メインメニューを開く

カトリーヌ あやこ(本名、香取 綾子〈かとり あやこ〉、1961年1月25日 - )は、日本漫画家千葉県出身。千葉市立千葉高等学校卒業、早稲田大学卒業。父は第92代茨城県議会議長で潮来市名誉市民の香取衛(かとり まもる、1929年8月1日 - 2006年11月10日[1]であり、その関係で水郷いたこ大使を務めている[2]。代表作は、芸能人の生活を題材にした、1980年代半ばのショートギャグ『Theにがおショー』(全5巻)。

早稲田大学漫画研究会のOGで、同期入部に堀井憲一郎がいた。元々は光GENJIなど実在のアイドルをモデルとしたパロディコミック(いわゆる生モノ)の出身。当初は本名の香取綾子名義で『セブンティーン』誌などに描いていたが、その後、“カトリーヌあやこ”とペンネームを改める。1990年から、落合ゆかり「いきなりミーハー」シリーズ(集英社コバルト文庫)のイラストを担当。主人公のミーハー女子高生の親友としてSMAPに似ている同級生(当初は本人という設定だった)を描き、ストーリーによってはダウンタウンモーニング娘。(後藤真希在籍時代)やナインティナインにそっくりな一般市民を登場させた。カトリーヌは本作で名を上げた。SMAPのイラストはジャニーズショップの公式グッズにも使用されていた。

ドラマ通で全ての作品をチェックしており、『週刊ザ・テレビジョン』にて『カトリーヌあやこのすちゃらかTV!』などを連載中。少女漫画的ながら、上手く特徴を捉えた似顔絵は評価が高い。またサッカー好きで知られ、サッカー関係の漫画も描いている。

脚注編集

  1. ^ 香取 衛 氏、茨城県潮来市公式ホームページ、2013年1月11日参照。
  2. ^ 水郷いたこ大使 香取綾子 さん潮来市公式サイト、2012年9月24日参照。

関連項目編集

外部リンク編集