カトリック・ダイジェスト

カトリック・ダイジェスト』(Catholic Digest) は、アメリカ合衆国ローマ・カトリック教会信徒向けの月刊誌。第二次世界大戦後には、日本版も刊行されていた。

Catholic Digest
編集長 Dan Connors
カテゴリ カトリック教会
刊行頻度 年11回刊
発行者 Bayard U.S.
創刊者 Fr. Louis Gales[1]
創刊号 1936年 (1936-month)
発行元 Bayard
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
拠点 コネチカット州ニューロンドン
言語 英語
ウェブサイト www.catholicdigest.com
ISSN 0008-7998
テンプレートを表示

概要編集

1936年創刊とされるが[2][3]1934年創刊とする記述も見受けられる[4]2001年の時点で40万部を発行し、270万人の読者がいるとされ[4]2008年の時点でも、30万部、読者数220万人とされた[3]

2001年12月に、フランスのカトリック系メディア・グループであるバヤール・プレスフランス語版が、それまで1964年以来、この雑誌を所有していたミネソタ州セントポール聖トマス大学英語版から同誌を買い受けた[2]

日本版編集

日本版の『カトリック・ダイジェスト』は、東京小峰書店が版元となり、1948年に1巻1号が刊行され、1953年の6巻12号までで休刊となった[5]。編集長を務めたのは、後に還俗、帰化して星井巌となる、上智大学教授のペテル・J・ヘルツォーク神父であり、大学を出たばかりであった遠藤周作が編集補助にあたり、休刊直前の短い期間は、ヘルツォークの後を受けて2代目の編集長となった[6]

脚注編集

  1. ^ Catholic Digest Records, 1940-2000: University of St. Thomas Archives & Manuscript Collections
  2. ^ a b Update: University to sell Catholic Digest magazine”. Chron/Hearst Newspapers, LLC (2001年11月17日). 2016年4月17日閲覧。
  3. ^ a b Catholic Digest, une revue catholique populaire américaine” (2008年9月29日). 2016年4月17日閲覧。 archive
  4. ^ a b Bayard acquiert le mensuel américain Catholic Digest”. Stratégie (2001年12月5日). 2016年4月17日閲覧。
  5. ^ カトリックダイジェスト 小峰書店”. 国立国会図書館. 2016年4月17日閲覧。
  6. ^ 久松健一「遠藤周作の秘密(下)」『明治大学教養論集』第408号、明治大学教養論集刊行会、2006年、 73-103頁。 NAID 120001441357 - ヘルツォグ(ヘルツォーク)神父についての言及はおもに「VII」章 (pp.87-97)。

外部リンク編集

Categoryアメリカ合衆国の:カトリック