メインメニューを開く

宗教法人カトリック中央協議会: Catholic Bishops' Conference of Japan)は、日本カトリック司教協議会(カトリック教会法に基づく常設組織)の法人としての名称。宗教法人としては包括宗教法人[1]

カトリック中央協議会
団体種類 包括宗教法人
設立 1952年
所在地 東京都江東区潮見2-10-10
法人番号 2010605000193
主要人物 髙見三明[1]
活動地域 主に日本
活動内容 日本のカトリック教会各教区の連携支援
ウェブサイト https://www.cbcj.catholic.jp/
テンプレートを表示

宗教法人法の公布および施行(1951年)に伴い、1952年昭和27年)に現在の名称で法人登録した[2]。所在地は、東京都江東区潮見2-10-10。

近くには、「蟻の町のマリア」で知られるカトリック潮見教会がある。

2019年2月時点での会長は長崎教会管区大司教であるヨセフ高見三明大司教が、副会長は東京教会管区大司教であるタルチシオ菊地功大司教が務めている。いずれも司教協議会の同名ポストと兼務で、任期は2021年2月頃まで。

脚注編集

  1. ^ a b 文化庁: “宗教年鑑平成30年版 (PDF)”. 文化庁. p. 20. 2019年4月3日閲覧。
  2. ^ カトリック中央協議会” (日本語). カトリック中央協議会. 2019年4月2日閲覧。

外部リンク編集