買い取られ、1982年から青森県上北郡七戸町日本軽種馬協会七戸種馬場にて種牡馬生活に入った。繁殖牝馬の質が低く、順風満帆で恵まれた環境ではなかったが奮闘し、テツノセンゴクオー・カネユタカオーなど複数の地方活躍馬を送り出す。中央ではユウミロクオークスメジロラモーヌの2着に入り、古馬時代にはカブトヤマ記念も制覇。ユウミロクは母としての活躍の方が目立っており、ユウセンショウゴーカイユウフヨウホウという重賞勝ち馬三兄弟を送り出した。2000年にJRAが実施した20世紀の名馬大投票では62位に選ばれた。種牡馬引退後は栃木県那須塩原市の那須種馬場で余生を過ごしていたが、2009年10月8日老衰のため死去[6]

主な産駒編集

ブルードメアサイアー編集

競走成績編集

  • 1978年(6戦1勝)
    • 2着 - かえで賞
    • 3着 - さざんか賞
  • 1979年(8戦4勝) - 優駿賞最優秀4歳牡馬
    • 1着 - 日本ダービー、4歳ステークス、呉竹賞、ジュニアカップ
    • 2着 - 皐月賞、スプリングステークス
    • 3着 - NHK杯
  • 1980年(5戦1勝)
    • 1着 - 目黒記念・秋
    • 2着 - 有馬記念、サファイヤステークス
    • 3着 - 京都大賞典
  • 1981年(4戦2勝)
    • 1着 - 天皇賞・春、マイラーズカップ
    • 2着 - 宝塚記念

血統表編集

カツラノハイセイコ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロックフェラ系
[§ 2]

ハイセイコー
1970 鹿毛
父の父
*チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
父の母
ハイユウ
1961 黒鹿毛
*カリム
Karim
Nearco
Skylarking
*ダルモーガン
Dalmogan
Beau Son
Reticent

コウイチスタア
1968 黒鹿毛
*ジャヴリン
Javelin
1957 黒鹿毛
Tulyar Tehran
Neocracy
Sun Chariot Hyperion
Clarence
母の母
ミタケ
1960 鹿毛
タカクラヤマ *セフト
峰城
第三スターリングモアノ一 トビサクラ
第三スターリングモア
母系(F-No.) フロリースカップ系(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Hyperion 4×4、Nearco 4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [8]
  3. ^ [9][7]
  4. ^ [7]


脚注編集

  1. ^ 1974年有馬記念
  2. ^ 斜行に対しての審議の実施の有無については不明。
  3. ^ その後、増沢末夫1986年の日本ダービーでダイナガリバーに騎乗して優勝し、最年長記録を更新している。
  4. ^ 1600m重賞でのダービー馬対決は2009年安田記念ウオッカvsディープスカイ)まで実現しなかった。
  5. ^ 鞍上の栗田伸一はこれが重賞初制覇となった。
  6. ^ カツラノハイセイコ号が死亡”. JRA (2009年10月8日). 2009年10月8日閲覧。
  7. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カツラノハイセイコ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月13日閲覧。
  8. ^ 小林皓正(編)『サラブレッド血統マップ'93』コスモヒルズ、1993年、22-23頁。
  9. ^ スペシャルウィークが社台スタリオンステーションを退厩”. 競走馬のふるさと案内所. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月13日閲覧。

参考文献編集

  • 吉村昭「第46回日本ダービー 馬券を買う」 『優駿 1979年7月号』 日本中央競馬会、1979年
  • 福田喜久男「カツラノハイセイコのふるさと スターリングモアと鮫川三千男牧場」 『優駿 1979年8月号』 日本中央競馬会、1979年

外部リンク編集